スタンダード



ドッグショーの当日は、会場を探すのに時間がかかってしまい、ミシェルの審査を見逃してしまいました。

この写真は、コリー仲間のKさんから頂いたものです。

Kさんが「ミシェルは、とても綺麗に走っていたよ」と教えて下さいましたが、写真でも、その様子が判ります。

ミシェルは、若い時に神奈川インターナショナル・ドッグショーでメジャーカードをゲットしましたが、その後、身体の幅がなかなか出なくて、3年半ほどドッグショーを休んでいました。

カリーノが、殆どのタイトルを獲得していたこともあって、その間、お父さんは「ミシェルは、チャンピョンを目指さなくてもいいか」と思ったこともありました。

しかし、ミシェルは、ヘネシーとスプラッシュという名犬の両親から生まれた子で、素晴らしい資質を持ったコリーであることは判っていました。

ミシェルは、お父さんの子供であると同時に、日本のコリー界発展の為に尽力されているシュガーさん(ブリーダー)の大切な秘蔵っ子でもあるのです。

お父さんのことを信頼して大切なミシェルを譲って下さった訳ですから、お父さんの気持ちだけで、優秀なミシェルの資質を埋もれさせてしまうのは、誠に申し訳ないことです。

そのような気持ちもあって、昨年の秋から、再び、ミシェルをドッグショーに出陳させることにしました。

ミシェルは5歳になり、身体が充実してきたこともあって、短期間に連続してカードをゲットすることができました。

そして、今回のドッグショーで、ついにJKCチャンピョンを完成することができたのです。

お父さんとしては、嬉しいという気持ちと同時に、「ミシェルの資質を埋もれさせることなく開花させてあげれた」というホッとした気持ちでもあります。



今回、ミシェルが実力を発揮できたのは、第一に、ハンドラ―のシュガーさんのお蔭だと思います。

それと同時に、お父さんは「カリーノが応援してくれたお蔭でもある」と思っています。

カリーノが亡くなった朝、カリーノとミシェルは見つめ合い、カリーノがミシェルに何かを伝えていました。

お父さんには、カリーノがミシェルに「これからは、あなたが家長として頑張るのよ。お父さんとお母さんのことをお願いね」と言っていたように思えます。

そして、ミシェルは、今回のドッグショーにおいても、カリーノの言いつけを守ってくれたように思います。



スタンダード(基準)は、長い年月をかけて、ブリーダーの手により、犬種それぞれの特徴・体形・性格・被毛・毛色など、その犬種の理想像が形作られたものと言われています。

ブリーダーは、このスタンダードを基本に考え、より理想の犬に自分の犬を近づける為に惜しみなく時間と労力をかけ、情熱を燃やしながら繁殖を行っています。

ドッグショーでは、その繁殖の成果を評価してもらい、犬質の向上を目指している訳です。

上の写真は、ミシェルの実父であるヘネシーです。

ヘネシーは、アメリカのコリー界のトップブリーダーの犬舎で生まれ、アメリカ・チャンピョンとJKCチャンピョンのタイトルを有しています。

2008年には、全米ランキングでラフコリー・トップサイアーの称号を獲得し、米国誌「DOGS IN REVIEW」に掲載されました。

38頭ものアメリカ・チャンピオンの父犬で、ROM(レジスター・オブ・メリット)の称号も有しています。

アメリカの「CCA National Specialty Show」では、2005年に種牡クラスNo.1に選出され、2008年にはアワードを獲得した名犬です。

そんなヘネシーも、昨年12月、カリーノの少し前に亡くなりました。

ヘネシーは、きっとカリーノと一緒に、息子のミシェルを応援してくれたに違いありません。



上の写真は、ミシェルの実母であるスプラッシュです。

スプラッシュもアメリカのコリー界のトップブリーダーの犬舎で生まれ、アメリカ・チャンピョンのタイトルを有しています。

そして、スプラッシュも数多くのアメリカ・チャンピョン母犬で、ROM(レジスター・オブ・メリット)の称号も有しています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミシェル君、チャンピョン完成おめでとうございます!
カリーノパパさんとカリーノさんのミシェル君を思う気持ちに感動しました。
そして、ドッグショーの意義とは何かが、よく解りました。

No title

本当に素晴らしい財産を守り、継承していくということは
大な事ですね。ましてや、命あるもの…愛情と情熱を注ぎ、
大切にされて…本当に感動しました。
ミシェル君のお父さんも12月に亡くなっていたのですね。
本当に、カリーノちゃんと一緒にミシェル君を見守って、
応援してくれたことでしょう。
パパさん、ママさんの愛情だけでなく、沢山の想いを
受け止めて、ミシェル君、本当に頑張りましたね!

Re: No title

>メルママさん
ありがとうございます。
カリーノは、弟のミシェルを可愛がっていました。
きっとミシェルのことを応援していてくれたと思います。

Re: No title

>勘太―モモのママさん
ミシェルのブリーダーさんは、素晴らしい犬を創出する為に、もの凄く努力されておられます。
アメリカのトップブリーダーとも頻繁に交流し、アメリカの良いものを勉強したり、輸入されたりしています。
世の中には、商売第一のブリーダーさんも居るかと思いますが、その対極に居る人です。

ミシェルの実父であるヘネシーも12月に亡くなりました。
今回のドッグショーは、カリーノとヘネシーが一緒にミシェルを応援してくれたのだと思います。

今まで頼っていたカリーノが亡くなって、ミシェルも精神的に強くなってきたように感じます。
きっと、カリーノの言いつけを守っているのでしょうね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング