FC2ブログ

お粗末の極み



6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。

その発生直後、防災担当の大塚高司国交副大臣が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の会員制クラブ「くき田」でホステスらと酒を飲み続けていたことが「週刊文春」に報じられました。

大塚氏は竹下派の後輩議員3人と来店し、芋焼酎「佐藤」の水割りを飲んでいたといいます。

地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は「国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?」と、大塚氏に何度も声を掛けたそうです。

ところが、大塚氏は「(行かなくて)大丈夫や」と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたといいます。(居合わせた客の証言)

震度6弱以上の地震だった為、対応を「非常体制」としていた国交省。

事態の発覚を恐れたのか、大塚氏は、翌19日以降「俺は、あの日、飲んでないよな?」などと周囲に念押ししていたそうです。

災害に際し、国民の命を守るべき防災担当の国交副大臣が、災害が起こっていることを知りながら、ホステスと一緒に酒を飲み続けていたというのですから、開いた口がふさがりません。

大塚氏は、政務官就任前の2013年8月に、大阪市内で飲食店従業員の知人女性を殴って軽傷を負わせた事件で、大阪府警に書類送検されているという過去もあるそうです。

こんな人が防災担当の国交副大臣というのですから、この人達の給与(税金)を払っている国民は浮かばれません。



そういえば、2016年9月には、こんなシーンがテレビで放映されました。

内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官として、同月1日に岩手県岩泉町(台風10号の被災地)を訪れた務台俊介議員は、長靴も履いていなかった為、被災現場の水溜りを職員におんぶされて渡るという大失態をしでかしました。

被災地の悲惨さを予測できなかったとしたら、復興大臣政務官失格は当然です。



上の写真は、2018年7月5日の夜、赤坂の議員宿舎で行われた自民党議員の宴会「赤坂自民亭」の様子です。

安倍首相、岸田党政調会長、小野寺防衛大臣ら自民党議員が仲むつまじく杯を上げているのですが、この時、既に近畿、四国、北陸地方などで豪雨災害の危険が高まっていたのです。

まさに未曽有の豪雨災害が起き始めている時に、被災者救出や災害復旧に前面に立つべき首相や防衛大臣ら政府与党の首脳が、どんちゃん騒ぎの酒盛りをしていたのです。

首相官邸で関係省庁の情報を集めて指示を飛ばすべき役割の西村官房副長官に至っては、午後10時過ぎ、宴会の写真をツイッターに添付して「和気あいあいの中、若手議員も気さくな写真を取り放題!まさに自由民主党」などと呑気なつぶやきをしていたのです。

自民党総裁である首相がこの程度ですから、他の自民党議員のレベルは推して知るべしと言ったところでしょうか。



メディアは殆ど報じていませんが、全自民党議員に参議院選挙用としてトンデモナイ本が配布されたというからビックリです。

本の題名は、「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」です。

ある自民党議員は、「10日頃、本部から突然、たくさん送られてきたんだ。党所属の国会議員には全員配っているんじゃないかな。選挙での演説の参考にしろということでしょう」と語っています。

全部で150ページ近くあり、中身は「野党攻撃」に終始しています。

例えば、「トンデモ野党のご乱心」なる第一章では、「立憲民主・枝野代表の無責任を嗤う」と題して、「辺野古移設への反対活動には過激派も入り込んでいます。枝野氏は、革マル派活動家が浸透しているとされるJR総連などから献金を受けており、革マル派に近いといわれています」などと記載しています。

こんな下品な本を所属議員に配布して、かえって自民党本部のレベルの低さが明らかになったのは皮肉です。



本の中には、安倍首相と野党の党首らしき人物の顔のイラストも描かれています。

安倍首相らしき人物のイラストは、現在の顔とはほど遠い若々しい顔が描かれています。

一方、野党の党首と思われるイラストは、露骨なほど醜悪に描かれています。



あまりにも下品でお粗末な内容の本を配布され、自民党議員の中にも困惑が広がっているようです。

そして、自民党議員の中には「こんな本もらったら、かえって選挙に不利になっちゃう」と嘆いている人もいるようです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪