新たな負の遺産?



新国立競技場の巨額な建設費に国民の不満の声が多く、やりたい放題の政府は、ようやく見直しを検討し始めたようです。

朝日新聞社の世論調査では、巨額の新国立競技場の建設に対して71%が「反対」との結果が出たそうです。(実際の反対は、80%を超えているという情報もあります)

1,000兆円を超える財政赤字は膨らみ続け、戦争法案は強行採決し、20万人以上の避難者を抱える福島第一原発は収束目途が立たずと、問題ばかり抱える安倍首相は、恐らく「これ以上、新国立競技場までゴリ押ししたら、政権が持たない」と打算を働かせたのでしょう。



新国立競技場の国際設計コンペの審査委員長と務められた建築家の安藤忠雄さんによると、工事予算は、設計条件に1300億円と明示されていたそうです。

にもかかわらず、何故、工事費が3000億円にもなる案が選定されてしまったのでしょうか?(安藤さんの会見によると、選定時の予想工事金額は1625億円だったそうです)

しかし、そもそも誰が1300億円という高額な予算を決めたのでしょうか?



オリンピックや新国立競技場を取り巻く責任者と思しき人は大勢います。

安倍首相、森元首相、下村文部科学大臣、遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣、舛添都知事、河野日本スポーツ振興センター理事長・・・。

しかし、極めて日本らしいとも言えそうですが、皆さん「口は出すけど、責任は取らない」という印象で、このままでは「船頭多くして船山に登る」になりそうに思えます。



つい最近、日本スポーツ振興センター(JSC)は、工事費を2520億円(開閉式屋根や仮設観客席の工事費と消費税のアップ分は含まれておらず、最終的には3000億円に近づくと予想されている)として、設計事務所やゼネコンと契約を締結したそうです。

しかし、この2520億円という金額は、財政危機に陥っているギリシャがIMF(国際通貨基金)に返済すべき金額(約2100億円)を優に超えています。

つまり、一国の財政をも左右するほどの金額なのです。

また、北京オリンピックやロンドンオリンピックのメインスタジアムの工事費約500億円~650億円と比べても異常な金額と言えます。

ちなみに、国内にある既存の屋根付き競技場は、ヤフオクドーム(760億円)、京セラドーム大阪(696億円)、札幌ドーム(537億円)、名古屋ドーム(405億円)、豊田スタジアム(356億円)等がありますが、これらと比べても、新国立競技場の工事費は極めて高いことが判ります。



しかも、新国立競技場は、技術的にも大きな問題を抱えています。

屋根を支える長大なキールアーチ(ブルーの上の部分)を構造的に持たせる為には、地下部分に巨大な梁と基礎(ブルーの下の部分)を建設する必要がありますが、この部分が地下鉄大江戸線に干渉する可能性があるのです。

その為、設計や工事が進むにつれて、工事費が更にアップする可能性が大きいと予測されています。

更に、注目すべきは、当初の工事費だけではありません。

日本スポーツ振興センターが試算した開閉式屋根を設置した後の年間収支見込みは、収入が40億8100万円、支出が40億4300万円で、年間3800万円の黒字となっています。

しかし、年間50日程度しか使用されない新国立競技場としては、これは極めて楽観的な数字と思われます。

実際には、年間約40億円の維持費と数十億円の改修費、その他に約10年毎に1000億円以上の大規模改修費の発生が見込まれ、将来の解体までのライフサイクルコストは1兆円を超えると予想されています。

ノー天気な森元首相は「高額になり批判を受けるのは残念だが、スポーツ、文化、経済など全てを集積する場として50年以上先にレガシー(遺産)を残したい」と語ったそうですが、高額な税金の投入を必要とし続ける「負の遺産」を残されても誰も喜びません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の記事で、他の競技場と比較しても新国立競技場が異常に高いことが改めて解りました。
国の財政が大赤字だというのに、更に無駄遣いするのは避けてもらいたいと思います。
今の政府のやり方を見ていると、税金を払うのが馬鹿らしくなります。

No title

森元首相によると、IOC総会で、安倍晋三首相が「他のどんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから確かな財源措置に至るまで、その確実な実行が確証されている」と演説したそうですが、確かな財源措置とは何だったのでしょうか。
同じ総会で「福島第一原発はアンダ―コントロールされている」と嘘をついたり、日本の国会で審議する前に、アメリカ議会で戦争法案成立の約束をしたりと、国民を無視したとんでもない首相だと思います。

Re: No title

>ジョンパパさん
3000億円近くもする競技場なんて、世界の何処にも無いと思います。
仰るように、財政破たんしたギリシャよりも赤字率が高い日本が、こんなに高額な競技場を建てられるはずもありません。
世論の反響の大きさに、さすがの政府も見直しを決めたようですね。

Re: No title

>KENTさん
カリーノパパも、そのことをニュースで知り、怒り心頭です。
国民を無視した、とんでもない首相ですね。
今回は、戦争法案も強行採決している為、新国立競技場の方は「国民の声に耳を傾け」などと、またまた見え透いた詭弁を弄していますが・・・。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング