大雨のあと



これは、昨日の朝の富士山です。

まるで梅雨のように長引く鬱陶しい天候の為に、9月なってから、富士山はいつも雲に隠れていました。

こんな富士山を見るのは、本当に久し振りです



これは、今朝の富士山です。

昨日は少し雲がかかっていましたが、今朝は雲一つ無い青空が広がりました。

こんなに気持ちが良い朝は久しぶりです



秋本番を迎えて、道路にも落ち葉が見え始めました。



ミシェルのお家の駐車場は、白樺の落ち葉でいっぱいです。



散歩の途中、あちこちで、落ちてきたイガグリを見かけます。



アップにすると、こんな具合です


話は変わりますが、鬼怒川の氾濫にはビックリしました。

決壊した堤防から溢れ出る濁流は、4年前に東北を襲った津波を想い出させる凄まじさでした。

今朝のテレビで、土砂災害で母を亡くして泣き崩れる娘さんや愛犬を抱いた子供が助けられるのを見て、ミシェルのお父さんは目頭が熱くなりました。

多くの家屋が被害にあい、多くの人が行方不明になっています。

どうか無事であることを願わずにはおられません。

どのテレビ局も、同じように鬼怒川の氾濫の様子を伝えていますが、ミシェルのお父さんは、福島第一原発のことも気になります。

情報を探してみると、やはり「福島第一原発では、汚染水タンクを囲う堰の中の水位が大雨で上昇し、放射性物質を含む雨水が最大で4時間ほど外に漏れ出た恐れがある」とのことです。

鬼怒川の氾濫にしても、福島第一原発の津波事故にしても、災害発生の数年前にシミュレーションができていたというから驚きます。

オリンピックに3兆円とか、新国立競技場に3000億円とか使うお金があるのなら、なぜ災害を防ぐ為の事前対策を行わないのか誠に不思議に思います。

いつも政府は、大災害が発生してから「人命第一。救援に全力をあげます」と言いますが、本当は「災害が発生しないように全力をあげます」という姿勢が大事なのではないでしょうか。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今朝の散歩でも犬ともさんから、「屋根の上でワンちゃんと一緒に助けを待っていた人はどうしたかしら」という話がありました。オリンピックで何兆もお金を使うのなら国土防災のために使うべきだと強い口調で言われておりました。みんな考えていることは同じだと思います。

No title

今日のニュースで「全国の河川のうち、治水工事が整備目標に達している事例は「ほぼない」(国交省)」と出ていましたが、国交省は「お金が無いから」と言い訳するのでしょうね。
その一方で、オリンピックに3兆円も使ったり、安倍首相が外国に行って金のばら撒きをやっているのは理解に苦しみます。
安倍首相が本当に「人命第一」と思っているのなら、まず国内の安全の為に税金を使うのが筋だと思います。

No title

本当に自然の力の強大さに驚くばかりでした。
屋根の上でワンちゃんと一緒に救助を待って
おられたお二人は無事に救助されましたね。
本当に涙が溢れて仕方ありませんでした。
大きな災害の被害が毎年の様におこっています。
本当に安全に暮らせる国土をつくることに
私達の大切な税金は使って欲しいですね。

私の住んでいる市は先週の台風接近の日に避難
勧告メールが届いたのですが、その中に「避難所
にはペットは持ち込めません」の一行が…たとえ
死の危険があってもニャンコと離れるもんか!と
怒りを覚えました。

Re: No title

>エディパパさん
屋根の上でワンちゃんと一緒に助けを待っていた人は、無事に救助されたようですね。
本当に良かったです。
国土防災が不備だらけというのに、オリンピックで3兆円も使っている時ではありませんよね。

Re: No title

>MACさん
国交省が「全国の河川のうち、治水工事が整備目標に達している事例はほぼない」と言っているにもかかわらず、何故、このような部分にもっと税金を投入しないのでしょうね。
MACさんが仰るとおり、オリンピックに3兆円も使ったり、安倍首相が外国に行って金のばら撒きをやっているのは全く理解できません。

Re: No title

>勘太―モモのママさん
堤防が決壊した辺りは、まるで3.11の光景のようですね。
大雨による川の氾濫の恐ろしさを教えられました。
屋根の上でワンちゃんと一緒に居た人達が無事に救助され、本当に良かったです。
勘太―モモのママさんが仰るように、安全に暮らせる国土を造ることに大切な税金は使って欲しいです。
「避難所にはペットは持ち込めません」という避難勧告が来たら、カリーノパパは野宿してでも避難所には行きません。
大切な家族であるミシェル達と離れて避難所に行くなんてことは、全く考えられません。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング