fc2ブログ

日本の再軍国主義化

日本国憲法の第9条は、憲法前文と共に三大原則の1つである平和主義を規定しており、第1項で「戦争の放棄」、第2項前段で「戦力の不保持」、第2項後段で「交戦権の否認」を謳っています。

世界平和という観点では、大変素晴らしい憲法だと思います。

そして、「第二次世界大戦を繰り返さない」という日本の強い決意を表しているのだと思います。



しかし、安倍首相は、今、憲法改正を目指しています。

憲法9条に関して言えば、再び「戦争ができる日本」に変えようとしています。

アメリカが、イラクやシリアを攻撃すると決めたら、たとえ国連の承認が無くとも、かつ大量破壊兵器や化学兵器の存在が証明されなくても、アメリカの意思を指示してしまいます。

そして、安倍首相の私的懇談会「安保法制懇」の座長代理は、多国籍軍参加などの自衛隊の活動を広げられる憲法解釈を提言する方針とのことです。



しかし、日本の軍国主義化を恐れて、憲法改正に反対する人は大勢います。

そんな風潮をあざ笑うかのように、麻生元首相・現副総理は「ナチス政権下のドイツでは、憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口、学んだらどうかね」と言い放ちました。

ちなみに、彼の過去の発言を振り返ると・・・

• 衆議院選挙に初出馬した1979年の演説で登壇して開口一番、支援者に対して「下々の皆さん」と発言

• 当選後に「将来の総理大臣」というマスコミに対して、「年寄り代議士が何人か死ねばね」と応える

• 1983年、高知県議選の応援演説にて「東京で美濃部革新都政が誕生したのは、婦人が美濃部スマイルに投票したのであって、婦人に参政権を与えたのが最大の失敗だった」と発言

• 総務大臣在任中の2005年、開館した九州国立博物館の開館記念式典での来賓祝辞の中で「一文化、一文明、一民族、一言語の国は、日本の他には無い」と発言。しかし、同博物館の展示内容は、日本とアジアの交流の歴史から、文化の多様性を示すものであった

• 2008年、JR名古屋駅前での自民党総裁選候補としての街頭演説の中で、前月に岡崎市など愛知県内で3人の死者を出した豪雨に関して、「岡崎の豪雨は1時間に140ミリだった。安城や岡崎だったからいいけど、名古屋で同じことが起きたら、この辺全部洪水よ」と被災地域を軽視した発言を行う

• 同じ党内の議員に対して「野中のような部落出身者を日本の総理にはできないわなあ」と発言

などなど、彼の無知と傲慢さを示す発言には、事欠きません。



日本が、長崎級の原子爆弾を5,000~7,000発製造できるプルトニウム44.3トンを国内外に保有していることが明らかになりました。

更に、青森県六ヵ所村の使用済み核燃料の再処理工場を稼動すれば、工場稼動年数の40年間、毎年8トンのプルトニウムを抽出し、計320トンのプルトニウムをさらに保有することになります。

これは長崎級の原爆を5万発製造できる量です。

こうした中、プルトニウムを燃料として再利用するという日本の原発政策は進展がなく、何の対策もなくプルトニウムだけが増えています。

このような状況に対して、アメリカをはじめ諸外国は、強い懸念を示しています。



日本では、少し前まで、北朝鮮の核ミサイルのことが懸念されていました。

そして、最近では、エコロケットとして「イプシロン」が話題を呼びました。

しかし、韓国や中国をはじめ諸外国は、日本の新型ロケット「イプシロン」について、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)への転用が可能」とし、「日本のロケット開発が兵器化を視野に入れたものである」と見ています。



少し前に、ヘリコプターを搭載する空母(自衛隊は刺激を恐れて、護衛艦と呼んでいますが)「いずも」が完成し、進水式が行われました。

海上自衛隊史上最大の艦船となり、基準排水量19,500トン、全長248m、全幅28mという大きさです。

日本の軍国主義化を恐れる国々は、「この空母は、通常の戦闘機が離着陸できる空母に改造可能」と考えています。



これは、日本の次期主力戦闘機として有力候補になっているステルス型戦闘機のF‐35です。

専守防衛であるはずの日本が、何故、ステルス型戦闘機が必要なのか疑問ですが、F-35の1機あたりの価格は、150億円とも180億円とも言われています。

そして、短い滑走路や甲板の上でも運用可能なF-35Bを、海上自衛隊のヘリコプター搭載空母「いずも」に配備することも検討されているようです。

また、ヘリコプター搭載空母の上でも運用できる別のタイプの機種(オスプレイ?)についても、導入が検討されているそうです。

安倍首相は、遅かれ早かれ憲法改正を無理押しすると思われますが、自衛隊の方では、既に、着々と軍事力の強大化に向けて進んでいます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト



テーマ : 戦争
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪