物言わぬ日本



できれば楽しい話題を書きたいと思っているのですが、今の日本には政治屋や役人がらみの不正が多過ぎ、国民の一人として目を背ける気にはなれません。

という訳で、本日も森友学園への国有地払い下げに関する疑問を書かせていただきます。



森友学園は、新設する私立小学校の用地として2015年5月に近畿財務局から8,770㎡の国有地を借り受け、2016年3月24日に「この土地を買い取りたい」と申し出ました。

この土地を管理していた大阪航空局は2009年から地下に埋設物があることを把握しており、土地の一部に基準値を超える鉛やヒ素が含まれることも認識していました。

そして、森友学園は、2016年4月6日に埋蔵物撤去にかかった費用として約1億3200万円を大阪航空局から受領しましたが、同時に「想定以上の深さまで埋蔵物がある」と主張しました。

これを受けて、近畿財務局は大阪航空局に埋蔵物の除去費用の積算を求め、19,500トンの土壌搬出費用として約8億2,000万円(値引き分)が算定されました。

つまり、除染・埋蔵物撤去費用として、総額約9億5,200万円と算定されたことになりますが、近畿財務局も大阪航空局も実際の埋蔵物を確認した訳ではないというから驚きます

一方で、2016年6月の土地の売買契約で、近畿財務局は土地価格を9億5,600万円と評価しましたので、除染・埋蔵物撤去費用の総額約9億5,200万円を差し引くと、8,770㎡もの国有地がたった400万円程で払い下げられたことになります(民進党の作成資料では200万円)

しかも、森友学園以前に、他の学校が「7億円で土地を購入したい」と申し出た時には、近畿財務局は「価格が低すぎる」として売却を断っているのです

また、近くの国有地を払い下げてもらった企業は、除染・埋蔵物撤去費用は自己負担になっているようです

更に驚くのは、19,500トンの土壌搬出費用として約8億2,000万円が値引かれたにも関わらず、実際には3,500トンの土しか掘られず、その内2,500トンの土だけが敷地外に搬出され、残りの1,000トンの土は敷地内に埋め戻されたそうです。(実際に工事を行っている業者からの情報)

それでは、19,500トンー2,500トン=17,000トン分の費用(約7億円)は、どうなってしまうのでしょうか



除染・埋蔵物撤去費用の算定や実際の土壌搬出量について、疑問だらけの国有地払い下げですが、こんなに短期間に見積りや売買契約が行われたことも極めて不自然です。

共産党の志位委員長は「異常で奇怪な取引であり、政治家の関与なしにこういうことは起こり得ない」と述べていますが、まさにそのとおりと思われます。

そんな疑問だらけの国有地払い下げですが、麻生財務大臣は、いつものように口をゆがめ、他人を小ばかにしたような態度で「適正な手続きによって処分を行ったものだと、私どもはそう考えております。我々政治家が、不当な介入があったかのごとく話を持って行きたいように聞こえますが、そういったことはありません」と言いました。

更に、麻生財務大臣は「売却相手方が適切に撤去したと。考慮して評価された時価で売却済み、契約上も確認の必要はない」と再調査することを拒否しました

そんな麻生財務大臣に対して、ミシェルのお父さんは「麻生さんの土地なら、それでもいいけど、国民の財産である国有地なのだから、それでは駄目でしょ!」と抗議したいです

ちなみに、政界には、日本最大の右翼系民間団体である「日本会議」を支持する「日本会議国会議員懇談会」がありますが、安倍政権の殆どがメンバーで、安倍首相と麻生財務大臣は特別顧問、菅官房長官は副会長を務めています。

そして、森友学園の籠池理事長も日本会議の幹部であり、その籠池理事長に対して日本会議国会議員懇談会のメンバーでもある稲田防衛大臣が「自衛隊員の士気を高めた」として感謝状を出しているのです

この関係が、果たして国有地払い下げに全く影響を及ぼさなかったのか、大いに疑問が生じるところです。



日本人は、外国の人から見ると、一般的に大人しいと思われており、政治屋から見ると「コントロールし易い」国民かもしれません。

そのせいか、勝手に安倍首相がトランプ大統領の来日を決めてきても、抗議の声は聞こえてきません。

一方で、メイ首相がトランプ大統領の訪英を決めた英国では、各地で「トランプ大統領の訪英反対」のデモが行われ、議会でも「訪英中止」の審議が行われています。

アメリカも英国も二大政党で、もし政府がお粗末な政治を行うと、国民は直ぐに声をあげ、政権の交代に繋がります。

その為、政府も迂闊なことはできませんが、今の日本は自民党の一強政治が行われており、多数決で何でもできてしまうことは大いなる問題だと思えます。

やはり、駄目なものには、はっきりと「駄目!」と言える国になることが必要なのではないでしょうか。


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング