身延山久遠寺(2/2)



日蓮大聖人の御廟と御草庵旧跡は、道路を隔てた西谷という所にあります。



この建物は、拝殿です。

周辺には塵一つ無く、敷き砂利も完璧に整備されています。



拝殿を過ぎると、大変立派な石橋があります。



石橋の下には、このような渓流があります。



階段の上にある建物の後ろ側に御廟があります。



正面に見えるのが、日蓮大聖人のお骨が納められている御廟です。



1281年、日蓮大聖人により「身延山妙法華院久遠寺」と名付けられました。

日蓮大聖人は、1282年9月に湯治療養のため加倉井の温泉と小湊の両親の墓参りに向かう為に身延山を下りました。

途中、信徒であった武蔵国の池上宗仲邸(現在の東京都大田区本行寺)にて病状が悪化し、同年10月13日に亡くなられました。

「いづくにて死に候とも、墓をば身延の沢にせさせ候べく候」との日蓮大聖人の遺言に従い、遺骨は身延山に祀られました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

800年近く前に、ここに日蓮聖人が居たと想像するだけで感慨を覚えます。
現代のお坊さんと違って、大変厳しい修行を積まれたのでしょうね。
どこで自分が死んでも、墓を身延山につくって欲しいという願いが心に響きます。

No title

本当に、800年の時の流れを感じます。日蓮大聖人の
思いが大切にされていて、胸を打たれました。

広大な敷地と深い緑、美しく保たれた建物と環境、ここに
身を置いてみたくなりました。

Re: No title

>ショコラさん
仰るとおりですね。
カリーノパパも「ここに日蓮聖人がおられたのか」と思うと、感無量でした。
日蓮聖人にとって、身延山は特別の場所だったのでしょうね。

Re: No title

>勘太―モモのママさん
「800年前に、ここに日蓮聖人がおられたのだ」と考えるだけで、胸に迫るものがありました。

確かに、敷地の中を歩いているだけでも、身体に何かを感じるものがありました。
今でも凛とした雰囲気があるように感じます。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング