アメリカ車



上の車は、1960年代に製造されたアメリカのシボレー・コルベットC1です。

ラインが、とても優美なデザインだと思います。



上の車は、1960年代に製造されたアメリカのシボレー・コルベット・スティングレーです。

この車も、バランスがとれた美しいデザインだと思います。



上の車は、1960年代に製造されたアメリカのフォード・ムスタング・ファーストバックです。

映画「ブリット」では、刑事に扮したスティーブ・マックィーンが、この車に乗ってサンフランシスコの街中でエキサイティングなカーチェイスを演じました。

1970年代には、トヨタが、この車のコピー版とも言えるセリカ・リフトバックを製造販売し、人気を博しました。



上の車は、1960年代に製造されたアメリカのACコブラです。

猛毒の「コブラ」にちなんだ過激なパワーのエンジンを搭載していた車です。

生産台数が少なかったこともあって、今では超高額な車になってしまいました。



上の車は、1960年代に製造されたアメリカのフォードGT40です。

この車は、フェラーリに対抗して製造されたレーシングカーで、ル・マン24時間レースで優勝しました。

車名の40は、屋根までの高さ(40インチ=約1m)を意味しています。



上の円グラフは、アメリカ国内における自動車メーカーのシェアを表しています。

これを見ると、アメリカの3大自動車メーカーのシェアの合計が45%しかなく、日本のメーカー3社のシェア合計が31%(日本車全体では約40%近い)であることが判ります。

この数値だけで判断すると、トランプ大統領が「自動車貿易は不公平だ」と言いたくなるのも解ります。

しかし、昔のアメリカ車は魅力的な車が数多くありましたが、今のアメリカ車で買いたいと思える車は極一部です。

そのような観点では、日本に文句を言う前に、まず自国の自動車メーカーの尻を叩く必要があるように思えます。

トランプ大統領も、恐らく、そんなことは解っておられるのでしょうね



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日の記事を見て、昔のアメ車にはこんなにかっこいい車があったのかと、改めてビックリしました。
確かに、今のアメ車を見ても、かっこいいと思える車は少ないように思います。
車体が大きく、燃費が悪く、デザインが悪かったら、やはり日本人は買わないと思います。
そして、トランプ大統領が言うように、貿易上の不公平がアメ車を買わない理由ではないように思います。

No title

懐かしいですね。
私は東京生まれの東京育ちなので、前の東京オリンピックで青山の表参道が砂利道から舗装され、246のVANやユアーズの前で、格好いいお兄さん達が見とれるようなアメ車で夜な夜な集っていたのを思い出します。
あの頃の車は、スマートで尚且つキュートなのが多かったですね。

Re: No title

>デュークパパさん
本当に昔のアメ車にはかっこいい車がありましたね。
極一部を除いて、今のアメ車には、かっこいいと思える車は少ないと思います。
仰るように、車体が大きく、燃費が悪く、デザインが悪かったら、日本人は買わないですよね。
トランプ大統領には、文句を言う前に、買いたくなるような車を造ってもらいたいです。

Re: No title

>kuntaさん
kuntaさんは、生でかっこいいアメ車を多数ご覧になっておられたのですね。
我が家の先祖は、まだ日本に車が少なかった頃にフォードを買ったらしく、家にギアだけ残っていましたv-410
仰るように、あの頃の車は、本当にスマートでキュートだったように思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング