ミッレ・ミリア


ミシェルのお父さんは、NHK・BSプレミアムの「世界で一番美しい瞬間」という番組が大好きです。

美しい海外の景色や行事を見られるだけではなく、そこに住む人々の生き様に触れることができるからです。

本日は、その「世界で一番美しい瞬間」で放映されたイタリアのクラシックカーレース「ミッレ・ミリア」を紹介させていただきます。



ミッレ・ミリア(Mille Miglia)は、元々、1927年から1957年の間にイタリアで行われた伝説的な公道自動車レースです。

イタリア北部の都市ブレシアをスタートし、南下してフェラーラ、サンマリノ共和国を経てローマへ向かいます。

その後、ローマから北上してブレシアへ戻るというルートで、4日間でイタリア北半分を縦走します。

走行距離が1000マイルであることから、イタリア語で「 ミッレ・ミリア」と名づけられました。



当初のミッレ・ミリアはスピードを競うレースで、アルファ・ロメオ、ランチア、マセラティ、ブガッティ、アストンマーチン、ベントレー、メルセデス・ベンツなど、錚々たる自動車メーカーがワークスやプライベートで参戦しました。

第二次世界大戦前には、イタリアのムッソリーニ率いるファシストや、ドイツのヒトラー率いるナチスなどが国威発揚の為に、これらのメーカーを国を挙げて支援したのです。

第二次世界大戦により、1941年から1946年の間は開催中止となりましたが、1947年に再開され、ジャガー、フェラーリ、ポルシェなどの新興メーカーが参戦するようになりました。

しかし、1957年、スペインのデ・ポルターゴ侯爵がドライブするフェラーリが観客を巻き込む大事故を起こし、イタリア政府はレースの中止を決定しました。

ミッレ・ミリアは、1977年、以前に参戦した実車とその同型車のみが参加できるタイムトライアル方式のクラシックカーレースとして復活し、その後、1957年以前に製造された車によるお祭り的なレースとして毎年5月に開催されています。



2015年のミッレ・ミリアには、485台ものクラシックカーが参加しました。

参加車は、安いものでも数千万円、高いものは数億円もし、普段は博物館に展示されているような超高級車ばかりです。

車好きにとっては垂涎の的である車が、485台も連なって美しいトスカーナ地方を走るのですから、イタリア人でなくても興奮してしまいます

「走る芸術品」とか「旅する美術館」とも言われるミッレ・ミリアは、車好きにとって、まさに「夢舞台」でもあります。



そんなミッレ・ミリアに、イタリア人夫婦がブガッティ・タイプ35(1928年製)で参加しました。

ブガッティは御主人の憧れで、苦労して商売を軌道に乗せ、ようやく手に入れることができたのです。

ナビゲーターを任せられた奥さんは、「ミッレミリアは夫の長年の夢ですから、私もついていきます」と言います。

しかし、奥さんは「ナビゲーターの役目は、素人の私にとってエベレストに登るほど大変なことです」と語ります。

実際、レース開始直後はナビの役目を上手く果たせず、夫婦間に険悪なムードが漂います。

御主人は、「レースは人生のようなもので、多くの困難に出会います。しかし、二人で力を合わせれば、必ず克服することができます。長く連れ添ってきた妻に代わる人はいません」と語ります。

御主人が言われたとおり、この御夫婦は、見事に3位でゴールすることができました



フェラーリ博物館の館長は、「イタリア人にとって、車は夢であり誇りである」と語ります。

途中にある村の老人は、「この村は、第二次世界大戦で破壊された。でも、ピカピカのイタリア車が走る姿を見て、再び生きる力を得た」と語ります。

ミシェルのお父さんは、心から「昔の車は美しいな~」と思います。

そこには、車好きの人達が、情熱を傾けて手作りした美しさが詰め込まれているように感じます。

車を商売の道具として、コンピューターや機械によって大量生産された現代の車には、決して得られない宝物が詰まっているように思えます。



レースに参加している超高級車の間を1台のフィアット600(1962年製)が走っています。

このオーナーは、クロッカンティーノというアーモンドが入ったチョコを手作りし、観衆に配っているのです。

当初は、正式な参加車ではないので、追い出されたそうです。

しかし、今では名物車になり、ミッレ・ミリアに欠かせない存在です

オーナーは、「私には、ミッレミリアに参加できるような高級車は買えないけど、この車は私のフェラーリです」と笑います。

そして、「クロッカンティーノを配ることによって、お金持ちも貧乏人も子供も一つになれるのです」と語ります。

ミシェルのお父さんは、番組を見終えて「車って素晴らしいな。人生って素晴らしいな」と、大きな感動を覚えました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回も車好きにとっては、たまらない記事ですね(笑)
有名なミッレミリアは憧れですが、できることなら一度は実物を見てみたいと思います。
華やかなミッレミリアに、このような心に響く人間模様があることを知って、私も大変感動しました。

Re: No title

>ジョンパパさん
仰るとおりです。
ミッレミリアに参加するのは難しいと思いますが、せめて見学してみたいとカリーノパパも思いますv-410
参加する人達も見学する人達も、ミッレミリアに色々な思いが込められているのですね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング