カリーノ1周忌



今日は、カリーノの1周忌です。

去年の12月9日にカリーノは旅立ちました。

上の写真は、お父さんのパソコンの壁紙になっています。

朝、パソコンに向かうと、最初にこの写真が画面に現れます。

お父さんは、いつも「カリーノ、おはよう」と挨拶します。

そして、写真を見る度に「カリーノは、本当に美人だね」と思います。



1年前、朝の散歩に出かけた時、カリーノは、突然、崩れるようにしゃがみこんでしまいました。

最初は「足を滑らして転んだのかな?」と思いましたが、お父さんに助けを求めるように、少し苦しそうな顔を向けました。

お父さんは、直ぐにカリーノを抱いて家まで戻りました。

そして、ゴルフの約束をキャンセルし、御殿場の病院に向かいました。

どうやら以前にできたと思われる血栓のせいで呼吸困難に陥ったようです。

病院で酸素呼吸を行いましたが、カリーノは静かに眠るように旅立ちました。



カリーノに最初に会ったのはブリーダーさんの犬舎で、夕方でした。

生後50日位だったカリーノは、お父さんとお母さんにとって理想的なブルーマールのコリーでした。

ところが、ブリーダーさんから「この子をドッグショーに出してもらえるなら、お譲りします」と言われ、「ドッグショーなんて別世界」と思っていたお父さんとお母さんは戸惑いました。

しかし、美しくて可愛いカリーノの魅力は不安を上回り、お父さんとお母さんはカリーノを娘にすることにしました。

そのカリーノは、お父さんとお母さんにドッグショーの華やかな世界を教えてくれるだけではなく、JKCチャンピョン、FCIチャンピョン、ペディグリー・アワードという素晴らしいタイトルを遺してくれました。



わずか8年と5ヶ月という短い犬生でしたが、お父さんにとっては、何物にも代えがたい想い出深い年月でした。

できることなら、もっと長く一緒に暮らしたかったのですが、カリーノは美しいまま旅立つことを選んだのでしょう。

カリーノが、どれだけ「幸せ」と思ってくれたかは判りませんが、お父さんは、カリーノと出会い、一緒に暮らせたことで、本当に幸せでした。

カリーノが亡くなる前の3年間、自然の豊かな河口湖に引っ越し、24時間365日、カリーノと一緒に過ごせたことが、カリーノにとっても幸せなことだったとしたら、親として、こんなに嬉しいことはありません。

楽しい想い出をいっぱい与えてくれたカリーノには、感謝の気持ちでいっぱいです。



上の写真は、今朝の富士山です。

カリーノも、この美しい富士山が大好きだったように思います。



旅立った日、御殿場の病院に向かう車中、カリーノは苦しかったはずですが、後席で毅然と座り、ずーっと窓から外を見ていました。

道中、窓の外には美しい富士山が見えていました。

カリーノは最後の時を悟り、美しい富士山を見て、瞼に焼き付けていたように思います。

お父さんが「カリーノ」と呼ぶと、カリーノは、いつも直ぐに駆け寄って来て、嬉しそうにお父さんの足の間を何度もくぐりました。

今は、そんな愛らしいカリーノの姿を見ることはできませんが、お父さんは、今もカリーノが側に居てくれるように感じています。

カリーノ、ありがとうね。大好きだよ (お父さんより最愛の娘カリーノへ)



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリーノさんは、大好きなカリーノパパさんがゴルフに行かれる前に具合がわるくなったので、最後まで一緒に居れたのですね。
カリーノさんが亡くなったのは本当に残念ですが、カリーノパパさんは、犬の十戒の十番目の願いをかなえてあげられたので、カリーノさんは安らかな気持ちで旅立つことができたと思います。
カリーノさんは、カリーノパパさんとママさんにいっぱい愛され、とっても幸せな犬生だったに違いありません。

ずっと大好きです!

昨年の今日の悲しみが昨日の事の様に甦ります。涙が溢れて仕方ありません。愛し、愛されて、本当に本当に幸せな犬生でした。勿論、パパさん、ママさんも!美しく、聡明なカリーノちゃん、ずっと大好きです!

No title

カリーノさんが存在していてくれた事によって、カリーノパパさん、ママさん、ご家族だけでなく、たくさんの生き物に幸せを感じさせてくれた事でしょう。
一度も会ったことがない私でもカリーノさんの事を思うと今でも優しい気持ちに包まれます。
カリーノパパさんの処へ来てくれて、ありがとうね!

No title

早いものですね。
もう一年になるのですね。
時は早く過ぎても一緒にいた思い出は何時までも色褪せることなく、つい昨日のように思い出されますね。
私もアフロスがいないのが不思議でなりません。

Re: No title

>メルママさん
仰るとおり、ゴルフに行った後に具合が悪くなっていたら、カリーノの最後に立ち会うことはできなかったと思います。
もしそんなことになっていたら、一生後悔したに違いありません。
犬の十戒の十番目の願いをかなえてあげられたのが、本当に良かったと思います。
カリーノが、それほど苦しむことも無く旅立つことができたのは、幸いだったと思っています。

Re: ずっと大好きです!

>勘太―モモのママさん
そうですね、カリーノのことは、全てにおいて鮮明に覚えています。
カリーノパパは、カリーノと出会えて本当に幸せでした。
カリーノと一緒に暮らせたことだけでも、この世に生まれてきた甲斐があったと言っても過言ではありません。

Re: No title

>kuntaさん
仰るとおりです。
外に出ると毅然としたカリーノでしたが、家族に対しては大変甘えん坊で優しい子でした。
カリーノと出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

Re: No title

>レグルスさん
本当に早いですね。
歳をとると、時間が経つのが余計に早く感じます。
カリーノとの想い出は、時と共に、むしろ鮮明になっていくようにさえ感じます。
シェリー、アンジェ、ミシェルを呼ぶ時も、ついカリーノと言いそうになることもあります。
アフロス君も突然に亡くなって、本当にお寂しいことと思います。
人間に比べて、犬の寿命は短過ぎるように思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング