自然から学ぶ



上のワンちゃんは、日本のカヌーイストの先駆者とも言える野田知佑さんと一緒に、日本国内だけではなくカナダやアラスカを旅したカヌー犬「ガク」です。



最初のカヌー犬であるガクは亡くなってしまいましたが、愛犬家の野田さんは、その後も愛犬と一緒にカヌーや筏で旅を続けておられます。

上の写真は、カナダからアラスカに流れるユーコン川を筏に乗って旅する野田さんと愛犬です。



大自然の中を悠然と流れるユーコン川を旅すると、美しいオーロラを見ることもできるそうです



40数年前のアメリカは、既に大勢の人達がカヌーやボートで川を下る遊びを楽しんでいましたが、その当時の日本では、カヌーを見ると「何故、川を下るのか?」と不審がられ、その度に「河川調査です」と答えなければならないという状況だったそうです

川で釣りをしている人達からは、時には石をなげられて、追い払われることさえあったそうです



1962年に堀江謙一さんが小さなヨットで太平洋横断をした時には、日本の新聞社は密出国事件として取り上げ「帰国したら逮捕されるであろう」と報じたそうです。

しかし、堀江さんが無時にサンフランシスコに到着し、アメリカ中で英雄として太平洋単独航海を称賛されると、日本のメディアは一転して堀江さんを褒め称えたそうです



そんな過去を知り、経験してきた野田さんは、今、徳島県の日和佐に移住し、子供達を対象とした「川の学校」を開催されておられます。

川での遊びを通じて、子供達に自然の怖さや楽しさを教えているのです。

そう言えば、ミシェルのお父さんの子供の頃も川でよく遊びました。

ただ泳ぐだけではなく、石を水中に投げ入れて取って来るという遊びをしたり、石をこすってできた粉を体に塗って文字を書いたりといった遊びをしました。

この当時は、泳げない子供に対して「一度、溺れる経験をすれば、泳げるようになる」という、今考えると、冗談のような乱暴な教え方も普通のことでした

しかし、ダムが建設された後は、川で泳いだり遊んだりすることはできなくなりました。

今日では、親が「あれをしては駄目。これは危険」と言って、子供達から自由や創造性を奪っていることも少なくありません。

世界の大自然の中を旅した野田さんは、日本の若者に対して「青年は孤高であるべし。そして、荒野を一人で歩かねばならない」と言っておられます。

そして、更に「誰かナイル川を下ってみないか。多分、君は死ぬだろうが、それは青年にとって悪い死に方ではないと僕は考える」とも語っておられます

長く海外を見てきたミシェルのお父さんの経験からすると、日本は世界で最も親切過ぎて便利過ぎる国と言えるかもしれません。

空港でエスカレーターを乗ろうとすると、大人であっても、係りの女性が安全の為に乗り方まで教えてくれます。

学校では、子供が「何故?」と疑問に思って考えることよりも、公式を暗記させて試験問題の解き方を教え込みます。

一見、日本は大変便利で豊かな国になってしまったように錯覚しますが、実際には創造性や物に対する愛情などを軽んじる国になってしまったようにも感じます。

人間は、自然の偉大さを改めて見つめ直し、そこからまだまだ学ぶべきものがあるように思えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野田さんの言葉は、とても重く私の心に響きました。
私はもう青年ではありませんが、もう一度青年に戻れるなら、野田さんの言葉を実践してみたいと思います。

Re: No title

>デュークパパさん
カリーノパパも野田さんの言葉に感動しました。
デユークパパさんのお気持ちがよく解ります。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング