篠田桃紅さん



上の写真は、今朝の富士山です。



こちらの写真は、昨日の富士山です。

毎日見ていても、日々異なる姿を見せてくれる富士山は、決して見飽きることがありません。

何万年もの間、悠然とそびえる富士山を見ていると、些細なことに一喜一憂する人間が、小さな存在であることを教えられます。



先日、義兄から手紙を頂きました。

和紙に書かれた文章には、書家・美術家である篠田桃紅(しのだとうこう)さんのことが書かれていました。

篠田桃紅さんが、長年、富士山麓から見てこられた富士山について書かれた文章も添えられていました。



ミシェルのお父さんは、不勉強故、篠田桃紅さんのことを知りませんでした。

そこで、早速、篠田桃紅さんについて調べてみました。



篠田桃紅さんは、1913年にお生まれになり、現在は103歳になられます。

5歳頃から父親に書の手ほどきを受け、その後の女学校時代以外は、殆ど独学で書を学ばれたそうです。

1956年に渡米され、抽象表現主義絵画が全盛期のニューヨークで作品を制作されました。

文字の決まり事を離れた新しい墨の造形を試みられ、その作品は「水墨の抽象画(墨象)」と呼ばれ、アメリカで高い評価を得ました。

そして、2005年には、ニューズウィークの「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれています。



作品の特徴としては、和紙に墨・金箔・銀箔・金泥・銀泥・朱泥といった日本画の画材を用い、限られた色彩で多様な表情を生み出しています。

篠田桃紅さんは、普段は東京にお住まいですが、暑い夏の間は、富士山麓にある別荘でお過ごしになられるようです。

その別荘から富士山を御覧になっておられたのでしょう。

篠田桃紅さんのことを教えて下さった義兄に感謝です。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング