日本の勘違い



先日、サッカーのクラブワールドカップが日本で開催されました。

優勝したのは、ヨーロッパ王者のバルセロナで、メッシの華麗なプレイに多くの人が驚嘆しました。

ミシェルのお父さんは、メッシの創造的なプレイを見て、「10年経っても、メッシのような創造的なプレイを出来る日本人選手は出て来ないだろうな」と思いました。



その理由は、日本の教育方法にも関係しているように思います。

日本の場合、まず形を教え込み、子供自身が考えることを奪っているように思います。

散歩の途中、時々、野球少年達がランニングをしている光景を見かけます。

少年達は、恐らく、コーチから「走れ」と言われたから、ただ黙々と走っているのだと思います。

少年達は、恐らく、「走ることが、野球のどの部分の役に立つのだろうか?」とか、「野球の為に、どのような走りをするといいのだろうか?」などとは考えずに走っているように思えます。

学校の勉強においても、日本では「何故?」と考える子供より、公式を手早く覚えてしまう子供の方が良い成績をあげられるのです。

そして、「何故?」と考える子供は往々にして落ちこぼれ、暗記力に長けた子供が「頭が良い」と評価されてしまう傾向が強いように思います。

その結果、言われたことは誠実にやるが、想像力豊かな思考や行動は不得手な子供が増えていくように思います。

もしメッシやアイザック・ニュートンが日本に居たら、落ちこぼれになっていたかもしれません。



また、日本人は、周りの人の目を非常に気にする傾向が強いように思います。

そして、他の人がすることに「右に倣え」して、金太郎飴的な人生を歩む傾向が強いようにも思います。

典型的なケースが、「一流と呼ばれる学校に入り、大手と呼ばれる会社に就職し」といった感じです。

しかし、「それで本当に幸せになれるのか?」と言えば、ミシェルのお父さんは疑問に感じています。

日本では、大企業の部長になっても、「部下はいない」、「個室は無い」、「定年後も働かなくてはならない」というケースは珍しくありません。

日本の親達も、そろそろ考え方を変えるべき時期に来ているように思います。



日本では、野田政権が「定年を過ぎても65歳まで再雇用を義務付け」などと言っていますが、勘違いも甚だしいと思います。

定年延長することが、まるで「政治の手柄」のように考えているように思えますが、本来は、「定年でリタイヤしても生活に困らない世の中」にすることが、政治の役目だと思います。

英国では、早い人は、50歳位からリタイヤする人もいます。

英国人の一つの夢でもありますが、老後に茅葺きの古い家を買い、趣味を兼ねて、自分の手でコツコツと改装していきます。

日本では、古くなった家は解体される運命にありますが、それとは、状況が大きく異なります。



英国では、リタイヤした老夫婦が、仲良く手をつないで散歩している光景を目にします。

定年後、「家に居ると、粗大ゴミ扱いされるので、会社に行く」と言う日本人とは、大きく異なります。



日本人は、「絶えず何かしていないと落ち着かない」という傾向が強いように思います。

しかし、ヨーロッパでは、美しい景色を眺めながら、一日をゆったりと過ごす人達をよく見かけます。

美術館に行き、好きな絵の前に座って、一日を静かに過ごす人も見かけます。



日本では、ゴルフは贅沢な遊びですが、英国では、気楽なコミュニケーションの場となっています。

老夫婦が、仲良くゴルフをしている光景を、よく目にします。

老人が、愛犬を連れてゴルフしている光景も目にします。

英国の一流企業の重役をしていたミシェルのお父さんの友人は、50歳過ぎに会社をさっさと辞め、好きなゴルフを毎日して楽しく暮らしています。

70歳、80歳を過ぎても会社にしがみつき、しかめっ面をしている日本の重役さんとは、大きく異なります。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング