FC2ブログ

影絵の森美術館(1)



美しい紅葉や渓谷で有名な昇仙峡に行くに当たって、ミシェルのお父さんのもう一つの楽しみは、藤城清治さんの作品が見られる「影絵の森美術館」を訪れることでした。

渓谷沿いを散策したあと、仙娥滝の近くにある「影絵の森美術館」に行きました。

美術館にしては珍しく、ここはワンちゃんも同伴することができます。

但し、抱いて見学できるワンちゃんに限られているので、ミシェルはお母さんと外で待っていてもらいました。



上の人物が、「世界的影絵の巨匠」と言われる藤城清治さんです。

昇仙峡にある「影絵の森美術館」は、藤城さんが自ら監修・設計された世界で最初の常設影絵美術館で、ギネスブックにも掲載されています。



美術館の中に入り、階段を降りていくと、中は真っ暗です。

作品がより美しく見える様に、自然光の入らない地下に展示室が設けられているのです。



幻想的な音楽が静か に流れる中、ファンタジックに浮かび上がる作品を見ていると、なんだか不思議な感覚に引きずり込まれます。



影絵は、トレーシングペーパーをベースに、その上に切り抜いた紙を重ねていき、後ろから照明を当てて絵を浮かび上がらせます。

紙の重ね具合によって、光の透過具合が変わり、その光の美しさと透明感が影絵の魅力となっています。



原画を見ることによって、印刷では見る事ができない影絵独特の光のムードや、優しい雰囲気を満喫することができました。

素晴らしい作品を見学でき、来て本当に良かったと思いました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪