千日回峰行



上の写真は、滋賀県大津市にある延暦寺です。

標高848mの比叡山全域を境内とする寺院で、一般的には比叡山と呼ばれることが多いようです。

平安時代初期の僧である最澄によって開かれた日本の天台宗の本山寺院です。

1200年の歴史と伝統が評価され、ユネスコ世界文化遺産にも登録されました。

この比叡山で修行した人物の中には、次のような著名な僧もいます。

法然:日本の浄土宗の開祖
栄西:日本の臨済宗の開祖
道元:日本の曹洞宗の開祖
親鸞:浄土真宗の開祖
日蓮:日蓮宗の開祖



そんな比叡山に、平安時代に始まった「千日回峰行」と呼ばれる大変厳しい修業があることを知りました。

千日回峰行は7年間にもわたる修業で、1〜3年目は年100日、4〜5年目は年200日、真言を唱えながら東塔、西塔、横川、日吉大社と260箇所で礼拝しながら、約30キロの道のりを平均6時間で巡拝するのです。

修業者は、途中で修業を続けられなくなった時は自害するという決意で、首を括るための死出紐と呼ばれる麻紐、切腹する為の短剣、誰かが遺体を発見してくれた際に葬儀・火葬を執り行ってもらう為の費用10万円を携行します。



最初の5年で計700日の回峰を終えると、修行の中でも最も過酷と言われる「堂入り」が行なわれます。

現在、千日回峰行に挑戦中の延暦寺一山善住院の釜堀浩元住職が、先日、この「堂入り」を満行されました。

達成は8年ぶりとなり、戦後13人目とのことです。



入堂前に修業者は生き葬式を行ない、無動寺谷明王堂で9日間にわたって断食・断水・断眠・断臥の修業を行います。

堂入り中、修業者は真言を唱え続け、毎晩、深夜2時に堂を出て、井戸から水を汲んで堂内の不動明王に供えます。

上の写真中央の人物は釜堀浩元住職ですが、9日間の「堂入り」を終えて出てきた時には、自力で歩くのが困難なくらい衰弱されておられました。



堂入りを満了すると、修業者は生身の不動明王とも言われる阿闍梨(あじゃり)となります。

千日回峰行の6年目は、これまでの行程に京都の赤山禅院への往復が加わり、1日約60キロの巡拝を100日続けます。

7年目は200日で、前半の100日は84キロに及ぶ京都大回りで、後半の100日は比叡山中30キロの巡拝を行います。

全ての修業を満行すると、修行者は「北嶺大行満大阿闍梨」となります。

これまでの満行者は計47人ですが、その中に千日回峰行を2回も終えた僧が3人おられるそうです。

満行した僧は、2~3年以内に100日間の五穀断ち(米・麦・粟・豆・稗の五穀と塩・果物・海草類の摂取が禁じられる)を行い、更に7日間の断食・断水と10万枚の護摩木を焚く大護摩供を行います。

周囲に居るお坊さんは、法事のセレモニーを行うだけの普通の人に見えますが、今でも想像を絶するような修業をされる僧侶がおられることを知り、ミシェルのお父さんは感慨深く思いました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もテレビで堂から出られる姿を見ましたが、かなり衰弱されていたのを覚えています。
サラリーマン化したお坊さんが多い今の世の中ですが、このようなお坊さんがおられることに何か救われたような気がします。

Re: No title

>ジョンパパさん
そうでしたね。両脇から他のお坊さんに抱きかかえられるようにして出てこられました。
仰るように、今のお坊さんにありがたみを感じることは少なくなり、日本では無信仰の人が増えたように思います。
しかし、このような厳しい修業をされるお坊さんがいることを知ると、宗教に関心を抱く人も増えるかもしれません。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング