FC2ブログ

新基準でも危険な原発



福島第一原発の事故後、「国会事故調」「政府事故調」「民間事故調」「東電事故調」の4つの委員会が設置され、事故原因の究明が行なわれましたが、いずれも炉心データに基づく検証がされないまま、「事故は地震後の津波による電源喪失で冷却機能が失われ、メルトダウンに至った」と結論づけられました。



しかし、「電気がなくても、人は死なない」の著者である木村俊雄さんが、「文藝春秋」の9月号で「原発のメルトダウンは津波でなく、その前の地震によって引き起こされた」と告発されました



木村さんは1983年に東電に入社し、最初の配属先が福島第一原発でした。

その後、新潟原子力建設所、柏崎刈羽原発を経て、1989年から再び福島第一原発勤務となりました。

2000年に退社するまで、燃料管理班として12年間も原子炉の設計・管理業務を担当してきた「炉心屋」です。



木村さんは、「メルトダウンなどの原発事故を検証するには、炉心の状態を示すデータが不可欠だ」と言います。

ところが、炉心データに基づく検証がされないまま、「事故は地震後の津波による電源喪失で冷却機能が失われ、メルトダウンに至った」と結論づけられてしまったのです

何故、このように拙速な判断がなされてしまったのか 

その原因は、当初、東電が炉心データを事実上隠蔽していたからだといいます。



そこで木村さんは、東電に「炉心流量(炉心内の水の流れ)」に関するデータの開示を求め、入手することができました。

そして、専門家でも解析が難しい膨大な数字の羅列をグラフ化し、事故前には原子炉内の炉心を流れる水量が毎時1万8000トンもあったのに、地震発生から90秒後、即ち津波襲来のずっと前に、水量がゼロになってしまったことを解析しました。

木村さんは、「この解析が示しているのは、地震で原子炉圧力容器につながるジェットポンプの配管が破損し、そこから冷却水が漏れ出てしまったことだ」と語っておられます。



この木村さんの解析が正しいなら、2013年に定められた原発の「新規制基準」は根本から見直す必要があることになります。

何故なら、新規制基準は、「メルトダウンは津波によって起こったが、その前の地震動では、主要な設備・機器は壊れなかった」という前提で作られたからです。

木村さんの解析が正しいなら、配管を含めて全ての設備機器の耐震基準を一から見直す必要があります。

そうなると、安倍政権が強行する原発再稼働は、時間的にもコスト的にも不可能となることもあり得ます。

しかし、こんな重大なことが、テレビなどでは全く報じられていません。

自分達にとって都合の悪いことを政府や東電が無視しようとするのは解りますが、国民に真実を伝えるべきテレビや新聞までもが無視しているのは、報道機関が安倍政権に忖度する風潮が続いているせいでしょうか。

もしそうだとしたら、「堕落」以外の何物でもありません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪