FC2ブログ

ロンドン、人生はじめます



先日、レンタルDVDで「ロンドン、人生はじめます(原題:Hampstead)」という映画を観て、爽やかな気持ちになりました

2017年封切のイギリスの映画で、ロンドンのハムステッド(Hampstead)で起きた実話を基に製作されたロマンチック・コメディです。

主演は、映画「アニー・ホール」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したダイアン・キートンとイギリス映画界が世界に誇る実力派俳優のブレンダン・グリーソン(ハリーポッターなどにも出演)です。

ミシェルのお父さんは、普段はアクションものの映画を好むのですが、この時は「Hampstead」という文字に懐かしさと興味を感じ、この映画のDVDを借りることにしました



上の写真が、ロンドンの北側にあるハムステッド(Hampstead)です。

ハムステッドはロンドンの高級住宅地で、昔から小説家や詩人や俳優さん達が多数住んでいました。

お洒落なお店も多く、ここで映画「007」のボンド役をしていたピアース・ブロスナン夫妻を見かけたこともあります

ミシェルのお父さんは、ロンドン勤務当時、ハムステッドと隣駅のゴールダーズ・グリーンの中間に住んでいました。

Aお姉さんとYお姉さんの通った学校がハムステッドにあったこともあって、毎日のように来ていました。



ハムステッドの隣には、ハムステッド・ヒースという広大な緑地(国立公園)があります。

広さは、日比谷公園の20倍もあります

自然のまま保存されており、キツネやタヌキやハリネズミやリスなどが生息しています。



上の白い建物は「ケンウッド・ハウス」と呼ばれ、17世紀に建てられた貴族の館で、現在は、フェルメールの「ギターを弾く女」やレンブラントの晩年の「自画像」などが展示されている美術館として公開されています。

ケンウッド・ハウスはハムステッド・ヒース北側にあり、この前の緑地で、毎夏、野外コンサートが開催されています。



ハムステッド・ヒースの周辺(ハムステッドから隣のハイゲートにかけて)には、上の写真のような高級住宅が建ち並んでいます。

ハムステッド寄りには高級フラット(日本のマンションに相当)もあり、映画の主人公の女性エミリーも住人の一人でした。



ハムステッドの高級フラットで暮らすアメリカ人の未亡人エミリー(ダイアン・キートン)は、悠々自適の一人暮らしとはいかず、夫亡きあと発覚した浮気や借金のこと、減っていく貯金のこと、老朽化したフラットの修繕費用のこと、上辺ばかりの近所づきあいなど、お金や生活の様々な問題に直面していました。



ある日、エミリーが屋根裏部屋の窓から双眼鏡でハムステッド・ヒースを眺めた時、偶然にも、髭もじゃの男が暴漢に襲われるのを目撃してしまいます。

翌日、ハムステッド・ヒースの森の中を訪れたエミリーは、手作りの粗末な小屋で17年間暮らしているというドナルド(ブレンダン・グリーソン)と出会います。

ハムステッド・ヒースの一角をホームレスとして不法占拠していたドナルドは、ここに高級フラットを新築しようとする不動産会社の標的となり、立ち退きを迫られたり、嫌がらせに遭っていたのです。

そんな事情もあって、他人を警戒し拒絶するドナルドに、エミリーも最初は拒絶感を抱きます。

しかし、小屋の外でのディナー、気ままな読書、森でのピクニック、池での魚釣り・・・と、余計な物を持たずに手作りの暮らしで満足しているドナルドの温かい人柄に触れ、エミリーは次第に惹かれていきます。



上の写真の男性が、ドナルドのモデルとなったホームレスのハリー・ハローズです。

ハリー・ローズは、1936年生まれのアイルランド人で、1950年代にロンドンにやって来ました

最初はハイゲートにある公営住宅に住んでいたのですが、1987年にそこを追い出され、ハムステッド・ヒースにある老人ホーム跡地に掘っ立て小屋を作り、暮らすようになりました。

近くに住むのは、シンガーソングライターのジョージ・マイケルやブルネイ国王といった超有名人です。

ハリーは、こういった御近所の人達から雑用を請け負っていたのです。

ところが2005年3月、長年暮らしていた場所を突然追い出されそうになったハリーは、弁護士に相談し、裁判で争うことになりました。

ハリーが他の誰からも土地の所有権を主張されることなく20年以上暮らしてきたことが証明され、裁判所は彼が住んでいる場所の土地(約800㎡)の所有権を認め、ハリーの勝訴となりました。

突然、ホームレスから資産家(時価200万ポンド、当時で約4億8000万円)となったハリーでしたが、インタビューに答えて「この土地の金額なんて、どうでもいいんです。私は自分の住む所が必要だっただけなんです」と語り、その言葉通り、それまで通りのつましい暮らしを変えず、2016年に88歳で亡くなりました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪