アフロス君



向かって右側はミシェルで、左側は友達のアフロス君です。

そのアフロス君のママさんから、昨晩、悲しい知らせがありました。

10歳になったばかりのアフロス君が亡くなったというのです。



手前側がアフロス君で、向こう側がアフロス君の兄のレグルス君です。

ミシェルのお家に遊びに来てくれた時の写真です。



一番手前がミシェルで、真ん中がアフロス君、一番向こうがカリーノです。

3頭ともブルーマールという毛色ですが、アフロス君は、ミシェルと大変よく似た毛色でした。

ちらっと見ると、よくミシェルとアフロス君を見間違えた程です。

アフロス君の方が、ミシェルよりも少しだけ小柄だったことが相違点でした。

アフロス君はカリーノと父親が同じで(AMチャンピョンを含め、全てのタイトルを獲得した名犬コナー)、異母兄妹でした。



これは、ミシェルのお家から近い所にある広場です。

初めて会ったラブラドールも入って、みんなで楽しく遊びました。

前から2番目がアフロス君、4番目がミシェル、5番目がレグルス君です。



これは、道の駅富士吉田のドッグランで遊んだ時です。

手前側がアフロス君で、向こう側がミシェルです。

アフロス君のママさんによると、アフロス君は脾臓に問題が生じて手術したのですが、血栓ができてしまい、最後は、ママさんの腕の中で息を引き取ったそうです。

すごく優しく、あんなに元気だったアフロス君が亡くなったなんて、信じがたく、とても残念です。

河口湖も暖かくなってきて、また一緒に遊べると思っていたのに・・・。

今頃は、虹の橋の向こう側で、父親のコナーと妹のカリーノと一緒に遊んでいるのでしょうか。

ミシェルのお家にとっても大切なワンちゃんだったアフロス君の御冥福を心よりお祈り申し上げます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリーノぱぱさん。
あっくんのこと、こんなに載せて頂いてありがとうございます。
甘えん坊のあっくんはいつも私にべっとりのストーカーでした。
フェイスブックに載せたその時の私の気持ちを転載させて下さい。

「横たわるあっくんの横に添い寝して、いつものように両前足の間の胸に手をいれる。
「あっくん温かいね。」
「寝んねしてるの。」
「起っきしないの?」
「お散歩いくよ。」
「もう………起っきしないの………」
アフロスは天国に帰って行きました。
顔と顔をくっつけて…
呼吸をしているはずの揺れているお腹…
顔にかかる息…
もういつものそれがありません。
アフロスは私に沢山のものを与え、沢山の課題も残して行きました。
頭をちょっと下げて身体をクネクネ、しっぽをプリプリ振りながら笑顔で駆け寄って来てくれるあっくんはもう…………
ありがとう、あっくん。
愛してるよ。

格好いいことばかり書いたけど、
やだよアフロス。
まだ行かないでよ。
寂しいよ!!
あっくん居ないでどうするの!!
ただただ泣くだけです。」

カリーノぱぱさんも同じ気持ちだったと思います。

素敵なお花をありがとうございます。

Re: No title

>レグルスさん
あっ君の突然の悲報に大変驚き、大変悲しく思っています。
カリーノパパもカリーノを亡くしたばかりなので、レグルスさんのお気持ちは凄くよく解ります。
カリーノパパもカリーノを枕元に置いて、一晩中足を握って最後のお別れをしました。
カリーノは、いつものように眠っているように見えましたが、足の冷たさが亡くなったことを否応なくら突きつけられました。
それでも、朝になったらいつものように起きてくるのではないかと、淡い期待を抱いていました。
今でもカリーノのことを思わない日はありません。
亡くなって、改めて如何に大切な存在であったか思い知らされます。
カリーノパパも何日も泣き続けました。
カリーノがあまり苦しまず、最後まで一緒に居てあげられたことが、せめてもの救いです。
虹の橋の向こうで、あっ君とカリーノが再会し、楽しく遊んでいることを信じています。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング