ゴルファーの鑑


4月21日から千葉カントリークラブで開催された男子プロゴルフのパナソニックオープンで、驚くべき出来事があったようです。

本日は、その概要を御紹介したいと思います。



上の人物は、アメリカのケーシー・オトゥール選手(25歳)です。

2日目のプレイが終わった時点で、オトゥール選手は1オーバーでした。

1オーバーであれば予選通過が可能で、3日目からの決勝ラウンドに進むことができます。

ところが、オトゥール選手は競技委員に自らペナルティ2打を申し出て、トータル3オーバーとなって予選落ちしてしまったというのです

競技中のペナルティによって予選落ちすることは珍しいことではありませんが、オトゥール選手の場合は極めて異例な状況でした。



この日、10番ホールからスタートしたオトゥール選手は、18番ホール(パー5)でグリーン右手前のバンカー(砂地)にボールを入れてしまいました。

しかし、そのホールはパー(5打)が上がることができ、最終的にトータル1オーバーとなったのです。

ところが、オトゥール選手は、18ホールのプレイ終了後に自ら競技委員に「18番ホールのバンカーで、クラブのソール(底面)が砂に触れたかもしれない」と申し出たのです。

(バンカー内では、ボールを打つ前にクラブが砂に触れるとペナルティ)

オトゥール選手は「クラブをバックスイングした時、何かが顔に落ちた気がする」と言い、クラブのソールに付着した砂粒が落ちてきた可能性を指摘したのです。

しかし、オトゥール選手と同じ組でプレイした高山忠洋選手は、競技委員に対して「ペナルティに該当する行為は無かった」と答えました。

ところが、オトゥール選手自身が納得せず、競技委員は高山選手らと共にギャラリー用のVTRで確認することにしました。

その結果、クラブのソールが砂に触れたことは確認できなかったのですが、オトゥール選手は「可能性がある限り、決勝ラウンドをプレーする気にはなれない」と自らペナルティを申し出て、スコアカードの18番ホールは「5打」から「7打」に修正されました。

高山選手も競技委員も「ペナルティは無かった」としており、その裁定を受け入れれば、オトゥール選手は決勝ラウンドもプレーでき、賞金を手にすることができたのです。

しかし、若干25歳のオトゥール選手は、自らの気持ちに従い、ゴルファーとしての矜持を貫いたのです。

日本では、トッププレイヤーだった尾崎将司選手が、「アドレスした時にボールが動いたことを申告しなかった」とか「ボールの手前の芝生を打ち易いようにクラブで押さえつけた」とか噂されましたし、スコアを意図的に少なく申告して失格処分になった若手選手がいましたが、そのようなことと比べると、今回のオトゥール選手の行為はゴルファーの鑑であり、なんとも清々しく思えます



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オトゥール選手は25歳と大変若いのに、ものすごく自分自身に対して厳格な人だと感心しました。
ゴルフは審判が居ない特異なスポーツと言われますが、オトゥール選手の精神がゴルフ本来のあるべき姿なのでしょうね。
日本のプロゴルファーにも是非見習ってもらいたいと思います。

Re: No title

>ジョンパパさん
同伴競技者も競技委員も「違反は無かった」としているのに、それでも自らペナルティを申告して予選落ちを選択するなんて本当に凄いと思います。
オトゥール選手は、ゴルフの本当の姿を見せてくれたように思います。
オトゥール選手のような人には、今後、是非とも活躍してもらいたいと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング