映画「名犬ラッシー」

あなたの笑顔が恋しくて800キロ。大好きだから、必ず帰る
昨年末に封切られた映画「名犬ラッシー」が、最近、テレビで再放送されました。

この映画のストーリーを御存知の方は多いと思いますので、今日は、ラッシーについて、違った角度から語ってみたいと思います。

名犬ラッシーの原作は、1940年頃に、イギリス系アメリカ人作家のエリック・ナイトによって書かれました。
オリジナルの映画では、貴族の孫娘役として、エリザベス・テーラーが出演しています。

その後、テレビドラマ化され、日本ではTBSが放映し、超人気番組となりました。
ミシェルのお父さんも、この番組を見てラッシーが大好きになり、「いつか、コリーを飼ってみたい」と思ったそうです
同時に、ハンサムなパパ、美人のママ、庭のある大きなお家等々、豊かなアメリカの家庭に憧れたそうです

大好きなジョーのベッドに横たわるラッシー
lassie02 (2)

歴代の名犬ラッシーに出演したコリーは、10頭いるそうです。
初代から順に、パル、ラッシー・ジュニア、ベイビー、マイア、スプーク、ボーイ、オールド・マン、ハワード、ヘイヘイ、メイソンという名前のコリー達です。

ここで気づいた方もおられると思いますが、最後のメイソンを除いて、歴代のラッシーは、皆、雄犬でした。
しかし、Lassie(ラッシー)のLassとは、「若い女性」を意味しており、ラッシーは、本来、雌犬でした。
ところが、撮影が長期に渡ると、子役の成長が早く、小柄な雌犬だと、子役と犬との身体のバランスがとれなくなってしまうという問題があったのです。
その為に、歴代のラッシーには、身体が大きく、かつ毛量の豊富な雄犬が使われたという訳です。

大好きなジョーを学校まで迎えに行くラッシー
lassie02 (1)

ラッシー役に採用されるコリーには、毛色はセーブル(茶系色)という条件の他に、3つの条件があったそうです。その条件とは…
1.額から鼻にかけて白い模様(ブレーズ)がある。
2.首の周りが、白い毛で覆われている(フル・カラー)。
3.手足の先が、白い毛である。

あなたのコリーが、これらの条件を満たしていれば、「名犬ラッシー」に出演できるかも

保健所から逃げて裁判所に入り込んだラッシー


ハリウッド映画の大スターになると、あの有名な「ウォーク・オブ・フェイム」に名前が刻まれます。
大勢の人間の大スター達に交じって、ラッシーも1960年に、この栄誉を射止めました。
ちなみに、これまでに「ウォーク・オブ・フェイム」に名前が刻まれた犬は、3頭いるそうです。
ラッシーリン・ティン・ティン、そしてストロングハートです。

そして、ハリウッドの殿堂入りを果たすと、次のような待遇が得られるそうです。
1.飛行機は、ファーストクラス。
2.飛行場への出迎えは、運転手付のストレッチ・リムジン。
3.宿泊は、超高級ホテル。

勿論、ラッシーも、この待遇を得たそうです
押しも押されもしない超セレブ犬というわけです

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ラッシー

私も名犬ラッシーが大好きでした。
映画の名犬ラッシーも観ました。
スコットランドから戻ったラッシーが、最後に力尽きて倒れたシーンには、本当にドキドキしました。
思わず心の中で、ラッシー頑張れ!立ち上がってと叫んでしまいました。

名犬ラッシー

名犬ラッシー、いいですね~。
こんな利口で優しい犬と一緒に暮らせたら、最高です
映画も見ましたが、貴族役のピーターオトゥールが、英国人らしい機知に富んだ味を出していましたね。

大好きだから、必ず帰る。
ラッシーは、ジョーが大好きだったから、800kmも離れた我が家に戻って来たのでしょうね。
何度連れ戻されても帰って来るラッシーに、ジョーが、あえて「お前は悪い子だ。嫌いだ」と言い聞かすシーンは、とても切なく感じました。

Re: ラッシー

> メルママさん
メルママさんもラッシーファンですか。嬉しいv-411
ラッシーが倒れて雪に埋もれるシーンは、ラッシーが死んじゃうのかとドキドキ・ハラハラしました。
ラッシーが回復して元気になった時は、本当に良かったと思いました。

Re: 名犬ラッシー

> COCOさん
ラッシーのような犬が家族にいたら、本当に素晴らしいですね。
ピーター・オトゥールは、若い頃に「アラビアのロレンス」で大スターになりましたが、年老いてもいい味を醸し出していますね。

Re: タイトルなし

> アリスさん
犬が人間を思う気持ちというのは、とても強いように感じます。
ラッシーとジョーは、切っても切れないくらいの深い愛情で結ばれていたのでしょうね。
800㎞というと、青森から静岡までくらいの距離ですが、そんな遠い距離を旅して戻ってきたラッシーは、本当にジョーのことが大好きだったのだと思います。
こういう関係って、羨ましいですねv-343

ご無沙汰しました

私もラッシーを見て大きくなりました
毎週のTVが楽しみでしたね~

ジェフ君という子役と戦争未亡人のお母さんと
おじいちゃんが家族でした

ラッシーおいで
ラッシーおやめ
ラッシーラッシー

エレガントで夢のある番組でした

ところでちょっとご報告があります
私のブログをご覧になってください

ラッシー

私もラッシーが大好きで、映画もみました。
猟犬に追われて、坑道に逃げ込んだ狐をジョーのお父さん達が救ってやるシーンに、思わず拍手をしてしまいました

Re: ご無沙汰しました

> アンジェラママさん
ママさんもラッシーを見て大きくなりましたか。
カリーノパパと一緒ですねv-411
テレビのラッシーは、何度か配役が変わったように記憶していますが、ママさんは、ジェフ君、ジェフママ、おじいさんの時の印象が強いようですねv-410
カリーノパパは、ラッシーを通じて、アメリカの生活にも憧れました。

早速、ママさんのブログを拝見しました。
札幌に戻られることになったと知って、大変驚きました。
少し前に、札幌に住むお母様が来られていたと記憶していますが、御一緒に暮らすことになったのでしょうか。
少し遠い所に行かれることになって、寂しく思います。

Re: ラッシー

> MOMOさん
MOMOさんもラッシーファンと知って、嬉しいです。
そうそう、ジョーのお父さんが、狐の通ったあとにオシッコをして匂いを消して、狐を猟犬から救ってやりましたね。

私もラッシーとその家庭(アメリカ)に憧れました
まず家の中に犬が自然にいることに驚きました
今コリー達と暮らすことができて次第に彼らの
居る場所が広がってきて掃除が大変だけどニマニマ
しています
ラッシー、今もサイトがあって「今日のラッシーはここ
です」なんて
2007年のコリー全米展はノースカロライナでしたが
その会場にラッシーが現れました
10ドルで一緒に写真を撮れるのでした
たしかに最近のコリーに比べると大きかったです
そして今でも子供たちの人気者でした

Re: タイトルなし

> ジュぴ・ママさん 
ジュぴ・ママさんもラッシーとアメリカ家庭に憧れましたかv-411
そうですよね。日本では、犬は屋外で飼うのが当たり前でしたから、ラッシーが家の中に自由に出入りするのを見て驚きました。
犬と一緒に家の中で暮らしていると、人間と同じように、犬の細々した感情や行動を理解することができます。
犬を外で飼っていたら、食事と散歩の時くらいしか接触しませんから、犬のことを充分に理解するのは難しいように思います。
日本の犬達は、まだ「ペット」と呼ばれていますが、欧米の犬達は、「家族」なんですよね。
この意識の違いは、とても大きいと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング