fc2ブログ

春を告げる花々



裏庭に植わっているクロッカスが開花しました。

黄色や白色や薄いブルーの小さくて可愛い花々です。



こちらは、今年植えた水仙です。

3回ほど完全に雪の下に埋もれましたが、逞しく枯れずに頑張っています。

この後ろ側には、以前から植わっている水仙がありますが、土地の中から太い葉が出てきました。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

クロッカスが出てきた



真夜中から夜明けにかけて−9℃まで冷え込みましたが、朝の散歩の時は快晴で、風も無いせいか寒くはなく、爽快な散歩となりました。



裏庭に植わっているクロッカスが、土の中から顔を出しました。

今春、一番最初に顔を出したのは、白いクロッカスでした。

これから、いよいよ花の季節の始まりです



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

生命力



上の写真は、芝生にできた霜柱です。

春の足音を確実に感じるようになりましたが、今朝は−5℃と、まだ寒い日が続いています。



雪が融けてきて、雪に埋まっていた水仙が姿を見せ始めています。

今冬3度目の雪に埋もれた水仙でしたが、逞しく生き続けているようです。

雪の下に完全に埋もれた時は、「もしかすると、雪に押しつぶされて枯れてしまうかもしれない」と思いましたが、幸いにも、それは杞憂だったようです。

見た目は可憐な水仙ですが、その強い生命力に感嘆します。




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

期待以上と期待外れ



上の写真は「インパチェンス」という花で、ホームセンターで小さな株を2つ買い、玄関先に植えたものです。

買った時は極小さな株で、「2つで大丈夫かな」と思いましたが、凄く大きく成長し、いっぱい花を咲かせてくれています。

初夏から秋までと開花期間が長く、多くの草花が苦手とする半日陰でも育つそうです。

日本でインパチェンスとして流通しているのは「インパチェンス・ワレリアナ種」で、ワレリアナ種はアフリカ東部の熱帯が原産地で、19世紀にヨーロッパに渡り、オランダを中心にヨーロッパやアメリカなどで品種改良が進み、園芸品種として人気が高まったそうです。

初めて植えてみた花ですが、期待以上に目を楽しませてくれています。



上の写真は、8月31日に見たお月さんです。

この日は「スーパーブルームーン」が見えるというので期待しましたが、少し雲が出ていたようで、期待外れでした。



上の写真は、奇麗に見える時の「スーパーブルームーン」です。(参考写真)

月は約29.5日かけて満ち欠けを繰り返しており、1か月に満月や新月が2度見られることがありますが、同じ月に訪れる2回目の満月は「ブルームーン」と呼ばれ、何年かに一度訪れる珍しいものだそうです。

この「ブルームーン」が地球に最も近くなる場合は「スーパーブルームーン」と呼ばれ、それが2023年8月31日の1時過ぎに見えると言われていたのです。

そして、「スーパーブルームーンを見ると幸せになれる」という言い伝えがあるそうです




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

思わぬ幸運



イギリスでは、一年を通して色々な花が咲く庭が、良い庭の基準の一つとして評価されています。

ミシェルのお家の庭も、春から夏にかけては色々な花が咲くのですが、以前から夏から秋にかけて咲く花を植えたいと思っていました。

そして、時々見かける「ムクゲ」という木(上の写真)が気に入り、販売している所を探していました。

今年の春に、親しくしている造園屋さんに行ったところ、かなり立派な「ムクゲ」の木がありました。

社長さんが「安くしてあげるよ」と言って下さったのですが、まだ花は咲いておらず、「何色の花が咲くかはまだ判らない」ということで、もう少し様子を見ることにしました。

この時点では、「ピンク色の花が咲くムクゲの木を植えたい」と思っていたので、専務さんにも頼んでおきました。

しかし、造園屋さんもお忙しいこともあって、気のいい専務さんは、ムクゲのことを忘れちゃったようです



話は変わって、昨日、最近話題になっている「赤いトウモロコシ(大和ルージュ)」を買いたくて、「道の駅かつやま」に行きました。

しかし、残念ながら売っておらず、おばさんが「旅の駅で販売してるかもしれない」と教えてくれました。

そこで、河口湖の近くにある「旅の駅」まで行きましたが、やはり売っておらず、少々がっかりしました。

ところが、ミシェルのお母さんが、ここで売られている樹木の中に「ムクゲ」があるのを見つけてくれました。

近寄ってみると、理想的な大きさで、かつ超格安の価格です

即、購入することを決めましたが、赤いトウモロコシを買えずにがっかりした後に、思わぬ幸運に出会うことができました



買った「ムクゲ」を持ち帰り、直ぐに芝生の庭の片隅に植えました。

ムクゲの花の季節は7月から10月ですが、買ってきた木には蕾がついているので、もしかすると花を見ることができるかもしれません。

ムクゲを販売していたお姉さんが「花が咲いたら、何色だったか教えて下さい」と仰ったので、もし花が咲いたら、報告に行かなければなりません



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

F1の懐かしき時代



2021年にF1撤退を決めたホンダが、2026年にF1復帰することを発表しました。

ホンダが、F1撤退を決めて、再びF1に復帰するのは、過去にもありました。

基本的に、その時点の会社の経営状態や社会的風潮などが、その決定理由になっていました。

会社を存続していく上ではやむを得ないことではありますが、一方で、どんなに会社の経営状況が苦しかろうと、F1に継続参加し、F1を支え続けているフェラーリなどは、改めて偉大な会社だなと思います。



ミシェルのお父さんは、1976年に日本で最初にF1レースが開催された当時からF1が大好きになり、1986年から2000年にかけてのロンドン勤務当時は、毎年、F1レースを見に行き、多くのF1関係者ともお友達になりました。

熱狂的にF1が大好きだったお父さんですが、最近のF1には、以前のような興味を感じなくなってしまいました。

大好きだったセナが事故で亡くなった時点で熱が冷め、シューマッハがスキー事故でレースができなくなった時点でF1レースを見ることも無くなってしまいました。

セナが生きていた当時は、セナ以外にも個性豊かな侍的なスターが多数おり、レース以外の場面でも、多くのファンを惹きつけていたように思います。



ミシェルのお父さんは、以下のような理由でも、最近のF1に関心が薄れてしまいました。

・「遅い車は、速い車に進路を譲る」という安全上のルールが設定された。
・以前は見られた車をぶつけたりする激しいバトルは、ルールで禁止された。
・ドライバーの力量以上に車の性能で順位が決まるようになった。
・遅い車は、どんなに優秀なドライバーでも絶対に勝てなくなった。
・マニュアルの変速機が、セミオートマチックの変速機になった。
・コンピュータ化が進み、F3のドライバーでもF1で直ぐ活躍できるようになった。
・車が故障することは殆ど無くなり、レースのドラマ性が希薄になった。
・毎年あった死亡事故も無くなり、レーサーに対する危うげな憧れも無くなった。
・エンジンが小さくなり、かつハイブリットになり、音が小さく迫力がなくなった。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

新しいバイク



ドルチェ君のパパさんが、バイクを買い替えたようで、新しいバイクを見せに来てくれました。

パパさんが新たに購入したバイクは、スズキのGSX-R1000Rというスーパースポーツバイクです。



ドルチェ君のパパさんは、ハーレーダビッドソンなどに乗られていたので、スポーツバイクには興味は無いのだと思っていましたが、そうではなかったようです



工業製品としての日本のバイクは優れていると思いますが、デザインの観点から、ミシェルのお父さんは、ドゥカティやMVアグスタなどのイタリアのバイクが好きなのです。

しかし、このスズキのGSX-R1000Rは、デザイン的にもなかなか優れているように思います



上の写真のバイクは、ロンドン勤務時代にミシェルのお父さんが乗っていたドゥカティ888です。

これのレース仕様のバイクは、当時、スーパーバイク世界選手権で連戦連勝していました。

そんな凄いバイクを、ミシェルのお父さんは、ロンドンでバイクの免許を取得直後に購入したのです。

今考えると、まさに「盲蛇に怖じず」といった感じで、暴挙そのものだったように思います。

なにしろ、自動車の免許取り立てで、いきなりフェラーリを購入するような感じですから

今でもバイクに興味はあるのですが、日本では、外国で免許を取得した場合は400㏄までのバイクしか乗れないのです

今更、自動車教習所に行って、バイクの大型免許を取得するのも面倒ですから、じっと我慢の子です



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

車も冬支度



先日、車の車検の為にボルボ甲府まで行ってきました。

車検で行う整備内容を聞いていると、スタッドレスタイヤへの交換を無料で行ってくれるとのこと。

しかし、事前に知らなかった為に、スタッドレスタイヤは自宅に置いたままでした。

タイヤ交換は、いつも自分で行っていたので「今回も自分で行う」と返答して帰宅の途についたのですが、途中で「やはりボルボ甲府で交換してもらおう」と心変わりし、自宅にあるスタッドレスタイヤをボルボ甲府まで持っていくことにしました。

という訳で、思いがけなくも、一日で河口湖から甲府まで2往復することになっちゃいました

上の写真は、今回の車検の間、ボルボ甲府から代車として借りることができたボルボV60です。

全体にわたって素晴らしい車ですが、特にシートの快適さは絶妙です。

こんな高級車を借りれたお陰で、長距離でも苦痛なく運転ができ、無事にタイヤ交換もお願いすることができました



上の写真は、早朝に、ミシェルのお家の近くから見た富士山です。



最近は、早朝の気温が、マイナスになる日が続いています。

寒くなって、富士山が美しさを増してきました。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

ドライブレコーダー装着



昨日は、ボルボ甲府に行き、ボルボ純正のドライブレコーダーを取り付けてもらいました。

上の写真の左側がフロント用カメラで、右側がリア用カメラです。

純正品は高額で、取り付け費も高額なのですが、取り付け工事の信頼性を考慮して、純正品を選択しました。



フロントウィンドウガラスにフロント用カメラを装着した状態です。

最初に出た純正ドライブレコーダーよりも小さくなり、色もブラックから綺麗なブルーに変わりました。

車の色がブルー系なので、色的にも良くマッチしています



車の室内側から見ると、こんな具合です。

写真で見ると大きく感じますが、実際には気にならない大きさで、視界を妨げません。

しかも、運転席側から見ると、バックミラーに隠れてしまい、カメラは見えません。



こちらは、リアウィンドウガラスにリア用カメラを装着した状態です。



写真で見ると大きく感じますが、リア用カメラは極小さく、運転していても気にならず、視界も妨げません。



こちらは、別途購入して、リアウィンドウガラスに貼ったステッカーです。

目立ち過ぎず、デザイン優先で選択購入しましたが、もう少し目立つステッカーの方が、実用的かもしれません

ドライブレコーダーの装着を検討し始めたきっかけは「あおり運転のニュース」でしたが、実際に「あおり運転」に遭遇したことはありません。

それよりも、他の車の危険運転で、ヒヤリとさせられたことは経験しています。

万一、もらい事故をした場合、男性であるミシェルのお父さんなら、自分の過失を認めない相手側の言い分に反論できますが、女性のお母さんだと、反論するのは難しいかもしれません。

ミシェルのお母さんは、30歳を過ぎてからロンドンで自動車免許を取得しましたが、これまで無事故・無違反の優秀ドライバーです。

現在は、お父さんが同乗している時にしか運転しませんが、もし一人で運転している時に「もらい事故」に遭遇した場合のことを考慮して、お母さんを守る意味で、ドライブレコーダーの装着を決断した次第です




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : カー用品
ジャンル : 車・バイク

アメリカギク



数年前、お隣さんから株を頂いて、裏庭に植えた「アメリカギク」が、今年も満開の時期を迎えています。

「アメリカギク」はキク科の花で、「ボルドーギク」とも言い、元々は、アメリカ東部の川岸や湿地帯に生えていたようです。



植えた株は少量でしたが、年々増えていき、今では、裏庭のかなりの範囲に広がっています。

紫陽花が植わっている近くまで広がったきたので、侵略しないように、間に「せき板」を埋めました



先日の夕方、外に出てみると、美しい夕焼けが広がっていました。

低い部分は林の陰になって撮れませんでしたが、なんとか真上の部分だけ撮ることができました

美しい自然は、人類にとっても「かけがえのない財産」だと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪