高層マンション火災



6月14日未明、ロンドン西部のノース・ケンジントン地区にある公営住宅「グレンフェル・タワー(24階建て・全127戸)」で火災が発生し、建物は瞬く間に全焼し、推定で79名もの人が死亡したと言われています。(この他に重体の人が17名と発表されています)

グレンフェル・タワーは1974年に竣工した低所得者向け高層住宅ですが、2015年から2016年にかけて、予算860万ポンド(約12億円)の大規模改装工事が行われました。

上の写真は改装工事前のグレンフェル・タワーですが、改修工事では外壁にアルミ製のサンドイッチパネルが張られました。

サンドイッチパネルの内部には断熱材が充填されていましたが、この断熱材が燃え易い材料で、火災が短時間で広がった原因の一つである可能性があると言われています。



上の地図の右上の黄緑色の部分は有名な「ハイド・パーク」ですが、その左上の赤丸部分にグレンフェル・タワーが建っています。

ハイド・パークからは歩いても行ける程の距離で、ミシェルのお父さんも何度も近くを通り過ぎたことがあります。

日本のニュースでは「高級住宅街」と言っていましたが、それは正確ではなく、実際の高級住宅街はもう少し南側にあります。



1974年竣工ということで、グレンフェル・タワーには最新の建築基準法や消防法は適用されていないようです。

現在であれば、この規模の高層住宅は2つ以上の階段を有しており、階段の手前には「附室」と呼ばれる小部屋のような空間があり、火災の際に煙を屋外に出す装置が設置されていて、避難に使う階段に煙が侵入しないようになっています。

また、一般的な高層住宅は2方向避難が義務付けられており、通常、階段の他にバルコニーがあり、そこに避難タラップが設置されています。

グレンフェル・タワーは1974年竣工ということもあって、(附室の無い)階段が1つしかなく、かつバルコニーも無かったので、それが避難を困難にした可能性は大のように思えます。



現在の高層住宅は、通常、準不燃以上の内装材を使用しており、かつ100㎡毎に防火区画(火が延焼しにくくする)されていますので、グレンフェル・タワーの火災のように、瞬く間に建物全体に火が燃え移る可能性は低いと考えられます。

しかし、火災や地震では、人間の予測を超えたことが度々発生しますから、普段から注意し、定期的にメンテナンスを行う必要があるように思います。

ちなみに、ミシェルのお父さんが東京のマンションを購入した時は、地震などの際にエレベーターが動かなくなっても容易に地上まで行ける限界を考慮し、6階の住戸にしました。

東京の湾外沿いには多数の高層マンションが建っており、眺望が良いということで高層階の人気が高いようですが、災害時のことも考慮して購入を検討した方が良いように思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

富士大石ハナテラス



上の写真は、一昨日の散歩のひと時です。

この日は晴れていましたが、昨日は台風のような風雨。

そして、今朝は再び晴天で、青空が広がっています。

梅雨だというのに、目まぐるしい天候にビックリです



7月5日に河口湖畔にある大石公園の隣りに新しい商業施設がオープンするというので、様子を見に行って来ました。

上の写真は大石公園で、ラベンダー越しに美しい富士山が見えました。



新しくオープンする商業施設の名前は「富士大石ハナテラス」です。

大石公園の西隣りに位置します。



上の絵は、完成予想図です。

河口湖畔の厳しい建築基準を順守して、建物は低層で、店舗間にゆとりを持たせた設計となっています。



上の写真は、富士大石ハナテラスの模型です。

入居する店舗は・・・

黒蜜庵きなこ亭 : 桔梗信玄餅でおなじみの桔梗屋が展開する和喫茶

Smile an deli : 富士吉田の古民家でスイーツ・カフェを営業されていた「すまいる庵」の新規オープンカフェ

T’s cafe : ゾウさん印の武田牛乳アイスなどを販売する武田食品によるカフェ

□◯堂 冨士大石 : 天然石を使ったアクセサリーショップ

めでたや : 和紙を使った和雑貨・和文具を販売するショップ

富士桜工房 : 富士山麓で織られたオリジナルネクタイやストールを販売するショップ

葡萄屋kofu ; 甲府の葡萄で作るレーズンサンドを販売するショップ



現在は、オープンを直前に控えて、外構工事が行われていました。

オープンしたら、早速行ってみたいと思います


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

レグルス君、安らかに



ミシェルのお家にとって、大切な友達犬のレグルス君が旅立ちました。

アンジェと同じ13歳で、あと40日程で14歳になるレグルス君でした。

とても美しくて優しいレグルス君でした。

3日前の日曜日、ミシェルのお父さんとお母さんは、コリー仲間のKさんの別荘に行き、レグルス君のパパさん&ママさんとも歓談しました。

もう歩けなくなっていたレグルス君は、床に横になって皆の話を聞いていました。

時々、まるで走るように前足を動かして「ウォ~ン、ウォ~ン」と言うレグルス君でしたが、ミシェルのお父さんには「僕も参加したいよ」と訴えているように聞こえました。

ママさんに水を飲ませてもらったレグルス君は、ミシェルのお母さんが手作りしたケーキも食べてくれました。

その翌日の月曜日の夜、レグルス君はパパさんの腕に抱かれて静かに息を引き取ったそうです。

とても安らかな最後だったそうです。

日曜日が、結局、レグルス君と会えた最後の日となりましたが、旅立つ前に会えて本当に良かったと思います。



上の写真は、レグルス君がミシェルのお家に来てくれて、庭で一緒に遊んだ時の様子です。



上の写真は、ミシェルのお家から車で10分程の広場で遊んだ時の様子です。

レグルス君との想い出を振り返ると、ミシェルのお父さん目から涙が次々と溢れてきます。

人間の寿命と比べると、13歳という寿命はあまりにも短すぎます。

しかし、レグルス君は家族の愛情をいっぱい受けて、13歳という年齢の何十倍もの充実して幸せな犬生だったことは間違いありません。

ママさんは「レグルスを通じて、いっぱい友達ができました」と語っておられますが、そのとおりだと思います。

「犬は天使」と言われる一例だと思います。

今頃は、先に亡くなったアフロス君と再会し、一緒に楽しく駆けていることでしょう。

シェリーやカリーノとも会っているかな。

アフロス君、楽しい想い出をいっぱい残してくれて、ありがとうね

ミシェルのお家の全員が、優しかったレグルス君が大好きです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

網焼HANA



ミシェルのお父さんは「積極的に行きつけのレストランを開拓しようという」というタイプではないので、これまで行くレストランの選択肢は限られていました。

しかし、それでは、お客様が来られた時、レストランに案内するのに多少なりとも支障がありますので、心を改めて、レストランの探索を開始することにしました

ということで、先日行った「55STEAK」に続いて、今回は、河口湖畔にある「網焼HANA」というレストランに行ってみました

お店の外観は、こんな感じです。



お店の正面は河口湖で、美しい富士山も眺められます。

ここは、河口湖周辺の絶景ポイントの一つです。



今回、注文したのは、ビビンバのランチセットでした。(約1,300円)

最初にスープとサラダが出てきます。(スープは、写真を撮る前に飲んじゃいました



次にメインディッシュのビビンバが出てきます。

お父さんは、一般的なビビンバを注文しました。



お母さんは、カルボナーラ風のビビンバを注文しました。

マイルドな味で、女性に向いているかもしれません



最後にコーヒー(紅茶)とケーキが出てきます。

ケーキは何種類かあり、選択できます。



お父さんが選んだケーキは、右側のチョコレートケーキでした。

お母さんが選んだケーキは、左側のチーズケーキでした。

絶景を見ながら、美味しいランチを堪能することができました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

優しい心遣い



昨日、YUKIお姉さんが送ってくれた小包が届きました。

「あれっ、何かな?」と思って中を見ると、上の写真の「メロン最中」でした。

昨日は「父の日」ということで(お父さんは知りませんでした)、YUKIお姉さんが優しい心遣いをしてくれたのです



蓋を開けてみると、中には、このようなお菓子が入っていました。

メロン最中という名前のとおり、メロンの香りがします。

美味しそうな香りにつられて、ミシェルが鼻を近づけクンクンしていました



上の写真のようなカードも添えられていて、裏には暖かいメッセージが書かれていました

YUKIお姉さんは、今、大学(2つ目の大学)の課題とお仕事の両方で忙しいのに、こんな優しい心遣いまでしてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。

昨日は孫(YUKIお姉さんにとっては甥)の誕生日でもあったので、YUKIお姉さんは甥にもプレゼントを贈ったようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

空梅雨



6月7日頃に梅雨入りしたというのに、河口湖は殆ど雨が降っていません。

しかし、雲は多く、富士山の姿が見えるのは稀です。

一昨日は、久し振りに富士山を見ることができました



かなり雪は融けましたが、頂上に近い所には雪が残っています。

KIMG0256~2

上の写真は、前庭に植わっている木です。

春先に小さくて可愛いピンクの花が咲きましたが、最近になってグミのような実を付けました



上の写真は、オオミズアオという蛾です。

大きいので、初めて見た時はビックリしましたが、無毒で、薄緑色をした綺麗な蛾です。

なんと、絶滅危惧種とのことです。

成虫になると口が退化してしまって無くなり、食べれなくなってしまうそうです

そのせいか、とても短命だそうで、大切に見守ってあげる必要があります。


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

アジサイ災難



アジサイの枝に葉が生い茂り、花の芽が見られるようになりました。

しかし、葉に虫が食ったような穴が発生しています

どんな虫が葉を食べたのか判りませんが、取り敢えず家にあったリンゴを原料とした防虫剤を散布しました。

数日、葉の状態を観察してみましたが、防虫剤の効果が感じられません



そんなある日、庭にある切り株の上に見慣れない虫が止まっていました

蚊のような細い体をして、お尻に長い針を持っています。

「何だろう?」と思い、情報を探してみました。

どうやら「ハバチ」という虫の一種のようで、蜂の仲間のようです。

長い針を持っていますが、人間を刺すことはなく、針は卵を産む為の産卵管だそうです。

しかし、ハバチはアジサイの葉に卵を産み付け、その幼虫が葉を食べるそうです。



これが、ハバチの幼虫のようです。

しかし、ミシェルのお家のアジサイの葉には、このような幼虫の姿は見当たりません。

とは言え、ハバチの成虫を見かけたので、早速、ハバチに効果があるという防虫剤を散布してみました。

その後、アジサイの葉の状態を観察していますが、被害は進行していないように感じます。



上の写真の虫ではないかもしれませんが、極小さいバッタのような虫が、時々、アジサイの葉の上に居ます。

しかし、ハバチに効果があるという防虫剤を散布したあとは、この虫も殆ど見かけなくなりました。

アジサイは、ミシェルのお父さんが大好きな花なので、今後も葉の状態を観察する予定です



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

文科省文書


加計学園の獣医学部新設に関する打ち合わせ内容を記した文部科学省作成の文書が話題になっていますが、その内容は意外と報道されていないように感じます。

そこで、以下に内容の一部を御紹介したいと思います。



上の文書では、内閣府が文部科学省に対して、獣医学部設置時期を最短とすることは「総理のご意向と聞いている」と回答しています

また、どのように政府と担当省庁間で事を進めていけば良いか生々しく記されており、加計学園の獣医学部新設が、安倍内閣一丸となってのプロジェクトであることが如実に語られています。



上のスケジュール表では、加計学園の名前こそ記されていませんが、内閣府が平成30年4月の開学に強くこだわっていることが判ります。

また、大学の公募に関して、わずか8日間しか見込まれておらず、これでは事前に応募案を準備した大学しか公募に応じられないことが明白です。



上の文書では、内閣府が文部科学省に対して、平成30年4月の開学というスケジュールは「官邸の最高レベルが言っていること」という言葉でプレッシャーを与えていたことが判ります



上の文書では、国会で他人事のような発言を繰り返している松野文部科学大臣が、首相の意向を受けた内閣府からのプレッシャーに対して困惑していた様子が察せられます

また、獣医学部新設に反対している麻生副総裁達を懸念していたことが判ります。



上の文書では、安倍首相の側近と言われる萩生田官房副長官が「他の大学から『うちもできますよ』と言われると困難になる」と発言しており、加計学園ありきだったことが判ります。

また、加計学園が良い提案をできるようにサポートする必要があるとの意図が読み取れます。

松野文部科学大臣は「今回は、文書の存在の有無だけを調査する」と言ってますが、文書の存在は明らかで、本当に重要なことは「文書に記されていることが、客観的に見て問題がないのか?」ということを調査することではないでしょうか。

全ての国民に公平であるべき行政が、首相の個人的な関係でゆがめられるとしたら、日本は民主国家・法治国家とは言えません。

加計学園の獣医学部新設に関する真相が、一刻も早く国民の前に明らかにされることを願って止みません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

記者魂



上の構図は、加計学園の獣医学部新設が認められた背景を示すものです。

安倍首相の側近と言われる荻生田官房副長官は加計学園系列の千葉科学大学の客員教授、木曽氏は元文部科学省官僚・元内閣官房参与で現千葉科学大学学長というのですから、これだけ見ても「李下に冠を正さず(故事。誤解を招くことはするなの意)」とは真逆の構図です。



誰が見ても「明らかに首相の意向が忖度された」と思える獣医学部新設ですが、文部科学省へ働きかけを示す文書について、安倍政権のスポークスマンである菅官房長官は、「怪文書の類」とか「出所不明の文書については調査しない」と繰り返し、国民に真実を明らかにすることを拒否していました。



そんな菅官房長官に対して、記者魂を見せてくれた女性記者がいました

東京新聞の望月衣塑子さんです。

慶応大学法学部卒で、二児の母親です。

2004年には、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の報道をスクープをして、自民党と医療業界の利権構造の闇を暴いています。

あくまで文書の再調査を拒否する菅官房長官に対して、望月記者は「前川前事務次官だけでなく、複数の人からの告発が報道で出ている。文書の公開、第三者による調査をする考えはないか」と鋭い質問。

菅官房長官が「法律に基づいて適切に対応している」と答えると、望月記者は「現在でも複数の文科省の職員が文書を『持っているという匿名の告発が出ている。本当に共有フォルダに『あった』か『ない』か、文科省や政府ではなく第三者によって適切に調べて頂きたいがどうか」と更に追及。

菅官房長官が「文部科学省の方で、その指摘を踏まえて検討した結果、(文書の)存否や内容などの確認の調査は必要ないと判断したと報告を受けている」と答えると、望月記者は「安倍首相や菅さんの判断ではないか」と核心を突く。

政府の事務方から「同じ質問を繰り返さないで」と言われると、望月記者は「きちんとした対応をして頂けないので何度も聞いている」と反論。

この記者会見のあと、珍しく菅官房長官は首相と面会して対応を協議した(「もう再調査を拒否するのは難しい」と報告?)と言われていますから、望月記者の鋭い質問は相当のインパクトがあったものと推測されます。

読売新聞や産経新聞のように政府の御用新聞に成り下がってしまったマスコミが多い中で、望月記者の「記者魂」は本当に見事だと思います



上の写真は、千葉科学大学の記念式典での安倍首相の祝辞です。

一国の首相が妙な格好をしていますが、気持ちは「千葉科学大学の名誉学長」ということでしょうか。

この千葉科学大を銚子市に誘致した野平前銚子市長は、国家戦略特区制度を利用して千葉科学大学に水産・獣医学部を新設することを掲げて、市長への返り咲きを狙っています。

野平前市長は、自治省を経て岡山県副知事を務め、2002年には加計学園系列の岡山理科大客員教授に就任。

同年7月の銚子市長選で千葉科学大の誘致を訴えて、市長に初当選を果たしました。

千葉科学大学誘致に際し、銚子市は92億円(市が借入れ)もの補助金を提供し、市有地9.8ヘクタールを無償貸与したのです

現在、銚子市の財政は、市債残高約300億円を抱えて火の車で、「第二の夕張市か」と財政破綻を危ぶまれています



上の写真は、加計学園の獣医学部建設工事現場と自民党の逢沢一郎元外務副大臣で、当選10回という古株の国会議員です。

岡山理科大獣医学部建設工事に対して、今治市は、36億5千万円の価値がある市有地を無償提供し、192億円の建設費の半分の96億円を補助するそうです。(千葉科学大学と同じ構図)

ということで、通常なら、建設工事には地元の建設会社が参画し、地元に工事費が還元されるものですが、岡山理科大獣医学部の場合は少々きな臭いことが起こっているようです。



上の看板は、岡山理科大獣医学部建設工事現場に設置されているものです。

工事施工者欄を見ると、愛媛県ではなく、岡山県のアイサワ工業と記載されています。

このアイサワ工業は、前述の逢沢一郎元外務副大臣の祖父が創業した会社で、現在は逢沢一郎元外務副大臣の従兄が社長で、自民党に献金も行っています。

週刊朝日の記事によると、獣医学部新設の必要性を提言した菅今治市長と加戸前愛媛県知事は、安倍首相と同じく日本最大の右系組織「日本会議」のメンバーです。

逢沢一郎元外務副大臣も日本会議国会議員懇談会メンバーです。

そして、安倍首相の「腹心の友」である加計孝太郎理事長は「日本会議の別動隊」と言われる育鵬社の教科書発行団体「教科書改善の会」の賛同者に名を連ねています。

森友学園の籠池前理事長も日本会議大阪の運営委員だったわけですが、ここでも同じような構図が見られます。

一方で、今治市が96億円もの補助を行なうことから、今治市民は設計図の公開を求めましたが、何故か拒否されたそうです。

そもそも建設工事費の192億円は加計学園から伝えられた金額で、今治市が検証を行った見積金額ではありません。

千葉科学大学の補助金95億円と岡山理科大獣医学部の補助金96億円は、極めて近い数字ですが、果たして偶然の一致なのでしょうか、それとも「補助金ありき」だったのでしょうか



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

ラフコリー3頭



昨日、ドッグランに行くと、先にリーちゃんとベルちゃんが来ていました。

リーちゃんとベルちゃんに会えるのは殆ど土曜日なので、嬉しい驚きでした



ベルちゃんは、何度もミシェルのお父さんの側に来て、甘えてくれました

昨日は、お父さんの足の間に入って甘えてくれましたが、カリーノも、嬉しい時、このような仕草をしました



ミシェルは、早速、大好きなベルちゃんのあとを追い駆けていました

まるでベルちゃんの家族になったみたいに、ずーっと一緒に居ました



ベルちゃんが、時々、地面に伏せると、ミシェルが「遊ぼうよ」と誘います。

ミシェルがベルちゃんのお尻の辺りを手で突くと、ベルちゃんが「止めてよ」と言い、その様子が何とも微笑ましく感じました


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング