予想外の原因


4月下旬に、ミニのタイヤを冬用スタッドレスから夏用に交換しました。

その際、右側前輪タイヤが、他の3本のタイヤよりも保管中に空気の抜け方が大きいことに気づきました。

そして、タイヤを交換した際に、4本のタイヤの空気圧が適正値になるように空気を充填し直しました。

その後、1ヶ月ほど経過した頃、タイヤの空気圧が異常であることを示すアラームが点灯しました。

タイヤをチェックしましたが、釘などが刺さっている様子はありません。

また、目視では、パンクしてタイヤが変形しているようには見えません。

そこで、空気圧を計ってみると、空気が少しだけ減っていることが判りました。

何らかの原因で、スローパンクチャ(空気がユックリと少しずつ抜ける)が発生していると推測されました。



そこで、いつもお世話になっているタイヤショップに行き、右側前輪を詳細にチェックしてもらいました。

その結果、タイヤには釘などが刺さっておらず、ビート部分(赤い矢印部分)にも異常は発見されませんでした。



ホイールを何かにぶつけて、リム(赤い矢印部分)がゆがみ、そこから空気が漏れることはあります。

しかし、リムにも異常は発見されませんでした。



そこで、特殊な液体をホイールとタイヤに塗り、空気が漏れている箇所を詳細に調べました。

すると、ホイールの赤い四角印部分から、わずかに空気が漏れていることが判りました。

少し時間をかけて注視していると、ようやく判る程度の空気の漏れ方です。(原因の特定は困難)

対策についてタイヤショップの所長さんと話すと、次のことが判りました。

1.ホイールを修理することは可能だが、性能が劣化する恐れがある。

2.ランフラットタイヤ(パンクしても走行可能なタイヤ)は、一度ホイールから外すとビートが損傷する恐れがあり、原則再利用できない。

その結果、ホイールとタイヤとも新品に交換することになりました。



問題が生じたのはミニの純正ホイールなのですが、社外品と比べると、純正ホイールは大変高額なのです。

そこで、インターネットを通じ、ミニの純正品を販売している大阪のお店からホイールを購入しました。

ホイールを梱包した段ボール箱にも純正品であることを示すBMWのシールが貼られていました。(現行のミニはBMW製)



新しいホイールが自宅に届いたあと、再びタイヤショップに行き、新しいタイヤを装着してもらいました。

今回は、ホイールから空気が漏れるという予想外の原因だった為、新しいホイールとタイヤを購入することになってしまいました

しかし安全を考えると、不安を抱いたまま車を運転するよりは良しとしなければなりません



余談ですが、これは、御近所の別荘のオーナーさんの車です。

オリジナルのミニ(英国ローバー製)は、やはり小さくて可愛らしいですね

自動車史に残る名車の一つだと思います



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このところ窓やドアミラーも含めて故障が続きましたが、事故じゃなくて良かったです。
タイヤやホイールは安全に直結していますから、私も新しいものと交換するのが正解だと思います。

Re: No title

>デュークパパさん
仰るとおりです。
製造上の欠陥で、走行中に万一ホイールが破損するようなことがあると大変です。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング