FC2ブログ

汚れた五輪?



東京五輪招致委員会が計2億円超を支払ったシンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス(BT)社」を含めて海外に送金した総額が11億円超に上ることが、複数の関係者への取材で分かったといいます

しかも、BT社を除いて具体的な送金先や内訳は不明だそうです。

当時の招致委員会関係者は「守秘義務もあり、個別の案件は非公表」と言ってますが、公金である以上、説明責任がるのは当然です。



更に、東京五輪招致に使われた海外コンサルタント費計9億円余りについても、支出を裏付ける会計書類の所在が不明になっています

招致委員会の解散時(2014年)の全役員と事務局幹部計20人に所在を確認しましたが、明言した人はいなかったといいます。

そして、招致委員会と連携していた東京都や日本オリンピック委員会(JOC)、運営を担う大会組織委員会にも継承されていないそうです。



 9月7日、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長が「大会は新型コロナウイルスに関係なく行われ、来年の7月23日に開幕する」と断言したのを聞いて、不審に思いました。

世界的に見れば、新型コロナはまだ拡大の一途をたどっているのに、関係なく開催するとは無茶苦茶ですが、これは日本国内の「スポンサー対策」だといいます。

スポンサーの大半は、今年に契約が切れるため、東京五輪組織委員会は、現在、契約更新交渉を始めているそうです。

しかし、開催の見通しが立たないことから、更新に二の足を踏むスポンサーが続出しているといいます。

そこで、東京大会の準備状況をチェックするIOC調整委員会委員長でもあるコーツ副会長が「コロナ感染が収束しなくても絶対にやる」とお墨付きを与えたというのが真相のようです。

これだけでも、選手や観客の安全・健康より、金儲けを優先する連中の本音がよく解ります



東京五輪招致委員会がIOCの委員だったラミン・ディアク氏の息子であるパパマッサタ・ディアク氏が関係するシンガポールの会社「ブラック・タイディングズ社(BT社)」の口座に、2013年7月と10月の2回に分けて合計約2億3000万円を振り込んでいたことが判っています。

ところが、今回新たに、BT社の口座からパパマッサタ氏名義の口座や同氏の会社の口座に、2013年8月〜2014年1月までに約3700万円が送金されていたことが、国際調査報道ジャーナリスト連合などの取材によって判明したといいます。

前世界陸連会長でもある父親のラミン・ディアク氏は、ロシアの組織的ドーピング隠蔽に絡んで賄賂を受け取ったとしてフランス当局が起訴し、9月16日に実刑判決が言い渡されましたが、彼は五輪開催地の決定においてアフリカ票の取りまとめに影響力を持つ有力委員でした。

今回新たに判明した送金事実によって、東京招致を目的とした贈収賄疑惑は一段と深まったものと考えられています。



一方で、菅首相が、このディアク親子への賄賂にかかわっていたのではないかと疑いを持たれているというからビックリです

この問題を伝えたのは、週刊新潮の2月20日号です。

記事によると、五輪の東京開催が決まった2013年秋頃、大手パチスロ・パチンコ・ゲームメーカーのセガサミーホールディングスの里見治会長が新橋の高級料亭で開いた会合で、テレビ局や広告代理店の幹部を前に「東京オリンピックは、俺のお陰で獲れたんだ」と豪語し、更に「菅官房長官から話があって、『アフリカ人を買収しなくてはいけない。4億~5億円の工作資金が必要だ。何とか用意してくれないか。これだけのお金が用意できるのは会長しかいない』と頼まれた」と語ったといいます

この時、里見会長は「そんな大きな額の裏金を作って渡せるようなご時世じゃないよ」と返答したそうですが、菅官房長官は「嘉納治五郎財団というのがある。そこに振り込んでくれれば、会長にご迷惑はかからない。この財団はブラックボックスになっているから足はつきません。国税も絶対に大丈夫です」と発言したといいます

これを受けて、里見会長は「俺が3億〜4億、知り合いの社長が1億円用意して財団に入れた」と言い、「菅長官は、『これでアフリカ票を持ってこられます』と喜んでいたよ」と語ったといいます

なんとも衝撃的な内容ですが、これは「酒席でのホラ話」ではなかったようです。

というのは、週刊新潮の取材に対し、セガサミー広報部は「当社よりスポーツの発展・振興を目的に、嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センターへの寄付実績がございます」と嘉納治五郎財団への寄付の事実を認め、更に週刊新潮が嘉納治五郎財団の決算報告書を独自入手し、2012年から13年にかけて2億円も寄付金収入が増えていることを確認したといいます。

そして、関係者は「その2億円は、里見会長が寄付したものでしょう」と語っているそうです。



里見会長が安倍首相と蜜月関係だったことはよく知られていますが、カジノをめぐって菅官房長官とも深い関係にあるのではないかと噂されていたようです。

2014年には、菅官房長官と里見会長と林文子横浜市長が密会していたと報じられ、今年1月、セガサミーは横浜のIR運営事業者として名乗りをあげています。

これらの事実から、里見会長はカジノに参入すべく菅官房長官に貸しをつくるため、東京五輪招致のための「アフリカ人買収資金」を提供したのではないかという疑いが出ているようです

もしこれらが事実だとするなら、東京五輪が「金で買収した汚れた五輪」と言われても反論の余地は無く、五輪史に汚点を残す大会となってしまうのは誠に残念です。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

身を切る改革とは



イタリアで、9月20日、国会議員の定数を約1/3削減する為の国民投票が始まりました。

地元メディアは、賛成多数となる見通しを伝えています。

投票が行われている国会議員の定数削減案では、下院の定数を630議席から400議席に、上院の選挙で選ばれる315議席を200議席に削減となっています。

可決されれば、次回の総選挙から上下院合わせて約1/3にあたる345議席の削減となります。



イタリアでは、既存政党が腐敗していると批判し、支持を広げた「五つ星運動」が2018年の総選挙で与党となり、議員定数削減を訴えていました。

地元メディアは、今回の削減案で年間約100億円の経費削減が見込まれると報じています。

投票に先立ち、コンテ首相は「議員削減により国会の機能が損なわれることはない。逆に、国会議員の信頼性を高める為の改革の第一歩になる」と語っています。

これこそ「身を切る改革」と言えそうです。



一方、日本の国会議員は、どうでしょうか?

衆議院が465人、参議院が248人、計713人います。

しかし、国会議員が最も働くのは選挙の時だけで、国会では欠席や審議中の居眠りや読書が目立ちます。

中には、拘置所に入っているにもかかわらず、給与やボーナスを満額支給される議員もいます

実際の仕事は、殆ど秘書や官僚がやるので、国会議員ほど楽な商売はありません

政府は「働き方改革」などと言っていますが、最も改革が必要なのは、国会議員のように思えます



そんな国会議員に、幾らのお金(税金)を支給しているのでしょうか

●歳費とボーナス
年間2111万円(議員1人当たり、以下同)

●文書通信交通滞在費
年間1381万円
歳費やボーナスとは別に、「文書」「通信」「交通」「滞在」費も支給されます。
但し、「文書」は国会図書館の職員に頼めばタダで調査することが可能ですし、議員会館内は電話代もインターネット代もタダです
「交通」費はJR.や航空券の無料パスがあるのに何故必要なのか不明です
「滞在」費も、視察の場合は国から旅費が出て、使途の報告義務もありません。

●議員会館・議員宿舎家賃
年間2600万円以上
議員会館は、2010年に総事業費1689億円もかけて建て替えられ、議員1人の専有面積は約100平方メートル。
執務室、会議室、秘書室の3部屋で、周辺の賃貸相場に換算すると、年間2377万円。
赤坂の1等地にある議員宿舎の家賃も、周辺の相場では年間840万円に相当します。

●公用車と送迎バス
年間226万円
衆議院には133台の公用車と3台の送迎バスが、参議院には103台の公用車と1台の送迎バスがあります。
この送迎バスとは、議員宿舎と国会を往復する送迎車で、衆議院が朝2便、参議院が朝3便運行しています。
これらの車を運転する運転手は、衆議院に126人、参議院に95人がおり、その年収は約700万~800万円です。

●議員旅費
年間55万円
「議長、副議長及び議員は、公務により派遣された場合は、旅費を受ける」と規定されているようですが、実態は「観光旅行」と言われているようです。

●選挙経費
1回の選挙で約1億3866万円
選挙時にかかる莫大な経費も税金で負担されているのは不思議ですが、ビラ作成、政見放送、新聞広告、ポスターなどの費用だそうです。

これらのお金を合計すると、国会議員1人当たりに、年間約2億円もの税金が使われていることになります



イタリアと同じように、日本も国会議員の1/3を削減するとすると、その数は約240人となります。

この数は、参議院の議員数とほぼ同じですが、参議院は貴族院のなごりで、貴族制度が無くなった今は存在の意義が薄く、衆議院の議決が最終議決になることからすると、参議院の存在そのものが不明とも言えます。

もし日本の国会議員を240人削減すると、年間約480億円もの税金が浮くことになり、教育・医療・福祉・インフラ強化・災害補助等、そのお金を本当に必要なことに利用することが可能になります。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2020年9月初冠雪?



今朝の富士山です。

一昨日の午前7時の気温は15℃でした。

今朝の午前7時の気温は13℃でした。

急に肌寒くなり、セーターを着たくなるような気候です。

富士山を見ると、頂上の左側が、薄っすらと白く見えます。



アップで撮ると、確かに白くなっているような気がします(赤丸部分)



ウェザーニュースアプリのユーザーからも、雪化粧をした富士山の写真が投稿されているようです。

9月20日15時の富士山頂の気温は-0.1℃で、降水があれば雪になっても不思議ではない気象状況だったようです。

もし甲府地方気象台から冠雪の状況が確認された場合は、「初冠雪」の発表となり、20日付であれば平年よりも10日早く、昨年よりも32日早い記録となるそうです。



初冠雪の定義とは、その年の「最高気温日」を観測して以降に、「山の全部または一部が、雪または白色に見える固形降水(雹など)で覆われている状態を下から初めて望観できたとき」を指すそうです。

富士山の初冠雪を観測、発表するのは甲府地方気象台で、たとえ富士山の麓や静岡県側から雪化粧が見えたとしても、山梨県甲府市にある甲府地方気象台から富士山の冠雪の様子が見えない場合には、「初冠雪」は発表されないそうです。

以前は、河口湖測候所も同様に観測、発表をしていましたが、2003年9月に河口湖測候所の有人化業務が終了して以降は、甲府地方気象台に一元化されているそうです。

果たして、甲府地方気象台から雪が見えたでしょうか



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 日々出来事
ジャンル : ライフ

リリーちゃんの2回目の命日



今日は、アンジェの姉妹のリリーちゃんの2回目の命日です。

仏教では、3回忌ということになります。

上の写真は、アンジェやリリーちゃんが生まれた時の様子です。

父親は、日本とアメリカでチャンピョンを完成した名犬ライアンです。

母親のシェリーは初産でしたが、7頭の元気で丈夫な赤ちゃんを産んでくれました。



上の写真は、生後1か月頃のアンジェやリリーちゃん達です。

全員が、順調にスクスクと育ってくれています。



上の写真が、生後1か月を過ぎた頃のリリーちゃんです。

理想的なフルコートの美人さんです。



リリーちゃんは、生後2か月の頃に、親類のお家の子になりました。

上の写真は、親類のお家の子になってくつろぐリリーちゃんです。



上の写真は、成長して大人になったリリーちゃんです。

お花が大好きだったようで、いっぱいお花が咲いている公園にもよく散歩に行っていたようです。



上の写真はリリーちゃんですが、アンジェと見間違うくらい、そっくりです。

性格も、アンジェと同じように、とても優しいリリーちゃんでした。

パパさんとママさんに愛され、シェルティの平均寿命よりもず~っと長い15歳2か月という年月を、幸せいっぱいに過ごしてくれました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

2020年全米オープンゴルフ



今日から全米オープンが開幕します。

今年の全米オープンの会場は、ニューヨーク州ママロネックにある名門ゴルフ場の「ウイングド・フット・ゴルフ・コース」のウエストコースです。

ニューヨークのマンハッタンから約40キロ北側にあり、1920年代に造られたメンバーコースで、設計者は名匠A・W・ティリングハーストです。

過去に5回の全米オープン(1929・1959・1974・1984・2006)、全米プロ(1997)、全米女子オープン(1957・1972)などが開催されています。



ウエストコースは、アメリカのゴルフマガジンが発表する「世界TOP100コース(2020-21版)」の23位にランクされています。

ウィングド・フットのフェアウェイは狭く、25~30ヤードほどしかありません。(最近の平均は40~60ヤード)

その上、ドッグレッグホールも多いので、ドローとフェードの打ち分けも求められます。

全長が7,477ヤードもありながら、パーは70に設定されています。

中でも、9番ホールのパー4は514ヤードもあり、12番ホールのパー5は640ヤードもあり、12番ホールは106年の全米オープン史上で最も長いパー5になっています。



ウィングド・フットのゴルフディレクターのスティーブ・ラビドー氏は「我々のコースセッティングの目標は、6月(通常開催月)に開催するのと変わらないようにすることだ」と語っており、優勝スコアを8オーバーと予測しています。

過去に同コースで開催された全米オープンでは、1974年にヘール・アーウィンがトータル7オーバー、2006年にジェフ・オギルビーがトータル5オーバーで優勝しています。

全米ゴルフコース管理協会発表の「全米オープン」の設定と芝の説明は、次のようになっています。

ティグラウンド:クリーピングベント芝・ポアアヌア芝 9ミリ

フェアウエイ:クリーピングベント芝・ポアアヌア芝 9ミリ

グリーン:ポアアヌア芝 2.5ミリ (スティンプメーター:12.5フィート)

ラフ:ペレニアルライ芝 10センチ(一番深いラフは15.2センチ)

バンカーの数:68個



上の写真が全米オープンで見られる深いラフで、下の写真が日本の試合で見られる浅いラフです。

メディアから「経験したタフなコース」を問われたメジャー15勝のタイガー・ウッズは、ウイングド・フットと米国のオークモントCC、英国のカーヌスティ(リンクス)の3つを挙げ、「難度は、ここが1番か2番目。歴史的に優勝スコアが少なかったことはないし、今週も同じだろう」と語っています。



今大会最大の注目選手といえば、世界ランク1位でフェデックスカップ・チャンピオンでもあり、先日「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも輝いたダスティン・ジョンソンでしょう。

ダスティン・ジョンソン自身も「過去最高のゴルフができている。ドライバーからパターまで絶好調。今、世界で最高のプレーヤーだと自負できる」と語っています。

日本からは、松山選手、石川選手、今平選手、金谷選手の4名が出場しますが、練習日の様子から推測すると、決勝ラウンドに進めるのは松山選手だけのように思えました。

果たして、実際にはどんな結果になりますでしょうか



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

大人しい女の子



今朝の散歩の帰り道、ミシェルがいつもの道順を拒否し、違う方向に行きたがりました。

若い頃は自己主張しなかったミシェルですが、歳をとって、時々自己主張するようになりました

ミシェルの行きたがる方向に進むと、前方からビーグルが歩いてくるのが見えました。

ビーグルもミシェル達が来るのが分かると、途端に地面に伏せて待つ体制になりました

どうやら以前に一度会ったことがあるビーグルのようです。



とても大人しい女の子で、顔を近づけるミシェルとシルフィに対しても、じっとしています

ビーグルのママさんのお母さんらしき女性が合流すると、ミシェルは「ウォン、ウォン」と甘えて挨拶します。

すると、ビーグルも「ウォ~ン、ウォ~ン」と、ビーグル独特の遠吠えのような声で応答しました

今朝は、ミシェルがいつもの道順を拒否したお陰で、この楽しいひと時を過ごすことができました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

場所取り



若い頃のシルフィは、お泊りに来て寝る時間になると、真っ先にミシェルのお父さんの横に来て、寝ていました。

そこは、本来、シェリーの場所だったのですが、シェリーは、仕方なくお父さんの足元の方で寝ていました。



しかし、シルフィも大人になったせいか、今では、お父さんの横はミシェルの場所と解っているようで、自分はお父さんの足元で寝るようになりました。

それでも、朝になって起きると、お父さんの顔をつついて甘えてきます

それを見て、ミシェルは「ダメダメ、僕のお父さんだから」と、間に割り込み、お父さんに甘えます



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

お利口さんのシルフィ



上の写真は、生後3か月の頃に、横浜のミシェルのお家にお泊りに来たシルフィです。

この頃から、散歩から帰ってきたら、「玄関で足を拭いてもらってからお家の中に入る」という教育を受けてきたシルフィです。

その教えを、今でもしっかりと守っています。



上の写真は、横浜のお家の周りを散歩中のシルフィです。

食事の時も、お座りをして待ち、「OK」と言われるまで食べません。

その教えを今でも守っており、「OK」と言われなければ、ずーっと待っています。



横浜のお家から移植した姫リンゴの木です。

今年も赤い実をつけてくれましたが、今年は長雨だったせいか、平年よりも不作の感じがします。



このところ、気温が下がって空気が澄んできたせいか、富士山がクッキリと見え始めました。

写真では判りにくいのですが、5合目から下の樹木の緑も鮮やかに見えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

シルフィのお陰で



ミシェルは大きな身体をしていますが、食は細く、一人だとあまり食べません。

一方、シルフィは身体は小さいのですが、とても食欲旺盛です

ミシェルが食べだす前に、シルフィは完食してしまう程です



でも、シルフィがお泊りに来て以来、ミシェルは相変わらず食べ始めるのは遅いのですが、朝夕とも完食しています

シルフィの食べっぷりの良さを見て、ミシェルの食欲も刺激されているようです

それと、ミシェルが食べ始めると、シルフィが食器を覗きに来るので、ミシェルは「早く食べなきゃ」と思うのかもしれません



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

妹思い



散歩の際、ミシェルは時々立ち止まり、シルフィがついてきているか確認します。

シルフィが遅れていると、ミシェルは動こうとせず、シルフィが追いつくのを待ちます。

幼い頃から、よく一緒に居るので、ミシェルは、シルフィのことを妹のように思っているのでしょう



シルフィは、孫のEちゃんのことを守ってくれているそうです。

孫のH君(兄)がEちゃん(妹)に何かしようとすると、シルフィは直ぐにEちゃんに寄り添うそうです。

Eちゃんは、シルフィにとって妹のような存在なのだと思います



シェリーもアンジェもカリーノも居なくなって、寂しい思いをしていたミシェルですが、シルフィがお泊りに来てくれて、嬉しいようです。

ミシェル一人だと、最近は、買い物にもついてきたがりますが、今はシルフィが居るので、お留守番も寂しくはないようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪