fc2ブログ

改革が必要なのは政界



先日、アメリカのフロリダ州パークランドにある高校で、再び銃の乱射事件が発生してしまいました。

犯人は同校の元生徒で、17人もの尊い命が奪われました。



犯人は、AR‐15という自動小銃を使用したようです。

AR-15は、アメリカ軍などで使用されているM16がアーマライト社で開発された時の製品名です。

現在は、セミオートに改造された市販品のみに、この名称が使用されています。

AR-15は、アメリカ軍などが使用するM16からフルオート機構を外してありますが、基本的に構造は同じで、殺傷能力が大変高い銃です。



AR-15は、ユージン・ストーナーという人物によって開発されましたが、元々は口径7.62mmの銃弾が使用されていました。

しかし、少しでも多くの弾丸を装填・携行できるようにという理由から、口径5.56mmの銃弾に変更されました。

口径を小さくすることによって、発射時の反動が小さくなるとか、防弾着に対する貫通能力がアップするといった効果もあります。



アメリカでは一般市民でも銃を購入することができますが、ラスベガスなどでは面倒な手続きが殆ど無くて購入できます。

価格はガンショップによってマチマチですが、AR-15のような自動小銃でも6万円位(最安値)から販売されています。

アメリカには、ガンショップ(リテイラー)が51,438店(2012年)もあり、ホームセンターのような場所にも出店しています。

日本国内のコンビニ店舗数が51,814店(2014年)ですから、いかにガンショップが多いか想像できます。



事件後、トランプ大統領夫妻が、被害者が入院している病院を訪れたそうですが、その際に笑顔を振りまいたことで、大ひんしゅくを買ったそうです

そう言えば、メラニア夫人は、ハリケーンの被災地を訪れた時にハイヒールを履いていて、大ひんしゅくを買ったこともありました



トランプ大統領は、高校の生徒達をはじめ銃乱射事件の生存者をホワイトハウスに招きました。

その場で、大統領は「教師が銃で防戦すれば、乱射事件はたちまち終わるかもしれない」と語りました

銃の販売を見直すのではなく、トランプ大統領は「教職員に銃で武装させるべきだ」と言うのです。

この「学校襲撃に備えて教職員に武装させる」という案は、銃の保有権を強力に推進する圧力団体である「全米ライフル協会(NRA)」が長く主張している案でもあります。

全米ライフル協会からは、政界に巨額の政治献金が流れていますから、彼らを困らせるような規制を行なえないことは容易に察せられます。

ちなみに、ブッシュ元大統領も全米ライフル協会の会員です。

しかし、教職員が銃を持ったからといって簡単に人を撃てるはずもなく、そのようなことが、「徴兵逃れ」をしたと言われるトランプ大統領には理解できないのでしょうね。

そんなお粗末なトランプ大統領に恭順する安倍首相は、誤りだらけのデータをもとに「働き方改革法案」なるものを強行採決しそうですが、今、最優先で改革が必要なのは「政界」のように思えてなりません

国民にとって、不適格な人物が国家権力を握ることほど不幸なことはありません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪