fc2ブログ

シェリー永眠



今朝6時42分、シェリーが天寿を全うしました。

あと1ヶ月程で16歳の誕生日を迎えるシェリーでしたが、誕生日を祝うことなく旅立ってしまいました。

我が家の娘になった生後2ヶ月の頃から優等生のシェリーでしたが、犬生を終える瞬間まで親に面倒をかけることもなく、優等生を貫き通したシェリーでした。

犬の十戒の10番目「最後のその時まで一緒に側にいて欲しいのです」を守ってあげられて、本当に良かったと思います。

8歳5ヶ月で亡くなったカリーノの時とは異なり、シェリーの場合は、最後のお別れの時を覚悟する時間がいっぱいあったにも関わらず、愛する我が子を亡くした悲しみの大きさが変わることはありません。

2000年にロンドン勤務を終えて帰国後、お父さんは長かった海外勤務から国内勤務に変わり、それから定年退職するまでの12年間は、あまり楽しい会社勤務とは言えませんでした。

そんな時、お父さんは、優しいシェリーの存在に、いつも癒されていました。



昨日の午前5時頃から体調が急変し、その後は、お父さんが今朝まで横に付き添っていました。

上の写真は、お父さんの膝の上で眠るシェリーです。

この時点で身体の力は無くなり、食事をとる元気も無くなっていました。



お父さんに抱かれて眠るシェリーの異変を感じたのか、隣にシェリーの娘のアンジェとミシェルが寄り添ってきました。



シェリーの定位置だったソファーに横たえると、もう余り体力も気力も無いはずですが、目を開けて、お父さんに元気な姿を見せようと頑張ってくれました。



写真を撮ろうとすると、「お父さん、な~に?」というような可愛い顔も見せてくれました。

16歳というと、人間の100歳位に相当しますが、シェリーは、耳が遠くなって足が少し弱ってきただけで、白髪も殆ど無く、まだまだ若々しく見える子でした。



ほんの2~3日前には、ミシェルと頭をくっつけて、ソファーで眠っていたシェリーでした。

そんな元気だったシェリーが、今は眠ったまま起きてくれません。

シェリーのことを想い出すのは、何故か河口湖でも横浜でもなく、帰国直後の3年間を過ごした東京の町屋での出来事です。

2駅先に居られた有名なシェルティ―のブリーダーさんからシェリーを譲って頂き、シェリーを普通のバッグに入れて電車で連れ帰ったのですが、途中で、シェリーが「ク~ン、ク~ン」と泣いたのを今でも鮮明に覚えています。

でも、泣いたのは、その時だけで、直ぐに慣れて家族の一員になりました。

散歩や遊びは、近くの荒川や隅田川や工場跡地の広大な公園でした。

幼い頃のシェリーは、鬼ごっこが好きで、お父さんが捕まえようとすると逃げ、お父さんが遠ざかる振りをすると追い駆けて来ました。

でも、お父さんの姿が見えなくなるほど離れることは決してありませんでした。

お父さんが町屋駅前の本屋さんまで行く時は、いつも一緒に来て、本屋さんの入口前でお利口さんに待っていてくれました。

シェリーを家族に迎えることになった直接的な理由は、YUKIお姉さんの願いでした。

ロンドン勤務の最後の頃に、YUKIお姉さんが「犬を欲しい」と言ったのです。

お父さんが、YUKIお姉さんに「それじゃ、まず犬の勉強をしなさい」と言うと、それからYUKIお姉さんは犬について書かれている本を色々読み始めました。

お蔭で、ロンドン勤務が終わる頃には、YUKIお姉さんの犬の知識は大変豊富になりました。

そこで、日本に帰国した後、YUKIお姉さんとの約束を守るべく、シェリーを家族に迎えることになったのです。

今、YUKIお姉さんは東京で暮らしていますが、たまたま今日と明日、休暇が取れて河口湖の家に来ることになっています。

丁度、そのタイミングに合わせるかのように、シェリーは旅立ちました。

YUKIお姉さんは、残念ながら、シェリーの死に目に会うことはできませんでしたが、幸いにも、シェリーの火葬には参列することができます。

カリーノもYUKIお姉さんがオーストラリアに出かける直前に亡くなりましたが、そのお蔭でYUKIお姉さんはカリーノの火葬に参列できました。

このことから、愛する者同士の不思議な縁を感じます。

シェリー、心の底からありがとう。

お父さんは、シェリーが娘になってくれて、本当に幸せでした。

シェリーは殆ど外泊の経験は無く、家に居る時も外出する時も、常に家族と一緒に過ごしました。

特に、お父さんが定年退職して家に居るようになってからは、24時間、お父さんにくっついていました。

お父さんの話す言葉をよく理解し、躾らしい躾をしなくても、お利口さんのシェリーでした。

そのせいで、お父さんには、シェリーを叱った記憶がありません。

生来、気が優しく、「人間がシェリーを噛むことはあっても、シェリーが人間を噛むことは無い」と思えるシェリーでした。

シェリーは、100点満点の家庭犬でした。

大きな病気もせず、極めて穏やかな一生を送ったシェリーでした。

もしシェリーが「私、お父さんの娘になって幸せだった」と思ってくれていたとしたら、父親として、こんなに嬉しいことはありません。

シェリーは、今晩、お父さんと一緒に寝て、最後のお別れをし、明朝、お空に向かって旅立ちます。

明日からは、カリーノと一緒に、お空から家族を見守ってくれることと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト



テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪