ゴルフ害交?



トランプ大統領の政策に対して、世界中で反トランプデモが行われています。

上の写真は、ドイツの反トランプデモです。

女性の手に、ヨーロッパで最大の発行部数を誇るドイツの週刊誌「デア・シュピーゲル(DER SPIEGEL)」が掲げられています。

その表紙には、過激派組織「IS」に例えられたトランプ大統領が自由の女神の首を切断した風刺画が描かれています

「自由の国」アメリカの大統領が、自由を閉ざすことに対する風刺なのでしょう。



上の写真は、ロンドンの反トランプデモです。

トランプ大統領の訪英が予定されていたようですが、多くの英国民が訪英に反対し、それを受けて英国議会で訪英中止の審議が行われています。



そんな世界の動きと一転して、我が国の首相は今週末に訪米し、トランプ大統領とゴルフをするようです。

問題山積の日本の首相であってもゴルフを止められないのは、本当にゴルフが好きで好きでたまらない人物なのでしょうね。

それとも、崇拝する祖父の岸信介元首相もゴルフが好きだったそうですから、ゴルフでも真似したいと願っているのでしょうか。

ちなみに、1957年に岸首相が訪米した際にアイゼンハワー大統領とゴルフをしたことは知られていますが、この時は、ワシントン郊外のバーニング・ツリーCCでプレイしたようです。

この時のスコアは、アイゼンハワー大統領が74で、岸首相が99だったそうです。



一方、念願かなってゴルフの相手をしてくれることになったトランプ大統領は、ハンディキャップは5、ホールインワンを5回達成、ベストスコアは60という腕前だそうです

総資産が5000億円と言われている(過小評価?)トランプ大統領は、世界中に18ものゴルフ場を所有しています。

その中には、スコットランドのターンベリーやアバディーン、アメリカのパームビーチといった世界的に有名な名門ゴルフ場も含まれています

トランプ大統領の超豪華別荘とプロ級のゴルフの腕前に圧倒された上に、貿易の話でも圧倒されるようなことにならなければ良いのですが・・・



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テレビではゴルフ外交とか言ってますが、世界の情勢と日本の立場を考えても、ゴルフ害交の方が相応しいように思います。
フォームを見てもゴルフの腕前の差は歴然で、これなら松山選手に代わってもらう方が良さそうです。
これでは、貿易の話にしてもトランプ大統領に圧倒されることは避けれないでしょう。

No title

世界中でトランプ大統領が批判されている中で、日本の首相だけが一緒にゴルフなどしたら、日本まで世界中の顰蹙を買うことになるかもしれません。
自民党内にも同じように考える人がいるようですが、首相自身はどう思っているのでしょうね。
ゴルフをやれば良い関係が築けて交渉が上手くいくなどとは、殆どの国民は思わないでしょう。

No title

安倍首相のアメリカ訪問の手土産として、年金の積立金をアメリカのインフラ事業に投資するとの記事が日経や文春に掲載されました。
もしこれが事実なら、これほど国民を愚弄した売国行為はありません。
日本は、いつからアメリカの属国になってしまったのでしょうか。

Re: No title

>デュークパパさん
今の状況で、トランプ大統領と仲良くゴルフなんかしていたら、世界中から顰蹙を買うことは間違いありません。
仲間内で下手の横好きゴルフをやるのは構いませんが、首相としてゴルフ外交などとは勘違いの極みです。

Re: No title

>MACさん
MACさんが仰るとおりです。
少しでも常識がある人なら、今、トランプ大統領とゴルフをするべきか否か直ぐに解ります。
それが解らないようでは、脳みそがあるのか疑われます。

Re: No title

>ジョンパパさん
カリーノパパも、このスクープを知って大変驚きました。
首相も幹事長も否定しているようですが、今の彼らを信じるお人よしは殆どいないと思います。
これが事実だとしたら、日本は完全にアメリカの属国に成り下がってしまったことになります。

No title

トランプ大統領がゴルフが上手いことは知っているのでしょうに、下手の横好きの安倍首相が、よく「ゴルフがしたい」と言えたものだと、変なところで感心してしまいます。

Re: No title

>ケンケンさん
ケンケンさんが言われるとおりですね。
もう少し実力があれば、トランプ大統領とゴルフをしてみたいというのも解りますが、今の腕前では差がありすぎますね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング