命をいつくしむ場所



イラクやアフガニスタンなどで人道支援を行うNPO(特定非営利活動法人)ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が、新たな拠点に選んだ広島県神石高原町。

代表の大西健丞さんがこだわったのは、「命を体感し、いつくしむ場所」だそうです。

福山駅から車で約1時間走った標高500メートル程の所にある神石高原町で、本年7月4日に「神石高原ティアガルテン」がオープンします。

動物、植物、自然、人との触れ合いを通じて、全てのものの「命」の尊さを体感し、難民の生活にも思いをはせてもらおうというのです。



公園には西日本最大という広大なドッグランがあり、犬が自由に走り回れます。

周囲の犬舎には、すんでのところで殺処分を逃れた約200頭の保護犬が居ます。

広島県は、捨て犬の殺処分頭数が全国最悪でしたが、これをゼロにする計画を立てています。

「ふるさと納税」の仕組みを活用し、神石高原町にPWJを指定して寄付すると、この「犬の殺処分ゼロ」プロジェクトに95%が充てられる仕組みが整えられたのです。

広島県の土砂災害やネパールの地震の際に災害救助犬として活躍した夢之丞(ゆめのすけ)も、この犬舎の出身です。

夢之丞は、県の動物愛護センターでガス室に送られる寸前でPWJに保護されたのですが、最初は怯えて人に近づかなかったそうです。



「みんなで創る」というコンセプトで、有志を募って花などの植え付けも行われています。

また、園内の立木を利用して本物のツリーハウスを造るというワークショップも始まります。

ティアガルテンで働く職員はデニムのオーバーオールの制服を着る予定ですが、備後地方は日本のデニムの約9割を生産しており、地元の素材を使った制服をオリジナル商品として販売する予定です。



大西さんは、ふらっと訪れた神石高原町に惚れ込み、2010年に奥さんと移住されました。

その後、東日本大震災もあって、PWJの本部も神石高原町に移しました。

移住して地元の人達と親しくなる中で、「神石高原ティアガルテン」の話が持ち上がりました。

地元組合の幹部だった河相昇さんと意気投合し、地元の説得などは河相さんが一手に引き受けました。

人口が1万人を切った神石高原町の町民の間でも、「このままでは地域経済が崩壊してしまう」という危機感があったのです。

ところが、プロジェクトが動き出した段階で、河相さんが急死してしまい、「もはやこれまで」と思ったところ、子息の河相道夫さんが父の遺志を継いで計画に参画することになりました。



ティアガルテンは、構想から2年もたたずにオープンにこぎつけましたが、その原動力となったのが大西さんの幅広い人脈でした。

ティアガルテンの牛を管理する相馬行胤(そうまみちたね)さんは、相馬野馬追で有名な福島の旧相馬中村藩主家の34代目の当主です。

元々、相馬市で農業などを営んでいましたが、福島第一原子力発電所の事故で途方に暮れていたところ、大西さんに出会いました。

そして、話がとんとん拍子に進み、2013年に神石高原町に移住されました。

相馬さんは「カシワダイリンクス」という会社を設立し、地元の有力企業である常石造船の協力を得て、広大な土地で乳牛の飼育に乗り出したのです。

大西さんを長年支えてきた新浪剛史さん(元ローソン会長、現・サントリー社長)の肝いりで、子会社のローソン・ファームがこのプロジェクトを支援しています。

イラクなどで砲弾の下をかいくぐってきた大西さんからすれば、地方の実態を知らない政府に代わって地に足の付いた活動をするのがNPOだという自負があるのかもしれません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

殺処分ゼロを目指す自治体が増えてきましたが、広島県もそうなのですね。
神石高原ティアガルテンを利用する人達が命の尊さを認識し、それが日本中に広がって行くことを願っています。

No title

きっとパパさんがこのニュース、取り上げて下さると
思っていました。ありがとうございます!
本当に素晴らしく、嬉しいニュースですね。命を育み、
その尊さを伝える活動の広がり…!本当に嬉しいです。
夢君は本当に素晴らしい団体さんに救われましたね。
殺処分ゼロを目指す活動の広がりを願って止みません。

Re: No title

>メルママさん
殺処分ゼロを目指す自治体が増えるのは嬉しく、早く日本全体が殺処分ゼロの国になってもらいたいです。
神石高原ティアガルテンのような試みは是非とも成功してもらいたいと思います。

Re: No title

>勘太―モモのママさん
こちらこそ有難うございます。
このような試みが成功し、是非とも殺処分ゼロにつながっていくことを願います。
仰るように、夢君は本当に素晴らしい団体さんに救われたと思います。
そして、幸せな犬生を送ってもらいたいと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング