菊水号と兵隊物語

こんにちは、ミシェルです!

ミシェルのお父さんは、今、「さよなら、アルマ」という本を読んでいます。
戦場に送られた犬の物語です。
ドラマ化され、最近、NHKで放送されたので、御存知の方も多いと思います。

この本の中で、戦争中に「菊水号と兵隊物語」という紙芝居があったことが書かれています。
神戸軍犬学校が制作し、軍犬であった菊水号の戦場での活躍が描かれています。

戦争を体験していないお父さんは、実際に軍犬を見たことがありません。
そんなお父さんは、「軍犬の菊水号って、どんな犬だったんだろう?」と興味を抱きました。

本日は、お父さんが知った「菊水号と兵隊物語」という紙芝居を御紹介いたします。

kikusui (1)

私たちが、こうして平和に楽しく毎日毎日を送っている時にも、大陸では、夜を日についで兵隊さん達は、山に海に聖戦を続けておられるのであります。
南支邦のとある前線部隊の中に、勝村上等兵という兵隊さんがおられました。
ある日、その勝村上等兵のもとに、故郷の神戸から手紙が参りました。

kikusui (2)

それは勝村上等兵の息子さんの健吉君からの手紙でした。
「お父さん、お元気ですか。僕たち家の者は、おばあさんもお母さんも妹も僕も元気ですからご安心ください。それからお父さん、今日は嬉しいことをお知らせします。それは、お父さんが何時も可愛がっておられた「菊水号」が応召致しました。」

「えっ。菊水号が……」
「菊水号は、昨日、勇んで入隊しました。僕が見送ってやりました。きっと、菊水号も戦地へ参ることでしょう。ひょっとすると、お父さんと会う時があるかもしれませんね。では、又お便り致します。健吉より__お父さんへ。」

kikusui (3)

「そうか…。菊水号がお国のお役に立つようになったか」

「あの菊水号がな!菊水号はかわいいやつだったな。たくさん飼っていた犬を全部売って、お国の役に立つ軍用犬を飼うことにして、シェパードの子供を買って来たんだった。そうだ、あの時の仔犬が菊水号だったのだ…。賢い犬だった…」

丁度、5年ほど前の夏だったな…。わしが菊水号をつれて散歩に行って、川の端を通った時、近所の子供が川で水遊びをしていて、一人の子供が深い所にはまったのだ。
皆が騒いでいた時、ザブンと水に飛び込んでいったのが菊水号だった。
そして子供を救ってくれたのだ。
あの時は、菊水号も近所の褒められ者になったな…。

「そうか、あの菊水号がいよいよお国のお役に立つようになってくれたのか…」

kikusui (4)

勝村上等兵は故郷にいた時の「菊水号」のことを思い出していましたが、ふと我に返ると、青く澄み切った空に向かって、静かに両手をあわせて、「菊水号、きっとお国のために働くんだぞ、わしもやる。二人で十分働こう。いつかはお前と会えることもあろう。体に気をつけて働いておくれ」と心から祈り続けました。

kikusui (5)

一方、応召した「菊水号」は入隊して、しばらくの間、沢山の軍用犬と共に激しい訓練を受けました。戦場に出て、立派に役立つ軍用犬としての力を養うために訓練を受けるのでした。

命令のままに敏速に動く、警戒をする。伝令に出る。それはなかなかの訓練ではありましたが、「菊水号」は元気にこの訓練を受けました。

やがて「菊水号」は、大陸の戦地に出陣することになりました…。

kikusui (6)

「菊水号」は大陸の戦地に渡ってからも、益々勇敢に働きました。
昼は、伝令の努めを果たし、夜は歩哨の兵隊さんと共に歩哨に立って、あの鋭い目をらんらんと輝かし、敵兵一人も見逃すまじと自分の努めを果たすのでありました。

ある時のことです…。

kikusui (7)

「菊水号」の属している部隊が前進部隊となって、我軍の真っ先を進んで、山又山のけわしい道を歩き続けていました。
人も、犬も、馬もかんかん照りつける太陽の暑さとこの険しい山道にはとても苦労をしましたが、前進部隊の任務遂行する為に、全員、張り切って行軍を続けていました。

ところが…突然、四方の山の上から敵の弾がヒュッ、ヒュッと飛んできました。

kikusui (8)

その時!

部隊は直ちに防御の構えを取りました。ところが場所が谷間で、敵は山の上から撃ってくるのです。
その上…敵の数は味方の5~6倍もありました。
我が日本の兵隊さん達は、決死の覚悟で一発、一発正確に撃っていました。しかし…味方の兵力や弾丸は少ない。もしこのまま長時間戦うと全滅してしまうのです。

そこで部隊長は伝令を後の本隊に出して、連絡しようと考えられました。一人の伝令が重大な任務を以て走り出しました。

しかし…

kikusui (9)

「あっ!」
伝令の兵はバッタリと倒れてしまいました。まだ僅か100米も行かぬ先に残念にも倒れてしまったのです。
こう四方を取り囲まれては、伝令を出すことも無理なことでした。
そうしている間にも、味方の兵隊さん達の中には、無念にも敵の弾にあたって傷つく者がだんだん出てきました。

部隊長は、この有様を見ると、何とかして早く本隊に伝えなくてはと、お思いになるのでした。

kikusui (10)

「ワン!」「ワン!」
と大きくないたものがあります。菊水号です。菊水号が耳を立て、目をパッチリとあけて、部隊長を見つめているのです。

「うむ、そうだ。菊水号を伝令として出そう。」

部隊長はすぐ付添の兵隊に命令を通信紙に書かせて、いよいよ菊水号を伝令に出すことになりました。

kikusui (11)

菊水号の首にある筒に通信紙が入れられました。付添の兵隊は、菊水号に最後の水を、水筒の中から飲ませました。
「菊水号、しっかりやってくれ、走るんだぞ。お前も日本の軍犬だ!頑張ってくれ…。」と頬ずりをしてやりました。

菊水号は死にものぐるいで走り出しました。「ピュッ」「ピュッ」「ピュッ」敵の弾は菊水号めがけて飛んで来ます。「ダーン」菊水号の近くで爆発するのです。
菊水号は矢の如く走り続けました…。

kikusui (12)

菊水号は敵弾をさける為に草むらに体を伏せ、又すきを見て走り出します。木の陰、草むらをうまく使いつつ、敵から逃れようと頑張りました。やっと谷間を抜け出ると、後方の本隊へ向かって、矢の如く突進して行きました。

こうして…やっと菊水号は敵の弾の中を抜けて本隊に到着しました。菊水号のこうした勇敢なる働きによって部隊は救われ、敵をうち破ることができました。菊水号は部隊長からも、兵隊さんからも大変に褒められたのでした。

それから…部隊は更に進んで、ある部落を守っている頑強な敵にぶつかりました。本隊の命令によって、速やかにこの部落を占領しなければならないのです。敵兵は我軍少数と見るや、むやみに抵抗して攻勢にさえ進んで来るのでした。

kikusui (13)

この時、我が軍は肉弾をもって突撃することに決しました。
決死隊十数名と「神戸号」「神港号」「菊水号」の3頭の肉弾三勇犬をつのって、いよいよ肉弾突撃をすることになりました。

「突撃!進めッ」
命令一下、兵も犬も一かたまりになって、敵陣目がけて突っ込みました。
三頭の軍用犬も兵隊さんに負けてなるものかと吾勝ちに先を争って、敵陣に飛び込むなり、敵隊長、中隊長と思われる大将方の首筋や手足、所かまわず咬みついてあばれ回りました。
中でも「菊水号」の働きは目覚ましいものがありました。敵軍は我が軍の活躍のもの凄いのに恐れて浮き足立ちました。

kikusui (14)

「ここぞ」とばかりに電撃的に全軍が進んで来て、さんざん浮き足立った敵陣地に突撃しました。敵は何も彼もふりすてて総退却してしまいました。
万歳!万歳!万歳!
天地もわれんばかりの声がとどろき渡りました。日の丸の旗が美しく輝いていました。

戦いすんで、後で負傷者達を調べることになりました。

kikusui (15)

ところが!この戦いの殊勲者とも言うべき三勇犬のうち「神戸号」「神港号」は数カ所、敵弾を受けて戦死しておりました。
「菊水号」は腰に負傷して倒れていました。そこで部隊長は「菊水号」を野戦病院に送って手当を受けるようにして下さいました。
それから数ヶ月たって、菊水号は又もとの元気にかえって、第一線に立つようになりました。

kikusui (16)

菊水号の主人である勝村上等兵の部隊も、又第一線で活躍しておりました。

…ある日のことでした。
敵の大群と向かい合ったまま、勝村上等兵の部隊は夜を迎えました。
敵の頑強な守備陣地は、昼間はナカナカ陥落させることが出来ぬので、夜襲を決行することになりました。
兵隊さん達は目印の白だすきをかけて、敵陣地に迫って行きました。

勝村上等兵も他の兵隊さんと共に、無言のまま、敵に向かってぶつかって行きました。
それと知ってか、敵からの弾丸は一層激しくなりました。
真っ暗闇の中の激戦になりました。あくる朝になってさしもの頑敵もとうとう退却してしまいました。

kikusui (17)

戦いが一時おさまって仕舞うと、戦死をしたり、負傷をしたりした兵隊さんを捜索することになりました。
その捜索隊の中には軍用犬もまじって働いておりました。
菊水号も、この捜索隊の中に加えられて、小山を越え、谷を越えて、元気に活躍していました。

突然!菊水号は何を見つけたのか「ワン、ワン、ワン、ワン」と激しく吠えつづけました。
その声に驚いて、2~3人の衛生兵が急いで菊水号のそばへ走っていきました。
菊水号のそばには、一人の兵隊の体が横たわっていました。

kikusui (18)

菊水号はその兵隊の体をしきりに舐めながら、悲しそうにクン、クン泣き続けています。
「どうした、菊水号、あっ、勝村上等兵だ、おい!おい!勝村、勝村」

そこに倒れていたのは菊水号の主人である勝村上等兵でした。
よく調べてみると、勝村上等兵は右手と右足とに貫通銃傷を受け、出血多量のため、人事不省になっていましたが、衛生兵が抱き上げた時、ふっと気がつきました。

「あッ、俺は!」と勝村上等兵は立ち上がろうとしました。
とたんに…、「ワン、ワン、ワン」
主人が気がついてくれたのに喜んだのでしょう。菊水号が大きく吠えました。

「あッ、菊水号!」勝村上等兵は、我を忘れて菊水号の首を抱きしめました。
菊水号はとても嬉しそうに尾を振り振り、体を勝村上等兵にすりつけるのでした。
菊水号の喜び、又勝村上等兵も可愛がった愛犬の颯爽たる姿を見て、涙を流して喜びました。

kikusui (19)

それから間もなく、勝村上等兵は野戦病院で手当を受け、丈夫になって内地に帰還することになりました。
菊水号も、又、後から帰還することになりました。
勝村上等兵は、その日、神戸の駅まで迎えに出られたのであります。

主人にしっかり抱かれた菊水号の首輪には、皇軍の勇士の殊勲甲にあたる甲号功章が燦然と輝いていました。
もの言わぬ犬でも、よく教えられた事を忘れず、御国の為に立派な手柄をたてました。


この紙芝居に描かれた菊水号は、無事に日本に戻ることが出来ましたが、実際に戦場に送られた軍犬は、殆ど、再び日本の土地を踏むことはなかったそうです。
軍犬は、人間の命令に忠実に従い、その尊い命を戦場でなくしてしまいますが、お父さんは、そのような悲劇が二度と起きないことを願っています。


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング