自然界のバランス


自然界においても人間においても「バランス」は大切だと思います。

その「バランス」が崩れることによって、色々な弊害が生まれます。

本日は、「自然界のバランス」について記してみたいと思います。



コアラとパンダは大変愛らしい動物で、世界中で人気を博しています。

そんなコアラに関して、ショッキングなニュースが伝わってきました。

オーストラリアのビクトリア州ケープオトウエイ地域で、2013年から14年にかけて3回にわたり、約700頭のコアラが州政府によって安楽死されていたそうです。

その理由は、コアラの数が増え過ぎて餌のユーカリが不足し、飢えや病気で衰弱していたコアラを安楽死させるしか方法がなかったというのです。

この地域には約8千匹のコアラが生息していますが、1ヘクタール当たり1匹以下が適切とされる水準を大きく上回る11匹が密集していることになります。



前述の地域ではコアラが増え過ぎていますが、オーストラリア全体を見ると、乱開発、感染症、温暖化などの影響で、コアラは激減しています。

かつては1千万頭以上いたと言われていますが、現在は5万~10万頭まで減ったとの推測もあるようです。



宅地造成や鉱山開発などの為に森林が伐採され、コアラと人間の住む地域がどんどん重なってきています。

コアラにとっては、「食住」が減って繁殖しにくくなっている一因です。

元々、先住民のアボリジニーの人達が肉食用にコアラを捕獲していましたが、激減した最大の理由は、オーストラリアへの入植者による毛皮目当ての乱獲だったようです。



20世紀に入って狩猟は禁止され、乱獲は減りましたが、次に住宅地や鉱山の開発が始まりました。

コアラが生息するのは、現在、クイーンズランドやビクトリアなどの4州と首都特別地域ですが、生息範囲は以前の2割まで減っており、このまま木を伐採し続ければ、数十年以内にコアラは絶滅すると言われています。



コアラ激減の背景には、地球温暖化の影響を指摘する意見もあるようです。

クイーンズランド大学のビル・エリス博士は「食物のユーカリだけでなく、上がった体温を下げる為に抱く木もあるようだ。樹木を特定できれば、進む温暖化から守るのに役立つ」と語っています。

最近の研究によると、コアラは猛暑になるとユーカリ以外の樹木が育つ森へ移動し、木を抱くなどして暑さをしのぐことが判ってきました。

日本でも同じような問題が起きています。

人間による乱開発によって、食料や住む所を奪われた動物が人間が済む地域に現れ、危険や迷惑と言う名目で殺処分されています。

自然界においては、動物同士が捕食し合うことによって個体数のバランスが保たれてきましたが、その一翼を担っていたオオカミが人間に絶滅されてしまい、個体数のバランスが崩れてしまった例もあります。

「コアラの問題は人間の問題でもあり、コアラを救えなければ人間も滅びてしまうだろう」と言われているように、我々人間は戦争などしている場合ではなく、自然と共存する方法を真剣に考えるべき時期に来ているように思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もこのニュースを見ましたが、恐らく単純に残酷と言えない事情があるのだと思います。 
そんなことになった原因を突き詰めていくと、人間の乱獲や乱開発に行き当たり、とても残念に思います。
今後、乱開発を無くすことは勿論ですが、増え過ぎているコアラを他の場所に移動することも是非考えてもらいたいと思います。

Re: No title

>COCOさん
残酷と批判するのは簡単ですが、恐らく複雑な事情があるのでしょうね。
もし可能なら、余剰分のコアラを他に移せると良いのですが。
このような悲劇を繰り返さない為にも、人間による乱開発を止める必要がありますね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング