サンシティ



アメリカのロサンゼルスから東へ600キロ、メキシコと国境を接するアリゾナ州の州都フェニックスの郊外に、人工的に造られた「サンシティ」という名前の町があります。

このサンシティ (Sun City) は、55歳以上の人達を対象にした「退職後のコミュニティ(Retirement Communities)」の一つです。



サンシティの面積は1,080万坪あり、西側に新たに造られたサンシティ・ウエストと合わせると、東京の品川区・目黒区・渋谷区・中野区・北区の合計面積に相当します。

ここに、約38,000人程の人達が住んでいます。

アメリカの不動産会社のデル・ウェブ(Del Webb)が、1960年に「退職者が住み易い町」をコンセプトとして開発したのです。

サンシティは、55歳以上の人達が住むことができ、その同伴家族は18歳以上と定められています。

居住者の98%は白人ですが、アメリカだけではなく、カナダやヨーロッパの人達も住んでいます。(日本人も住んでいるそうです)

住宅は、同心円状に配置されており、中心部には、病院、教会、ショッピングセンター、劇場、銀行、郵便局、図書館、テニスコート、ボウリング場、トレーニングジム、温泉、スケート場、公園などがあり、どの家からも1マイル(約1.6km)以内で中心部に行くことが可能です。

一つの町としての機能がフルに整備されており、それらの施設で働いている住民もいます。

町には、ラジオ局、新聞社、電話局、郵便局、図書館、自衛団や消防団などがありますが、これらのスタッフの殆どはボランティアによってまかなわれています。



サンシティに住む人々の殆どは、中流の上といったクラスの人達と言われています。

写真のような住宅(3寝室+3浴室+2台駐車)は、日本では豪邸で相当の高額になりますが、サンシティでは2,500万円位で購入できるようです。



日本の老人ホームというと、高額で暗いイメージが付きまとうものが多いように感じますが、サンシティに住む人達は、リタイヤ後の自由な生活を楽しんでいる人が多いようです。

トレーニングジムで身体を鍛えたり、同じ趣味を持つ人達と手芸や工芸を楽しんだりと、そこには暗さが微塵も感じられません。

日本も高齢社会と言われるようになりましたが、リタイア後の生活を本当に楽しめる町や施設が必要になっているように思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アメリカにリタイヤした人達専用の町があることを知って驚きました。
しかも1960年に造られたというのですから、その先進性にも驚きました。
住宅も如何にもアメリカらしい豪邸ですが、それが2500万円程で購入できるというのですから、羨ましい限りです。
日本には、このような町造りの計画はないのでしょうか?

Re: No title

>デュークパパさん
仰るように、1960年にこのようなリタイヤした人専用の町が造られたことに驚きます。
写真のような立派な家が2500万円で購入できるというのも驚きですね。
日本の殆どの大手不動産会社がサンシティの見学に行っているようです。
しかし規模が大きいですから、日本で実現させるのは簡単ではないと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング