絶景マッターホルン



ミシェルのお父さんが子供だった頃、実家に山の大きな写真がありました。

写真に写っていた山は、日本で見かけないような岩肌で特異な形をしていました。

とても印象深かったのですが、その頃は山に興味は無く、それがスイスの「マッターホルン(標高4478m)」という山であることを知ったのは、かなり経ってからでした。



子供の頃に見たマッターホルンのイメージは、大人になっても残っており、「いつか行ってみたい」と思っていました。

ロンドン勤務になった時、クリスマス休暇を利用して、家族でツェルマットにスキー旅行に行きました。

ツェルマットはスイスの有名な山岳リゾート地ですが、マッターホルンを間近に見れる村としても有名です。

標高約1600mのツェルマットから標高約3100mのゴルナーグラードまでは、ゴルナーグラード鉄道に乗って行くことができます。

ゴルナーグラード鉄道に乗ると、マッターホルンに少しずつ近づいていくのですが、その神々しい姿を見て、本当に「人生観が変わる」という思いをしました。



ツェルマットは、同じような形をした木造の建物が並んでいて、とても統一感がある村です。

村は環境保全を大切にしており、ガソリン車の走行は禁止して、馬車や電気自動車だけが走行を許されています。

けばけばしいネオンなどは無く、夕方になると、統一感があって温かみのある照明で村は包まれます。



日本ですと、「村=田舎」というイメージがありますが、ヨーロッパの村は、都会以上にセンスの良い所が多々あります。

ツェルマットもその一つで、メインストリートは、高級ブティックや高級時計店などが軒を並べ、クリスマスともなると、毛皮のコートを着た御婦人方がウィンドーショッピングを楽しんでおられます。



上の写真の中央の建物は、標高約3100mにある「3100 クルムホテル ゴルナーグラート」です。

ミシェルのお父さんが行った頃は、山の休憩所的な宿(築100年以上)でしたが、2005年に大改造され、3つ星ホテルとして生まれ変わりました。

ゴルナーグラード鉄道に乗れば、ツェルマットから35分程でホテルの横まで来ることができます。

全22室のコンパクトなホテルですが、都会の高級ホテルと同等のサービスが提供されています。



ホテルの周囲(360度)には、マッターホルンやモンテローザなどの絶景が広がっています。

夜になれば、満天の星空を望むことができ、夜じゅうホテルから出たり入ったりする宿泊客も多いそうです。



日が沈み始める頃になると、夕日に照らされて紅く染まったマッターホルンの絶景を見ることもできます。

世界中に「もう一度行ってみたいな~」と思う所は多々ありますが、ツェルマットもその一つです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : スイス
ジャンル : 海外情報

お利口さん



今朝、外に出てみると、雪がチラホラと舞い落ちて、道路が薄っすらと雪化粧していました。


3日程前、アンジェは夜中にお腹が少しゆるくなったようで、室内トイレまで来て用を足しました。

下痢気味の時は、トイレまで来る余裕がないケースが多いように思いますが、アンジェは、お利口にも室内トイレまで来て用を足してくれました


一方、ミシェルは、昨晩11時近くなってから「ワン、ワン」と吠えました。

ミシェルのお父さんは理由が解らず、ミシェルに「静かに」と叱りました。

しばらくして、ミシェルが再び「ワン、ワン」と吠えたので、お母さんが「ウンチがしたいのじゃない?」と言いました。

ミシェルは、オシッコは室内トイレでもできるので、吠える時は「ウンチが出そう」と言ってるケースが多いのです。

そこで、お父さんが、ミシェルを外に連れ出しました。

しばらく歩いていると、ミシェルが、少し柔らかめのウンチをしました。

やはり、「ワン、ワン」と吠えたのは、「ウンチが出そう」と訴えていたのです


アンジェもミシェルも、本当にお利口さんな娘と息子です



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

夜中のバトル



ミシェルは、一日中、お父さんにくっついていますが、夜も一緒に寝ています。

寝る時は、お父さんの掛け布団上に来て、お父さんの身体の上に自分の身体を乗っけるようにして寝ます。

その時点では、お父さんとミシェルの掛け布団の占有率は、ほぼ50:50です。

しかし、夜中にお父さんが「寒いな」と感じて目を覚ますと、ミシェルが掛け布団を100%占領して、お父さんの身体は、かろうじて毛布に包まれています

お父さんが掛け布団を取り返そうとして引っ張りますが、ミシェルは熟睡していて全く動かず、掛け布団を取り返すことができません

そこで、寝始める時に、お父さんは掛け布団の占有率を65:35位に調整するようにしていますが、それでも夜中に掛け布団はミシェルに独占されてしまいます

ミシェルは、夜中に、どのようにして掛け布団を自分の方に移動させてしまうのか、不思議でなりません

こんなバトルが、毎晩続いています



これは、ミシェルが生後1ヶ月の頃です。



実家の運動場で、姉妹達と遊んでいます。



遊び疲れて、みんな眠ってしまいました

この頃のように身体が小さかったら、掛け布団を取り返すのは容易なのですが、今のミシェルは体重が30㎏位ありますから、掛け布団を取り返すのは容易ではありません。

でも、可愛いから、ついつい許しちゃうのです

カリーノが「お父さんは、ミシェルに甘いわよ」と言いそうです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

僕、嬉しい~♪



今朝も快晴で、気持ちの良い散歩となりました。



富士山をバックに写真を撮りました。



ニコル君もやって来ました。



ぬいぐるみのようなニコル君、可愛いです



こちらは、昨日の散歩です。



ルーク君はミシェル達と会えて、「僕、嬉しい~♪」とばかり、地面でゴロゴロし始めました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

憧れのスキー選手達



上の写真の中央にいる人物は、1956年のコルチナ・ダンペッツオ・オリンピックにてアルペンスキー3種目(回転・大回転・滑降)で金メダルを獲得したトニー・ザイラーさんです。

このオリンピックの回転で銀メダルを獲得したのが、写真の右側にいる猪谷千春さんです。

その速さから「黒い稲妻」とも言われたトニー・ザイラーさんは、大変ハンサムでもあったので、引退後は映画俳優としても活躍しました。

ミシェルのお父さんがロンドン勤務当時に家族で、オーストリアの有名なスキー場であるキッツビュールにスキー旅行に行きました。

そして、YUKIお姉さんが、トニー・ザイラーさんが校長を務めるスキー学校に入学しました。

最後の日にフランス国家検定のスキー試験を受けたのですが、見事に合格し、校長のトニー・ザイラーさんからメダルを授与してもらいました。

これには、YUKIお姉さんよりも、ミシェルのお父さんの方が興奮してしまいました

余談ですが、猪谷千春さんは、引退後にAIU(アメリカの保険会社)の社長・会長にまで出世されました。

猪谷千春さんは、現在の天皇が皇太子であった頃にテニス友達だったのですが、その頃、美智子様は皇太子よりも猪谷千春さんの方に憧れていたという噂もあるようです



上の写真の中央にいる人物は、1968年のグルノーブル・オリンピックにてアルペンスキー3種目(回転・大回転・滑降)で金メダルを獲得したジャン・クロード・キリーさんです。

キリーさんが活躍した頃は、ザイラーさんの頃よりも専門化(回転・大回転の専門選手や滑降の専門選手)が進んでいたので、3種目に金メダルを獲得するのは奇跡とも言えました。

キリー選手は、滑降用のスキーだけで15本も用意し、それぞれに異なるワックスを塗っていたと言われていますが、気に入ったスキーのワックスが練習で殆ど無くなった状態で試合に臨んだにもかかわらず優勝しました。

ワックステクニックというのは大変難しく、距離3km程度で標高差1,000m程度の滑降コースの場合、標高差の雪質に合わせて3種類位のワックスを重ね塗りします。

そして、ワックスは極秘扱いされ、ワックスの専門家(ワックスマン)が他のチームに見られないようにして塗っています。

ザイラーさんは、世代が違い過ぎて名前に憧れていましたが、キリーさん世代が近いこともあって、ミシェルのお父さんにとっては真の憧れの選手でした



上の選手は、フランスの回転スペシャリストであったパトリック・リュッセルさんです。

パトリック・リュッセルさんは都会育ちの大学生スキー選手でしたが、1969~1970年頃のワールドカップにおける回転と大回転で何度も優勝しました。

彼が活躍する以前のスキーは、「前傾」と言ってスキーの前側に荷重するのがセオリーでしたが、リュッセルさんは、まるで椅子に腰かけているような姿勢でスキーの後ろ側に荷重し、ターンの後半でスキーを加速していたのです。

この技術は、それまでのセオリーとは対極的なもので、スキー界に大きな衝撃をもたらしました。

グルノーブル大学教授であったジョルジュ・ジュベールさんが当技術を研究し、グルノーブル大学の学生だったパトリック・リュッセルさんを通じて、その技術の優秀さを実証したという訳です。

余談ですが、当時のフランス男子チームには、アンリ・デュビラールという名の滑降スペシャリストがいました。

日本人のように小柄だったのですが、滑降で何度も優勝し、ミシェルのお父さんにとっては憧れの選手の一人でした。

ANRIお姉さんの名前の由来の一因でもあります



上の写真の女性は、1976年のインスブルック・オリンピックに西ドイツ代表として出場し、滑降と回転の2種目で金メダルを獲得し、大回転で銀メダルを獲得したロジー・ミッタ―マイヤーさんです。

ミシェルのお父さんより1歳年上のミッタ―マイヤーさんは、ドイツ人として、スキー選手としては小柄な女性でした。

それにもかかわらず、回転・大回転・滑降とも強い稀有な選手でした。

ミッタ―マイヤー選手は、滑降競技中の転倒で2回ほど頭がい骨骨折を経験しています

当時の滑降競技は、安全対策は殆ど無く、生身の身体で最高130~150km/時の速さでコースを滑り降りていたのです。

選手はヘルメットをかぶっていますが、高速でアイスバーン状のコースを転倒すると、ヘルメットが割れてしまいます。

当時は、コース脇に安全ネットも緩衝材も無かったので、岩肌にぶつかったりして、毎年何人かの選手が死亡しました。



上の写真の人物は、オリンピックで3つのメダルを獲得したイタリアのグスタヴォ・トエニさんです。

トエニさんが活躍する以前のイタリアは、スキーのアルペン競技において強い国ではなかったのです。

しかし、トエニさんがパトリック・リュッセルと同様のテクニックを駆使して回転と大回転に優勝するようになり、一躍アルペン競技の強豪国の一つになりました。



上の写真の人物は、「史上最強の天才スラローマ―(回転選手)」と言われるスウェーデンのインゲマル・ステンマルクさんです。

ステンマルクさんが活躍する以前のスウェーデンは、スキーのアルペン競技においては弱い国でした。

また、ステンマルクさんが活躍する以前の回転や大回転競技は、100分の1秒単位で順位が争われていました。

しかし、ステンマルクさんが優勝しだすと、1位と2位の差が、しばしば5秒前後という異次元の大差となることがありました

そんなステンマルクさんの圧倒的勝利が続くと、ライバル選手達は「ステンマルクに次ぐ2位は、優勝と同じ価値がある」と言うほどになりました。

ステンマルクさんが、それまで無名だった「ELAN(エラン)」というスキーを使用していたことも衝撃でした。

当時は、フランスやオーストリア製のスキーが主流だったので、ステンマルクさんの活躍によって、スロベニア製のELANは一躍注目を浴びました。

ミシェルのお父さんは、早速、ステンマルクさんが使用していたスキー帽子とELANを購入しました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

瞼が腫れた



上の写真は、ミシェルの左側の顔です。

青い目をしていたカリーノに比べると、ミシェルの目は少し小さめです。

そのミシェルの右目の周囲に、2~3日前、目ヤニのようなものがついていましたが、その時は、ミシェルが目を気にしている様子は無かったので、目薬をさしておくだけで済ませました。



しかし、昨日、ミシェルのお母さんが、ミシェルの右目の上瞼が少し腫れていることに気づきました。

よく見ないと気づかないくらいの腫れですが、皮膚が少しピンク色になっています。

そこで、今朝、動物病院に行って診察してもらいました。

心配した悪性の腫瘍ではなく、細菌か腺が詰まったことによる炎症の可能性が高いとのことでした。

2種類の目薬を処方してもらい、経過を見ることになりました。

これで腫れがひけば良いのですが、もしひかない場合は、メスで切開する必要があるかもしれません。

目薬で腫れがひいてくれることを願っています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

富士山がクッキリ



今朝は青空が広がり、風も無く、絶好の散歩日和でした。



道路の雪もアイスバーンも殆ど融けてしまいましたが、まだ少しアイスバーンが残っている所があります。



アイスバーンの所は、滑らないようにユックリ慎重に歩いています



今朝は雲も無く、美しい富士山がクッキリと見えました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

シャモニー・モンブラン



今朝は-6℃で、かなり風が吹いていました。

その為、昨日融けた雪がアイスバーンになって、散歩の時は要注意でした。

アイスバーンといえば、ミシェルのお父さんには2つの想い出があります。

1つ目は、競技スキーをしていた頃のコースです。(上の写真は、お父さんです)

滑ると雪が掘れてしまうので、最初の方に滑る選手と後の方に滑る選手では不公平が生じます。

そこで、コースが掘れにくいように、塩や水を撒いてアイスバーンに近い状態になるように固めます。

アイスバーンのように硬いコースを滑るには、かなりの高等技術を要します。

それでもコースは掘れてしまうので、上位に入賞する為には、15番目(第1シード選手)迄に滑る必要があります。



2つ目は、フランスにあるモンブランの氷河です。

ロンドン勤務当時、クリスマス休暇を利用して、シャモニーに家族でスキー旅行に行きました。

シャモニーは、フランス東部、モンブランの麓にある高級スキーリゾート地として有名です。

第1回冬季オリンピックは、1924年にシャモニーで開催されました。



上の写真が、モンブランです。

モンブランは「白い山」という意味で、標高が4,810mあり、西ヨーロッパで最も高い山です。



モンブランには、「バレ・ブランシュ」という名の氷河があります。

氷河の長さは約20キロもあり、氷河の最も厚い部分は250m以上あると言われています。

ミシェルのお父さんは、この氷河を滑ったのです。



まずケーブルカーに乗って、イタリア側の山頂近くに行きます。

そこから富士山の頂上位の高さまで急斜面を滑り降りるのですが、この時は腰近くまで新雪が積もっていて、かなり苦労しました。



氷河は、コースを知り尽くした地元のガイドさんの指示に従って滑ります。

途中には危険なクレバス(氷河の割れ目)もあり、そこに落ちたら死亡する可能性が大です。

氷河は、1日1cm動いているそうで、もしクレバスに落ちたら何十年後に発見されることになるかもしれません。



スタート地点からゴール地点まで、標高にして約2,000mを滑り降りてきます。

アイスバーンで凸凹状態の氷河ですから、かなりの緊張を強いられます。



途中で、ガイドさんが指さした方向を見ると、断崖絶壁の上にシャモアが佇んでいました。

その美しい光景は、今でも瞼に焼き付いています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

アイスバーンに要注意



昨晩に降った雨で更に雪は融けましたが、アイスバーン状態になっている部分は大変滑り易くなりました

道路の一部分がアイスバーンならまだ良いのですが、道路全体がアイスバーンになっている所は、歩くのに要注意です。



上の写真は、昨日の富士山です。

頂上に「笠雲」のような雲がかかっていました。

昨日の天気予報は、NHKが夕方から「雪」マークで、Yahooが「みぞれ」マークでした。

しかし、実際には雨が降りました



上の写真は、今朝の富士山です。

頂上付近から煙のような雲が立ち上っていました。

昨晩の雨で雪が融けましたが、今日は気温が高いので、更に雪が融けそうです。

18021104

散歩の途中で、ニコル君と会いました。

ミシェルは、いつものようにニコル君のパパさんに甘えていました



散歩のあとに買い物に行き、ホームセンターに立寄ったら、ヤイ君に会えました。

長いこと会っていなかったヤイ君ですが、「あっ、ミシェル君のお父さんとお母さんだ!」とばかり、喜びを身体中に表して甘えてくれました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

三八豪雪



連日、福井県の国道8号で雪の為に動けなくなった1500台もの車の状況が報じられています。

福井県に実家があるミシェルのお父さんにとっては、他人事とは思えません。

福井県に住んでいる姉に連絡したところ、「朝から5回も雪かきしています」とのことでした

高齢になった姉にとっては大変な作業であり、心配です。

同じく福井県に住んでいる姪に連絡したところ、こちらは「雪が多いのは慣れているし、そのうち春が来るでしょう」と気丈に語っていました。

冗談半分にしても、元気でいることが判って少し安心しました。



福井県生まれのミシェルのお父さんにとって、一番記憶に残っているのは昭和38年の豪雪(通称「三八豪雪」)です。

福井県の嶺北地方(勝山市や大野市など)は、元々「豪雪地帯」と言われていました。

今では、温暖化のせいで積雪は少なくなりましたが、昔は、1m以上積もることは珍しくない地域でした。

しかし、昭和38年の時は特に異常で、嶺北地方の大野市で約3m、勝山市の北部で5m40㎝も積もったのです

福井市は、元々積雪の多い所ではありませんが、それでも2m13㎝も積もりました。



上の写真は、三八豪雪の時の福井市内の様子です

雪の少ない福井市を見慣れているミシェルのお父さんにとっては、信じられない光景です。



上の写真は、三八豪雪の時の勝山市内の様子です

勝山市の道路の下には水が流れており、冬季は、その水を利用して雪を流せるようになっています。

しかし、昭和38年の時は、雪が多過ぎて水に流す作業が追いつかず、その内、雪は1階の屋根まで積もってしまったのです。

その為、市民の中には、2階から家に出入りすることを強いられた人達もいた程でした。

子供の頃に、このような経験をしたお蔭で、ミシェルのお父さんは、少々の積雪には驚かなくて済んでいます



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング