30年後の恩返し



上の写真は、タイの新国際空港であるスワンナプーム国際空港です。

スワンナプーム国際空港は、アメリカの有名な設計事務所の設計で、工事費が1,000億円を超えた世界最新鋭の空港です。

ミシェルのお父さんは、ロンドン勤務が終わって帰国した後に、このスワンナプーム国際空港の国際入札に参加する仕事の為に、通算で3か月間ほどタイのバンコクに出張しました。

タイに行って感じたのは、国民が大変信仰深く(仏教)、他人に対して親切なことでした。

そんなタイで作られた携帯電話会社TrueMoveのCMが、今、世界中で感動を呼んでいます。



貧しかった少年が、病気の母親の為に薬を万引きして捕まってしまいます。

それを見たおじさんが、代わりにお金を払い、少年に薬とスープを与えました。

30年後、おじさんが病に倒れてしまいます。

治療費は大変高額なため、困った娘は店を売って治療費の足しにしようとします。

CMは、そんなストーリーで展開されますが、最後に感動の結末が待っています。

CMの最後に、「与えることは、最良のコミュニケーションである」と表示されています。

タイの仏教では、「タムブン(徳を積むこと)」といって、動物を殺さずに助けたり、困った人に施しをしたり、寺院に寄付を行うことなどで徳を積むことができ、より良い来世を送れたりすると信じられているのです。



このCMは、実は本当にあった話に基づいて製作されているのです。

アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学にて、1895年に産婦人科内に癌科を設立したことで有名なハワード・ケリーという医師の実話に基づいているのです。

伝えられる話の概要は・・・。

昔、貧しかった少年が、家々を周って物を売りながら、学校の費用を自分で支払っていました。

少年は、ある日、お金が無くて空腹に苦しんでいました。

少年は1軒の家を訪れ、食べ物を恵んでもらえるように頼もうとしました。

玄関に出て来たのが若い女性だったので恥ずかしくなり、食事の代わりにコップ1杯の水を頼みました。

彼女は少年がお腹を空かしていることを察し、コップ一杯の牛乳を持ってきました。

少年は牛乳を飲み終えて「幾ら払えば良いか?」と聞くと、女性は「私は、母から親切な行いに対してお金を受け取ってはいけないと教えられたの」と答えました。

それから数十年が経ちました。

少年に牛乳をあげた女性は、重い病を患っていました。

地元の医師では手が負えず、都会の大きな大学病院に送られた彼女の元に、全米から優秀な専門医が呼ばれました。

ハワード・ケリー医師も、その一人でした。

ケリー医師は、患者がどこの町から来たかを知ると、彼女の病室を訪れ、診断しました。

ケリー医師が全力で治療に当たったお陰で、彼女は無事に難病を克服し、元気を取り戻しました。

彼女が退院した数日後、請求書が自宅に届きました。

支払いが一生かかるような高額であることが解っていたので、彼女は封筒を恐る恐る開けました。

すると、紙片には「コップ1杯の牛乳によって支払い済み。Dr. Howard Kelly」と書かれていました。

ハワード・ケリー医師は、あの時にお腹を空かせていた少年だったのです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

目頭が熱くなってしまうCMですね。
しかも、実際にあった話に基づいて製作されていると知って、大変驚きました。
日本のテレビで見るCMは、くだらないものが多くて見たいとは思いませんが、このようなCMなら見たいと思います。

Re: No title

>COCOさん
仰るとおりです。
このCMを見て、大勢の人が泣いているようです。
日本のCMは低俗なものが多く、あまり見たいと思いませんが、このようなCMなら見たいです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング