戦争と家族愛



上の写真は、NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の一シーンです。

戦争で物が無い時に、姉妹で食料の買い出しに行くのです。

戦後生まれのミシェルのお父さんには、このような悲惨な経験がありません。

でも、このドラマを見ていると、とと姉ちゃんと自分の母親が重なります。



ミシェルのお父さんは、母親の若い頃のことは知りません。

しかし、伝え聞いている話などから、母親も戦争のせいで大変苦労したことは想像できます。

母親は、とと姉ちゃんと同じように、長女として妹や弟を必死で支えたようです。



東京で住んでいた土地は、戦争のどさくさで無くなってしまったようです。

田舎に疎開して、結婚してからは、自分の夫と子供達の幸せの為だけに働き続けたようです。

この時代の女性の常として、とと姉ちゃんの母親と同じように、自分自身は楽しむ趣味も無く、子供達の成長だけが喜びだったようです。

ミシェルのお父さんは、そんな母親に対して、感謝してもしきれません。



今日もフランスでテロ事件が発生しましたが、戦争は遠い昔だけではなく、今も続いています。

ミシェルのお父さんが、ロンドン勤務を終えて帰国した直後に、イラク戦争が勃発しました。

戦争と言うよりも、むしろアメリカのブッシュ大統領(当時)による侵略と言った方が適切かもしれません。

ブッシュ大統領は「イラクは大量破壊兵器を有している」という大義名分で戦争を仕掛けた訳ですが、実際には大量破壊兵器など無く、石油利権が本当の目的だったとも言われています。

そして、大量破壊兵器が無いにも関わらず、イラクのフセイン大統領を抹殺してしまった訳ですが、その結果、イラクは混乱し、現在のISがらみの戦争やテロに繋がっていることを考えると、ブッシュ大統領の責任は極めて重大だと思います。

英国では、最近、イラク戦争に英国が参戦する経緯を検証した報告書が公表されましたが、ブッシュ大統領に追随した当時のブレア政権の判断を厳しく批判する内容でした。

しかし、具体的な法的責任には言及しておりません。

これを受けて、戦争で最愛の息子を亡くしたピーター・ブリアリーさんは「イラクに大量破壊兵器があり、戦争をしなければ英国が危機に陥ると信じていた。だが全ては嘘だった。イラク戦争は間違った戦争だった。ブレア氏を犯罪者だと思っている」とし、「ブレア氏を裁判所に立たせ、法の裁きを受けさせる」と語っておられます。

日本も当時の小泉政権がブッシュ大統領の侵略を支援した訳ですが、その責任については全くと言っていいほど追求されておらず、大いなる疑問を感じます。

安倍首相の腰巾着と言われてる世耕弘成議員は、あろうことか「核心は、イラクが大量破壊兵器の不存在を自ら積極的に証明しなかったこと」と強弁し、だから「日本政府は問題無かった」と言うのですから、恥知らずにも程があります。

このような輩が、日本を戦争やテロに巻き込み、国民を危険に貶めるのだと思います。

日本の国会議員の質の低さは、今更言うまでもありませんが、日本には、英国のように「自国政府の判断を中立な立場で検証する」というシステムは存在しないのでしょうか



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリーノパパさんが言われるように、日本の国会議員の質の低下は呆れるばかりです。
今回の参議院選挙で当選したタレントの今井絵理子さんについて、ジャーナリストの池上さんは、「沖縄の問題について認識を深めて、自民党の政策ってどういうものなのかを知ったうえで立候補されているのかと思ったら、『これから勉強します』っていう話でしたね。ちょっとびっくりしました」と呆れた様子をみせていました。
こんなタレントを平気で推薦する自民党が政権を握っているのですから、日本がおかしくなるのも当然です。

Re: No title

>コンコンさん
今井絵理子さんのことは、私もニュースで知りましたが、本当にお粗末だと思います。
彼女は沖縄出身なのですから、当然、沖縄の基地問題については知っているべきですし、そのことを知った上で国会議員を目指すというのが本来の姿だと思います。
当選者の数さえ増えれば良いという考えて、このようなお粗末な人を国会議員に推薦する自民党には、怒りさえ感じます。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング