カリーノ近況報告



これは、昨日のドッグランの様子です。

ドッグランのお友達の皆様が、カリーノのことを心配していて下さるので、昨日は、カリーノの近況報告を兼ねてドッグランに行って来ました。

カリーノの元気な様子を見て、皆さん大変喜んでくれました。



シェリちゃんのママさんに撫でてもらって、カリーノも嬉しそうです。

カリーノは、久し振りに友達と会えたことも嬉しかったのか、ビックリするくらいはしゃいでいました



やはり友達犬が揃うと、みんな大変嬉しそうでした。



ミシェルも追い駆けっこを楽しんでいました。



忠犬ハチ公スタイルの北斗君です



ミシェル「北斗君、落っこちないようにね」



追記:
昨日は、いつもの友達犬と楽しく遊べました。
今日は、アンジェとミシェルだけがドッグランに行きましたが、先にアレックス君(グレートデン)の友達のサラちゃんとダル君(グレートデンの親子)が遊びに来ていました。
かってグレートデンに噛まれた経験があるミシェルは、自分からグレートデンには近づきません。
しかし、ダル君の方がミシェルの横に来て、突然、ミシェルにのしかかり、首筋を噛んだのです
攻撃性の全く無いミシェルは、反撃もせず、されるがままの状態です。
ダル君のパパさんとミシェルのお父さんが、慌ててダル君をミシェルから引き離しました。
ミシェルは、幸い、出血するような怪我は無かったように思いますが、かなりショックを受けたようでした。
以前にも会ったことがあるダル君ですが、今日は、虫の居所でも悪かったのでしょうかね???



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

今日は本当にすみませんでした

ミシェルパパ
今日は本当に申し訳ありませんでした。
血が出るような怪我がなくて本当によかったです。
今後、このようなことがおきないようにしっかり躾をしたいと思います。
心に傷を負わせてしまいごめんなさい。
ミシェル、デンを嫌いにならないでね。怖いデンだけじゃないんだよ。
本当にごめんね。
とミシェルに伝えてください。
飼い主共に心を入れ替えて来ますので、また会ったら遊んでください。

犬が首筋をくわえるのは上位の犬が下位の犬をたしなめるためです

いつも楽しく拝読しております。
犬が首筋を噛む動作をするのは普通のことだと思います。
彼らはたいてい加減をわかっていますよ。
犬のことを知らない人達は怖がりますが、下位の犬が敬意を示さず失礼な態度を取った時、上位の犬はたしなめるために首筋をくわえ横たわらせることは、よくあることです。父親や母親も仔犬に教育のためにしますよ。ブリーダーさんに聞いてみて下さい。

No title

カリーノちゃん、順調で、本当に嬉しいです。お友達、
パパママさん方も元気なカリーノちゃんに喜ばれたこと
でしょうね。この調子で行きましょうね、カリーノちゃん!
元気玉はずっと送り続けます!

ミシェル君、又怖い思いをしましたね。デン君、本当に
どうしたのでしょうね。でも、大きな怪我にならなかった
事は不幸中の幸いでした。心の傷の方が心配ですね。
ミシェル君、トラウマになりません様、お祈りしています。

No title

デン君ではなく、ダル君ですね。失礼致しました。

Re: 今日は本当にすみませんでした

>サラダルままさん
ダル君が優しいワンちゃんであることは、よく解っています。
逆に、優しいダル君が突然あのような行動をしたので、大変驚きました。
あとでアレックスパパさんにお聞きした内容から類推すると、ダル君は、アレックス君と遊ぶ時と同じようなことをミシェルに対してもしたのかもしれませんね。
もしそうだとすると、ミシェルもカリーノパパも、そのような遊び方を知らなかったので、恐怖を感じてしまったのかもしれません。
今度は、もう少し優しい方法で遊べるといいですねv-410

Re: 犬が首筋をくわえるのは上位の犬が下位の犬をたしなめるためです

>さくらさん
いつも読んでくださり、ありがとうございます。

さくらさんが言われる犬同士の躾や教育的指導については、カリーノパパもよく存じております。
しかし、今回の場合は、当時の状況から判断して、その類ではなかったと思います。

あとで、アレックスパパさんにお聞きしたことから類推すると、まだ若いダル君は、アレックス君に対して行っているようなダル君流の遊び方をミシェルに対しても行った可能性があるのかもしれません。
もしそうだとすると、そのような遊び方をしないミシェルが、ショックを受けたとしても致し方の無いことだと思います。

Re: No title

>勘太―モモのママさん
お蔭様で、胸水の量も減って来ました。
この調子で更に回復して行ってくれることを願っています。

ミシェルは、又怖い思いをしてしまいました。
引き離した直後からしばらくは、ショック状態で、カリーノパパが呼んでも、全く反応を示しませんでした。
ダル君は基本的に優しい子なので、このような突然の行動に、大変驚きました。
仰るように、出血するような怪我が無かったことは幸いでした。
グレートデンに対して、トラウマにならないことを願っています。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング