犬の瞳に乾杯



今日は、カリーノの状態のチェックの為に病院に行って来ました。

胸水を抜きましたが、量は順調に減っているようです。

久し振りに血液検査も行いましたが、特に問題は無く、安定しているとのことでした。



今日は、お友達犬のBB君も病院に来ていました。

BB君も良くなって大変元気そうでした。

BB君「僕、病院は苦手だから、早く帰りたいんだ」



病院には、犬や猫に関する本がいっぱいあり、自由に閲覧できるようになっています。

カリーノの順番を待つ間、お父さんは、よく本を読んでいます。

今日は、秋山靖夫さん著の「犬の瞳に乾杯」を読みました。

秋山さんは甲府の歯医者さんで、植物の細密画を習ったのをきっかけに、犬の似顔絵も描くようになりました。

この本には、多くの犬の似顔絵が掲載されており、その横には、家族の愛情がこもった言葉が記されています。



本を読み進むうちに、ハッとしました。

なんと、ブログを通じてお友達になった清里のBurnethillさん(B&B)の愛犬であるJUN君が載っていたのです。

JUN君は知り合う前に亡くなっていたので、実際には会っていないのですが、BurnethillさんがJUN君を大変愛しておられたことは知っていました。

若い頃のJUN君の似顔絵でしょうか、とても愛らしい顔をしています。



似顔絵の横には、Burnethillさんの愛情がこもった言葉が記されていました。

生きてる間は勿論のこと、亡くなってからもBurnethillさんにいっぱい愛されているJUN君は、本当に幸せなワンちゃんだと思います



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリーノさんが順調に回復しているようで、とても嬉しいです。
引き続き元気玉を送ります。

BB君も元気そうで良かったです。
早く帰りたいと言ってるBB君が可愛いです。

JUN君の似顔絵、とても可愛いですね。
BurnethillさんのJUN君に対する愛情が、とてもよく伝わってきます。

No title

JUN君…本当に愛されて、幸せです。今日ご紹介頂いた
秋山さんのご本にも掲載されていたのですね。JUN君の
事、考えただけで涙が溢れます。本当に愛されて、
幸せですね。元ちゃんもそうです。BHのみんなは本当に
幸せ…!カリーノパパさん宅のミシェル君達も…。
幸せな動物達の笑顔があふれる社会にする為には人間が
まず命を大切にしなければなりませんね!私達が各々、
出来る事をしていかなければなりませんね。

カリーノちゃん、この調子でいきましょうね!ずっと
元気玉、送っていきますね!

No title

連日通っている動物病院に天使になった仔達のコーナーがあります。
殆どが先に逝ったワン・ニャン等の写真と共に、ご家族が病院への感謝の言葉を綴られたカードです。
私はこのコーナーを拝見すると、なぜかとても幸せな気持ちになります。
そこには愛する者に看取られた幸せな四つ足の子等がいるのです。
一方で世界には人間の都合で愛玩用に進化させられ、帰るべき野生を持たない動物たちが、意味もなく生命を奪われています。
勘太-モモのママさんが仰有るとおり「幸せな動物達の笑顔があふれる社会」への努力を怠れば我々人類の先行きも寂しいものになってしまうでしょう。

今日のブログを拝見して、つらつらと思っています、
動物病院は親の年齢はまちまちですが、まるで小児科ですね。
つらい状況で行く場合が多いですが、そこには必ず愛されて気にかけられている幸せな動物がいるので、矛盾してはいますが癒されます。

カリーノさんの表情も穏やかで本当によかったです。

ありがとうございます

ご無沙汰しておりますが、ブログはいつも拝見させていただいてます。カリーノちゃんが回復してくれて良かったですね。この調子ならもう全快と言えるかもしれません。また会いに伺いますね。

秋山先生とはJUNが我が家に来る以前の、コリー犬のフレップがいたころからのお付き合いなんです。
尖らせた色鉛筆を冷凍庫で凍らせて、犬の毛を一本一本書かれるそうで、これは植物画の技法なんだそうです。懐かしい本を記事にして下さってありがとうございました。

Re: No title

>メルママさん
ありがとうございます。

BB君も元気そうでした。
でも、病院が嫌いのようで、早く帰りたい様子でしたv-410

JUN君の似顔絵、とても可愛いです。
Burnethillさんが、いかにJUN君を愛していたか、よく解りました。

Re: No title

>勘太―モモのママさん
仰るとおりですね。
JUN君や元太君を始め、BHのみんなは本当に幸せだと思います。
一緒に遊んでいても、BHさんの愛情が、ひしひしと伝わってきます。

カリーノは、お蔭様で元気にしております。
ママさんの元気玉の効果ですね。

Re: No title

>kuntaさん
kuntaさんのお気持ちが、とてもよく解ります。
病院には、多くのワンちゃんが来ていますが、みな大切にされているのが判ります。
今回詠んだ本には、亡くなった愛犬を思う言葉も数多く掲載されています。
その一つ一つを読んで、いかに愛されていたかを知ると、胸が熱くなってきました。
そして、今回のkuntaさんのコメントも、カリーノパパの胸に強く響きました。

Re: ありがとうございます

>burnethillさん
お忙しい中、コメントを頂戴し、ありがとうございます。
そちらにも遊びに行きたかったのですが、カリーノの具合が悪くなり、行きそびれています。
お蔭様で、カリーノは今のところ元気な状態ですが、5日毎に病院でチェックしてもらっています。
一日でも早く、安心して遠出ができるようになってくれるといいのですが。

秋山先生とは、フレップ君の頃からのお付き合いだったのですね。
JUN君始め、どのワンちゃんも素晴らしく描かれていて、とても感動しました。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング