ずっとそばに・・・

テレビで「熊が人里に現れた」というニュースを目にする度に、ミシェルのお父さんは、心を痛めています。

テレビのアナウンサーが、まるで「凶暴な熊が人里に現れ、人間を襲いかねない」といった論調でニュースを伝えているからです。

ミシェルのお父さんは、「ちょっと待って!それは、少し違うんじゃないの」と反論したくなっちゃいます。

元々、熊が住んでいた所に侵入して来たのは人間だし、熊の餌がなる樹木を伐採してしまったのも人間だと思うのです。

むしろ、人間は熊に感謝し、一緒に共存させていただくことに感謝すべきだと思うのです。

しかも、熊は、むやみに人間を襲ったり、食べたりはしないのですから・・・



英国のエジンバラに住むやっこさんが、とても素敵な本を紹介してくれました。

本のタイトルは「ずっとそばに・・・」で、いもとようこさんの作品です。

やっこさんの御了解も得られましたので、皆さんにも御紹介したいと思います。



人間達が、山に侵入して来ることにより

住んでいた土地が狭まり、木々が倒され、食べ物が無くなり



子供達の為に、危険を覚悟で山を降りる熊



日本の熊は、人間を襲って食べたりはしない



けれど

人間は、熊を目撃しただけで捕獲し、捕殺する



捕獲されても、山には二度と帰れない

親熊を山で待つ、腹を空かせた子供達も死んでしまう



冬の到来を前に

冬眠を前に

食料を探し歩く熊



食べるものにありつけずに

彼らの生活を脅かす人間の手で

殺される



ただ、生きる為に

ただ、種の存続の為に

生きる彼ら・・・


作者のいもとようこさんも、次のように語っておられます。

熊が出没、人間を襲った・・・ 
というニュースを聞く度、私は胸が痛みます。
熊が住む山に人間が侵入し、木は切られ、家がどんどん建てられています。
山の動物達は、どこに住めばよいのでしょうか?
人間も動物も同じ生き物です。
人間の命、動物の命、どちらの命も同じ命です。
人間と動物が共存できるよう・・・ 
私達は、考えねばなりません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング