FC2ブログ

世界一美しい城「Leads Castle」

今日は、久し振りに海外の話題で、「世界一美しい城」とも言われるリーズ城を紹介します。

#8204;leadscastle00

リーズ城は、イギリス歴代の女王達が多く住んだことから、「貴婦人の城」とも言われています。
また、リーズ城は、犬の首輪を集めた博物館があることでも有名です。
そのリーズ城は、ロンドンから南方に車で約1時間半くらい走った所にあります。



城の敷地は広大で、敷地の入口から城が建っている所までは、約3kmもあります。
城は、白鳥や黒鳥などが住む濠に囲まれており、陸地部分には孔雀も住んでいます。
敷地の中には、ゴルフコース葡萄園、そしてメイズ(迷路)などもあります。

城の最も古い部分は、1120年に建てられ、それ以降、代々の城主によって増改築が行われました。



有名なヘンリー8世は、第二の后アン・ブーリン(エリザベス1世の母)をヒーバー城からリーズ城に連れてきました。
ヘンリー8世は、1517年から1523年にかけて大規模な増改築工事を行い、宴会用の大広間を建造しました。
ヘンリー8世は6回結婚し、后を処刑したことでも有名ですが、城の中には、「Now Henry Ⅷ has gone. It’s perfectly safe for wives.」という文章が残っています。



リーズ城は、1522年にエドワード6世からサー・アントニーに贈られ、それ以後は王室の所有ではなくなりました。
リーズ城の最後の城主となったのは、ホイットニー家の出であるレディ・ベイリーという英国系アメリカ人でした。
1926年、彼女は26歳でしたが、重い相続税の為に城を売却することになったウィカム・マーチン家から購入しました。









レディ・ベイリーは自ら居住し、城の修復に創意をこらし、現在のリーズ城を作り上げました。
彼女は、この城の所有者としては最も長く住み、王室以上に修復や改築に力を注ぎました。
彼女は、遺言書に「この城を永久に保存し、公衆のために使うこと」と記し、現在のリーズ城は、リーズ城財団によって運営されています。

スポンサーサイト



テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪