秋の花々



アンジェとミシェルと一緒に別荘地内を散歩していると、色々な花や花実を見かけます。

上の花は、ムクゲでしょうか。

白やピンクや薄紫など、色の異なる花を見かけます。



こちらは名前は判りませんが、薄いピンク色の花です。



こちらはフジウツギに似ているような気がしますが、正確な名前は判りません。



こちらは菜の花に似た花ですが、別荘地内の彼方此方で見かけます。



これは、何という木でしょうか?

小さくて可愛いサクランボのような実を多数つけています。



こちらは、ミシェルのお家の低い方の庭にある木です。

花なのか実なのか判りませんが、愛らしいものがぶら下がっています。



こちらは、横浜の家から移植した姫リンゴです。

今年も愛らしい真っ赤な実をつけてくれました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 花のある生活
ジャンル : ライフ

鳥さんの巣箱



ミシェルが住む別荘地では、愛鳥家のオーナーさん達が、庭に鳥さんの巣箱を設置されておられます。

御近所のMさんも、そのお一人で、巣箱を御自分で手作りされておられます。

そんなMさんが、上の写真の巣箱をプレゼントしてくださいました。



無垢の板で作られており、板の表面を焼いて防腐処理もされています。

匂いのせいか、ペンキなどを塗るのは好ましくないようです。



巣箱のコーナー部分は、上の写真のように手の込んだ作りです。



コーナーの赤丸の部分は、抜けるようになっています。



赤丸部分の木を抜くと、このように巣箱の上部部分を外せます。

鳥さんが巣立ちした後、巣箱内部の清掃をすることができます。

巣箱のことを少し勉強すると、次のようなことが解りました。

1.シジュウカラなどが巣箱で産卵することが多い。

2.巣箱の入口が大きすぎると、スズメが入って来てしまうことがある。

3.巣箱は広過ぎても良くない。

4.巣箱の設置に適した時期がある。(12月~3月)

巣箱を設置する場所について、今後、検討してみたいと思います



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

想像以上の強風



台風18号は、想像以上に強風だったようです。

昨日の午後、別荘地内を散歩すると、彼方此方に強風で折れた木や枝を見かけました。



これは、昨日、見た中では最も凄まじい光景でした。

赤丸の部分が折れた箇所です。

かなり太くて高い木が2本折れていました。

ここは、数か月前に木を伐採した場所ですが、まだ建物がたっていなくて良かったです。



かなり大きな枝です。



こちらも大きな枝です。

この辺りの道路は、特に枝や葉っぱが多数散乱していました。



こちらは、木が折れて、他の木に寄りかかっていました。

建物の方に倒れなくて良かったです。



こちらも、かなり大きな枝でした。

昨日、歩いた範囲では、建物に被害は無かったように見えました。

しかし、桜の名所である新倉山の富士浅間神社では、倒れてきた大木が屋根にあたり、かなり破損してしまったようです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

冬への準備



最近は、かなり涼しくなり、落ち葉が目立つようになりました。

朝晩は、半袖のポロシャツだけでは寒く感じ、カーディガンを着る日もあります。

そこで、冬への準備として、薪ストーブの清掃をしました

上の写真は、薪ストーブの内部です。

底に溜まって固くなっていた灰は、春の間に清掃済みです。



正面のパネルを外すと、触媒が設置されている部分が見えます。

最初に、その周辺をブラシや掃除機を使って清掃します。



次に触媒を取り出し、ハチの巣のような穴の詰まりを清掃します。

触媒は定期的に交換が必要ですが、まだ状態は良いようです。



続いて煙突の清掃を行います。

ミシェルのお家の薪ストーブの煙突は、室内側から行うことができます。

煙突から落ちてくるススを溜める袋を取付け、先端に付いたブラシが煙突の最上部に届くまで青いポール(連結式)で押し上げます。



上の写真の白い部分が薪ストーブの内部に溜まっていた灰で、黒い部分が煙突に溜まっていたススです。

薪ストーブの容量からすると、灰やススの量は少なく、薪が効率良く燃えていたことが判ります



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

サルディーニャ島



ミシェルのお父さんは、イタリアのカラーラの大理石を購入しましたが、イタリアのサルディーニャ島にも石を見に行きました。

上の写真が、サルディーニャ島の海岸部分の一部です。



サルディーニャ島は、イタリア半島の西側の地中海にあり、フランス領であるコルシカ島の南側に位置しています。

地中海では、イタリアのシチリア島に次いで2番目に大きな島です。

サルディーニャ島は、世界中のセレブ達がバカンスで訪れる高級リゾート地としても有名です。



海岸部分には、ポルト・チェルボやポルト・ロトンドなどの町があり、そこには、超高級ホテルやプライベートヴィラや超高級ヨットハーバーなどがあります。



グルメにとっても楽しみな島で、名産のペコリーノチーズ、種類豊富なパスタ、アフリカの影響を受けた郷土料理などを食することができます。



美しい自然と豊かな食生活のお蔭なのか、「長寿の島」としても知られています。



1960年代、アラブの大富豪によって開発された究極のビーチリゾートと言われる「コスタ・エメラルダ(エメラルド海岸)」も有名です。

コスタ・エメラルダは、サルディーニャ島の北東部にあります。

青く澄み渡る美しい海と空、真っ白な砂浜、そして燦々と降りそそぐ太陽は、まさに「地上の楽園」そのものです。



サルディーニャ島には、古い遺跡も残っています。

上の写真は、城塞の跡です。

サルディーニャ島の平原には、大変大きな岩が点在しており、そこを住居にしている人もいます。

日本人にとっては、仕事でもないと、なかなか行けないサルディーニャ島ですが、そんな美しい島に行けたことは、とてもラッキーだったと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ピサ&カラーラ



先日、テレビで「ピサの斜塔」で有名なイタリアの「ピサ」という街が紹介されており、とても懐かしく感じました。

ミシェルのお父さんは、ピサには、仕事で2回、家族旅行で1回行きました。



英国での最後の仕事となったゴールドマンサックスのヨーロッパ本社ビル(延床面積:6万㎡)の新築工事の際には、4か国の石を使ったので、それらの石を選定・購入する為に、英国、イタリア、スペイン、ポルトガルに出張しました。

4種類の石の内、大理石はイタリア産のものを使用しました。

ピサの北北西に位置する「カラーラ」という街の大理石が、世界で最も良質であると言われています。

正面に見えるのが、大理石を採掘するカラーラの山です。



近くに行くと、山肌に白い大理石が露出しています。

そして、この山を歩きながら、自分達が気に入る大理石が埋もれている山肌(原石)を選定します。

ミケランジェロの「ダビデ像」もカラーラの大理石が使われていますが、ミケランジェロもよくカラーラの山まで行き、自ら使用する大理石を選定したと言われています。



選定された山肌からは、このように大理石の大きな塊が切り出されます。

大昔は、石の割れ目に木の楔を入れ、その楔を水で濡らすと膨張して割れ目が大きくなり、それを繰り返すことによって大理石の塊を山から切り出していました。

18世紀になると、火薬が使用されるようになりましたが、大理石は砕け散ってしまうので、製品としてとして使えるのは3分の1程度でした。

現在は、最初に大理石の岩肌に直径8cmの穴を水平に開け、次に岩肌の上部に垂直の穴を開け、水平と垂直の穴をつなげます。

続いて、ダイヤモンドをちりばめた鋼鉄製のワイヤーを穴に通し、これをモーターで高速回転させて大理石の塊を切り出します。



山で採掘された大理石の塊は、工場に運び込まれます。



工場に運び込まれた大理石の塊は、高速回転する円盤状の大きなノコギリで板状に切断され、更に表面がツルツルになるまで磨かれます。

ミシェルのお父さん達は、大理石が板状に切断された頃に再び工場を訪問し、実際に使用できる石か否か検品します。

大理石は自然の石なので、中には白い部分が変色していたり、黒い模様が不規則に混じっていたりすることもありますが、これらの大理石は、検品の際に「不採用」と判定されてしまいます。

イタリア、スペイン、ポルトガルの山の中を歩いたのが、今でも鮮明な記憶として残っています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

キノコがいっぱい



今年の夏は、異常なくらい雨の日が続いています。

スカッと晴れた青空が、殆ど見られません。

そのせいか、色々なキノコが続々と出現しています。

上のキノコは白い色をしており、葉の下や石垣の間に見られます。



上のキノコは、赤くて卵のような形をしています。



上のキノコは薄茶色で、番傘のような形をしています。



上のキノコは、彼方此方で見かけます。



上のキノコは、小さくてナメタケのような形をしています。



上のキノコは、真っ白なマシュマロのような感じです。



上のキノコは、かなりギザギザした形をしています。



上のキノコも彼方此方で見られます。

もう雨はいいから、夏らしく、スカッと晴れてもらいたいです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

天然氷「桔梗信玄」



昨日、富士山の天然水を使ったかき氷で有名な「信水堂」にYUKIお姉さんを招待しようと思い、早めに昼食を済ませて行ってみました。

まだ12時を少し過ぎた時間でしたが、駐車場は既に満車状態

そして、お店の前には、空席待ちのお客さんが待っていました

ということで、今回は「信水堂」は諦め、急遽、ハナテラス内にある「ハナカフェ桔梗」に行ってみました。



こちらが、ハナカフェ桔梗の入口部分です。

山梨を代表する銘菓「桔梗信玄餅」で有名な桔梗屋さんのお店です。



こちらのかき氷は、八ヶ岳の麓で造られた天然氷を使用しています。

天然氷は、厳冬期に自然の中で時間をかけて造られ、不純物が無く、硬いのが特徴です。



ミシェルのお母さんとYUKIお姉さんは、「桔梗信玄」というかき氷を注文しました。

銘菓「桔梗信玄餅」のかき氷版で、きな粉と餅が入っています。



ミシェルのお父さんは、定番の「抹茶」を注文しました。

こちらは、中に小豆が入っています。

天然氷独特のフワフワした食感を楽しむことができました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

再び55ステーキ



ANRIお姉さんの家族にYUKIお姉さんも加わって、大変賑やかで楽しい日々となりました。

陽気な孫のHINASEが、連日、笑いを提供してくれます

YUKIお姉さんは、まだ55ステーキに行ったことが無かったので、昨日、行って来ました。

人気店だけあって、平日だというのに、開店直後には、テラス席まで満席です。



国道沿いにあるのですが、レストランは、高い木々に囲まれています。



最初に出てきたのは、スープとソースです。

ソースは3種類ありますが、昨日は、ワサビ醤油を選択してみました



昨日のメインディッシュは、ハラミステーキです。

脂身が殆ど無く、身体にも優しいステーキです。

脂身が無いということで、女性に人気があるそうです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

2017年河口湖湖上祭



一昨日、孫のHINASEが遊びに来ました。

陽気で活発なHINASEが来ると、笑いが絶えません

花火を見るのが好きということなので、その夜、河口湖湖上祭の花火大会を見物に行きました。



スターマイン始め、1万発の花火が河口湖湖畔から打ち上げられます。

見る位置によっては、花火が打ち上げられる度に、闇に包まれた富士山が浮かび上がります。

その美しい光景を見る為に、河口湖湖畔には、約12万人もの人が集います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング