誤解



昨日は、久し振りにリク君、メイちゃん、シーザー君に会いました。

リク君のママさんからも「久し振りね」と言われてしまいました



ミシェルは、最初、メイちゃんのあとばかり追い駆けていました



ミシェルは、基本的に大型犬には近づかないのですが、優しいシーザー君は大丈夫のようです



観光の途中で立ち寄ったと思われるドーベルマンが遊びに来ました。

リク君、腰が引け気味です



ミシェルもドーベルマンと一定の距離を保っています

ドーベルマンは一見怖そうですが、このガイアちゃん(5歳)は、とっても優しいワンちゃんでした。

名古屋のドーベルマンが家から抜け出し、人に噛みついたという事件があったので、「ドーベルマン=怖い犬」と誤解されがちですが、それは、あくまで個々の問題だと思います。



ミシェルは、ガイアちゃんのパパさんに甘えています

ガイアちゃんのパパさん&ママさんは、ガイアちゃんを深く愛されていて、良く躾もされておられるようでした。



甘えん坊で、「ママさん命」のリク君です

リク君は、ママさんに抱っこしてもらうのが大好きなのです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドーベルマンは、一般的に飼い主には従順であるが、他の人や犬に対しては警戒心が強いと言われているようです。
そして、訓練によって優秀な犬になる一方で、訓練ができないと問題が生じる可能性もあるようです。
ガイアちゃんの場合は、きっとパパさんとママさんが、よくドーベルマンを理解されておられるのでしょうね。
リク君、すごく可愛いですね。

Re: No title

>モカママさん
ドーベルマンは、外見で怖がられることも多いように感じますが、実際は優しいドーベルマンも多いように思います。
今回のガイアちゃんも大変優しいドーベルマンでした。
一部のドーベルマンの事件の為に、ドーベルマン全体が誤解を受けるのはやり切れませんね。

ママさんに抱かれて甘えているリク君は、すごく可愛いかったです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング