映画「インビクタス」

久々に見ごたえのある映画に出会ったので、御紹介させていただきます。

映画の題名は、インビクタス
ラテン語で、「負けざる者達」という意味です。

これは、実話を映画化したものです。
舞台は1994年の南アフリカ共和国

アパルトヘイトに反対して、27年もの間、投獄されていたネルソン・マンデラが、南アフリカ共和国の初めての黒人大統領になりました。
それまで政府の主要ポストを占めていた白人官僚たちは、マンデラが報復的な人事をするのではないかと恐れましたが、マンデラは初登庁の日に職員たちを集め、「辞めるのは自由だが、新しい南アフリカを作るために協力して欲しい。あなたたちの協力が必要だ」と呼びかけました。
職員たちは安堵し、マンデラの元で働くことになります。
そして、マンデラのボディーガードチームも、黒人と白人の混成となりました。

初めての黒人大統領となったネルソン・マンデラ
インビクタス03

一方、南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス」は、アパルトヘイトの象徴として黒人の国民の間では、非常に嫌われていました。
(多くの黒人が、自国チームの対戦相手を応援していたほどです)
英国発祥のラグビーは、「富裕な白人の行なうスポーツ」として、南アフリカでも定着していたからです。

黒人が多数を占めることになったスポーツ協会の会議で、「金と緑を基調にした南アフリカのチームカラーと愛称(スプリングボクス)は、アパルトヘイトの象徴であり、変更すべきだ」という意見が全会一致で決定されます。
そのことを知ったマンデラは、スポーツ協会に駆けつけ、「今まで我々は白人達に脅かされてきた。しかし、我々は白人達を寛容の心で迎えるべきだ」と黒人達を説き伏せ、変更を中止させました。

「ラグビーの南アフリカ代表チームは、白人と黒人の和解団結の象徴になる」と考えたマンデラは、当時、国際試合で連敗中だったチームの白人主将であるフランソワ・ピナールと何度も言葉を交わし、彼を勇気づけました。
また、マンデラの提案により、代表チームは、貧困地区の黒人の子供達にラグビーの指導に赴くことになりますが、当初、不満を募らせていた代表チームのメンバーも、黒人の子供達との交流を通じて「試合に勝つ為には、自分達も変えていく必要がある」ということを自覚し始めます。
このような地道な活動により、黒人の国民の間でも代表チームの人気は少しずつ高まり、代表メンバーを勇気づけます。

マンデラ大統領とフランソワ・ピナール主将
インビクタス01

1995年にラグビーのワールドカップが南アフリカで開催されました。
開催国の特権として、南アフリカの代表チームは無条件に出場できますが、大会前までの南アフリカに対する予想は惨憺たるもので、国民さえ勝てるとは思っていなかったのです。ただ一人を除いて…。
その一人がマンデラで、彼は、代表チームの勝利を信じていたのです。

マンデラは、投獄されていた27年間の殆どを、2mx2.5mの大きさの独房で過ごしましたが、決して自分を失わず希望を失わず笑顔を失わなかったのです。
マンデラは言います「我は、我が運命の支配者であり、我が魂の指揮官である」と。

この強靭な意志は、代表チームにも浸透し、国民の誰もが予想しなかった決勝進出という奇跡を呼び起こします。
そして、全南アフリカ国民が見守るなか、最強のニュージーランド代表オールブラックスを相手に決勝を戦い、延長戦の末、見事に優勝を勝ち取ったのです。
(この大会でニュージーランドと対戦した日本は、17対145という記録的大敗を喫しています)
この瞬間、いがみ合ってた白人と黒人は、互いを抱き合い、一つになったのです。

ワールドカップで観衆の声援に応えるマンデラ大統領
インビクタス02

マンデラは、アパルトヘイトに反対して、27年もの間、投獄されていたのですから、大統領という最大の国家権力を得た時に、白人に対する報復を行ったとしても、多くの人は同情的に見てくれたと思います。
しかし、マンデラは、「南アフリカを変えていくには、まず赦すことから始まる」と語り、白人と黒人が協力し合う国造りを目指しました。
また彼は「私の給与は多過ぎる」と言い、給与の1/3を慈善団体に寄付しています。

今の日本は、どうでしょうか?
首相は、4代続けて任期途中で職を投げ出しています。
政治家は、国民の窮状はそっちのけで、首相や大臣になることにエネルギーを費やしています。
年老いても、権力の座にしがみついている政治家が大勢います。
(1994年に大統領になったマンデラは、1999年に政界を引退しています)

日本の政治家の中に、マンデラのような人がいたら、もう少し過ごし易い国になるかもしれません。
更に、日本が、愛情誇りに溢れた国になれるかもしれないと思うのは、言い過ぎでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

インビクタス

この映画、レンタルDVDでみました。
国とラグビーチームが新しく生まれ変わろうとする過程が、上手く描かれていて、興味深い映画でした。
アパルトヘイトというのは、単一民族国家である日本人には、理解できないような問題を数多く抱えているのでしょうね。
日本の肥満化した政治屋に、是非みてもらいたい映画だと思います。

映画の中で、道路を隔てて、白人達がプレイするラグビーグラウンドと、黒人達がプレイするサッカーグラウンドが映りましたが、とても衝撃的なシーンでした。
ラグビーの方は芝生が美しいグラウンドで、一方のサッカーは、裸足で土のグラウンドでプレイ。
アパルトヘイトの名残を示す一例なのでしょうね。

マンデラ大統領

アパルトヘイトで白人に虐げられてきた黒人は、白人に対して敵意を持っていますが、マンデラ大統領は、その黒人の感情に反して白人を受け入れながら、新しい南アフリカを造ろうとします。
黒人の気持ちを考えて、彼のスタッフは、その方針に反対しますが、彼は、敢えて自分の意思を貫きます。
白人に27年間も酷い目にあわされたマンデラが、新しい国造りの為に白人を赦すというのは、本当に凄い人だと思います。

Re: インビクタス

> ジョンパパさん
アパルトヘイトという言葉は知っていても、日本人には、その実態を理解するのは難しいでしょうね。
国会の様子や日本の現状から判断すると、日本には、国民の為に誠意を尽くす政治家はいないように感じてしまいますね。
国会議員だったハマコーの犯罪を知ると、ジョンパパさんの言われるとおり、政治屋と呼ぶのが相応しいように思います。

Re: タイトルなし

> COCOさん
あのシーンには、驚きました。
まさに、南アフリカにおける白人と黒人の生活レベルの差を表していましたね。

話は少し横道にそれますが、イギリスでもラグビーとサッカーの違いを感じました。
ラグビープレイヤーは、一般的に良家の出身者が多く、かつ高学歴の人が多かったように思います。
観衆も紳士的な人が多く、サッカーで見るフーリガンは殆どいなかったように思います。
一方のサッカープレイヤーは、悪ガキタイプが多く、学校嫌いの人が多いように感じました。
観衆も労働者階級の人が多く、観戦前後には、必ず酒を飲んで酔っ払うという人が多かったように思います。

Re: マンデラ大統領

> CBさん
そのとおりですね。
27年という気が遠くなるような長い年月を、牢獄の中で過ごさせられたマンデラさんは、大統領という最大の国家権力者になった時に、白人に対して報復措置をとったとしても、全然不思議じゃないと思います。
そのマンデラさんが、あえて黒人の反感を買うかもしれないことを実行し、白人と黒人が一致団結した国造りを目指したのは、本当に凄いことだと思います。
私利私欲で利権争いに明け暮れる日本の政治家には、本当にウンザリさせられますが、日本でも、是非、マンデラさんのような人に政治家になってもらいたいと痛切に感じます。

国会議員

マンデラ大統領が、自分の給与は多過ぎると言って慈善団体に寄附したと知って、感心しました。
一方、日本の国会議員の給与は、諸手当も含めると、7800万円にもなるそうです。
しかも、人口に比しての国会議員の数は、アメリカの3倍にもなるそうです。
国会中継などで居眠りしてる議員を見ると、もっと仕分けしてもらいたいと思います。

「我は、我が魂の指揮官なり」って、いい言葉ですね!
マンデラ大統領の強靭な意思を、公約を平気で破る日本の首相に見習ってもらいたいです

Re: 国会議員

> ゴン太パパさん
言葉で言うのは簡単ですが、なかなか出来ることではないですよね。

消費税を上げようと考える前に、まず自分達のことを律するべきだと思います。
国会議員の数を減らし、給与も手当も減らすといったようなことを。

Re: タイトルなし

> TONTONさん
本当にいい言葉ですね。
TONTONさんが言われるとおりで、日本の首相や国会議員には、是非とも見習ってもらいたいものです!

インビクタス

私もこの映画をみました。
黒人のマンデラさんが大統領になったことで、黒人の民意は、アパルトヘイトと逆の社会になることを望んだかもしれないのに、マンデラ大統領は、敢えて民意に逆らって白人を赦しました。
このような民意と逆の政策は立派だと思いますが、民意を無視して自分達の権力を守ることだけを考えて日本の政治は、本当に情けないです。

Re: インビクタス

> アリスさん
黒人の国民達の意に反して白人達を赦そうとするマンデラ大統領に対して、側近達は反対しますが、それでもマンデラ大統領は自分が思う正義を貫こうとしました。
国民の支持だけを考えたら、なあなか出来ることじゃないと思います。
その根底にあるのは、「この国にとって何が大切か」ということだと思いますが、日本の政治を見てると「自分と政党にとって何が大切か」しか考えていないように思えます。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング