FC2ブログ

リリーちゃん、安らかに



今日は、ミシェルのお父さんにとって悲しい朝になってしまいました。

アンジェの姉妹であるリリーちゃんが、昨日の朝に旅立ったとの知らせが入りました。

昨日で、15歳2ヶ月でした。

今朝は、雨が降っています。

ミシェルのお父さんの悲しい気持ちを察して、お空も一緒に泣いてくれているのでしょうか。



リリーちゃんは、生まれた時から優しくて美しい子でしたが、生後2ヶ月で千葉に住む親戚の家の娘となりました。

その家の人間のお子さん達は独立して他の所に住んでおられましたので、リリーちゃんはパパさんとママさんの娘として、愛情いっぱいに大切に育てられました。



15歳2ヶ月と長生きし、リリーちゃんは幸せな一生を送ることができました。

リリーちゃんの母親のシェリーの父親として、こんなに嬉しいことはなく、リリーちゃんを大切に育ててくださったパパさんとママさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

この写真を見ると、改めてリリーちゃんが、シェリーやアンジェとそっくりだったことが分かります。



この森は、リリーちゃんが大好きだった場所のようです。

行くと嬉しくて、ワンワン吠えながら、楽しそうに駆けていたそうです。

(上の4枚の写真は、リリーちゃんのママさんのブログから拝借しました)



リリーちゃんは、シェリーが産んだ7頭の子供の内の1頭でした。

東京から横浜に引っ越した直後に産まれ、初産でしたが、安産で丈夫な子を産んでくれました。



リリーちゃんは、4番目に生まれたので、ベビーの頃は「シー(4)ちゃん」と呼ばれていました。

そして、親戚の家の娘となって、「リリー」という素敵な名前を付けてもらったのです。

8月の10日頃に、リリーちゃんのママさんから「病院で、腎臓が悪いと診断された・・・」との連絡があり、心配していましたが、それから1ヶ月以上も頑張ってくれたようです。

きっと、大好きなママさんと、1日でも長く一緒に居たかったのだと思います。

ミシェルのお父さんもお見舞いに行きたかったのですが、家庭の事情があり、誠に残念ながら旅立つ前に会うことは叶いませんでした。

リリーちゃんは、今頃、シェリーやアンジェやジョイ君(兄)と再会し、一緒に過ごしていると思います。

リリーちゃん、大好きだよ

これからは、シェリーとアンジェとジョイ君達と楽しく過ごしてください。

そして、大好きなママさんのことを見守ってあげてくださいね。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

色々なキノコ



昨日の東京はゲリラ豪雨に遭い、マンホールから水が噴き出したりと大変だったようです

関東地方の日照率は平年の50%台といいますから、まるで1年中梅雨が続いているかのようにさえ感じます

そんな異常気象のせいでしょうか、別荘地内を散歩していると、彼方此方でキノコを見かけます。



こんなに真っ赤なキノコも見かけました

しかも、真っ白な袋から出てきたかのように生えています。



ふっくらとしたパンのようなキノコも見かけました。

美味しそうに見えても毒キノコもあるようですから、見るだけにした方が良いかもしれません



ビーチパラソルのようなキノコも見かけました。

くっつきあうように、仲良く並んで生えています。



シバザクラの中に、マツタケのような形をしたキノコが生えていました。

本物のマツタケなら嬉しいのですが



芝生の間にも、小さなキノコが生えていました。

雨は、キノコの栄養ドリンクのようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

譲る優しさ



昨日の朝の散歩を終える頃、富士山が綺麗に見えたので写真を撮りました。

ミシェルとシルフィが、お利口さんにモデルを務めてくれました

シルフィは、夜になると、ミシェルのお父さんの横に来て寝ています。

ここは、本来、ミシェルの場所なのですが、優しいミシェルは怒りもせず、シルフィに譲っています。

ミシェル自身は、お父さんの足元に行ったり、自分のハウスに行ったり、リビングのソファーに行ったりして寝ています



昨日の朝の富士山です。

今年は雨や曇りの日が多く感じられますが、昨日は久し振りに美しい富士山を見ることができました。



キッチンの前で、朝食を待っているシルフィです

シェリーやアンジェも同じようにしていました。

朝食を食べ終わると、シルフィはミシェルのお父さんの横に来て、お父さんが食べている食パンを分けてもらおうと待っています。

これも、シェリーやアンジェと同じ行動です



横浜のお家から移植した姫リンゴの実が、真っ赤に色づきました。

姫リンゴは食用に適さないと理解していましたが、ネット情報によると、「リンゴジャム」や「リンゴ飴」や「焼きリンゴ」にして食べることができるようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

サマータイム



昨日行われたベルリンマラソンで、リオデジャネイロ五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、2時間1分39秒という驚異的な世界新記録で2連覇しました

この記録を出すには、100mを17秒23のペースで走り続けなくてはなりませんから、常人には信じがたいスピードです

ちなみに、当日のベルリンの気温は、最高気温が22℃と涼しかったようです。

一方、2020年に開催予定の東京オリンピックでは、最高気温が40℃近くにもなることが予想されています。

暑さに強いケニアの選手でも、この暑さの中を42.195㎞を走るのは容易ではありません。

そこで、オリンピック組織委員会と日本政府は、東京オリンピックの為に「サマータイム」の導入を考えているようです。

しかし、「サマータイム」には、多数の問題があることが明らかになっています。

ある日、突然、時間が1~2時間早くなったり、遅くなったりするのです。

「サマータイム」に慣れている英国でも、必ず混乱が発生していました。

例えば、友人達とゴルフの約束をして、当日、ゴルフ場に行っても、必ずスタート時間までに来ない人がいるのです。

「サマータイム」で時間が変更されたことを知らずに起きるトラブルです

飛行機などを使って旅行に行く時も、この「サマータイム」の為にかなり混乱が生じていました。

ミシェルのお父さんが英国に住んでいた当時は、サマータイムのメリットは殆ど感じなく、むしろデメリットの方が多いと感じていました



上の世界地図は、2011年11月現在の「世界のサマータイム実施状況」を示しています。

現在実施中になっているEUでも、サマータイムの弊害が問題になっていて、「廃止」が検討されています。



サマータイム実施による「健康被害」も、よく指摘される問題の一つです。

上の新聞は、奈良県で起きた問題が掲載されています。



上の表は、サマータイム実施による数々の問題点を示しています。



問題点の一つには、システム変更にかかる膨大な費用もあります。(少なくとも1千億円以上のコストが見込まれています)

政治屋の中には、システム変更を行う企業と結託して、その利権にあやかろうと悪だくみする輩が出てくることも考えられます。

そんな「サマータイム」について、ホリエモンこと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、雑誌で次のように語り合っています。

ホリ: 2020年東京オリンピックの猛暑対策として、サマータイムの導入を検討するっていうニュースがあったけど、メディアもネットも大騒ぎしてるよな。

ひろ: サマータイムにして、1~2時間早くするって話ですけど、まともに仕事している人からすると迷惑でしかないと思います。例えば、北海道(札幌)の8月上旬の日の出は4時30分頃ですけど、それが2時間早いと深夜の2時30分頃になるわけで、超迷惑をこうむることになるんですよね。なんで東京オリンピックの暑さ対策の為に、日本中に影響することをしないといけないのかと。

ホリ: ほんと頭悪いよな。

ひろ: でも、頭が悪いからこそなせる業でもありますよね(笑)。サマータイムが暑さ対策になると本気で思っていて、それに伴うコストがどれくらいかかるか調べようともしないわけですから。まあ、アホな結論に至るのって、今に始まったことじゃないですけどね、軽減税率とか。

ホリ: サマータイム賛成派は、システム変更とかで公共事業利権を狙っているんじゃないの? ベンダーとか、めっちゃ儲かるじゃん。ITゼネコンがやるような官公庁や大企業のレガシーなシステムの改修は、大変な手間がかかる。このような事態を想定しないスパゲッティコード(スパゲッティが絡まるように構造が複雑)になっていることが多いわけだし。

ひろ: 日本中の役所で改修が始まるので、かなり儲かりはするんでしょうね。ほんと「利権」と呼べるくらいに。

ホリ: みずほ銀行のシステム統合なんかもの凄い時間かかっているように、多分、デスマーチ(過酷な労働状況)が各地で繰り広げられるだろうね。一説には、サマータイムの為にシステムを変更するとしたら、2年とか4年とかかかるって話もあるみたいだし。でも、それだとオリンピックに完全に間に合わないわけで、やっぱ頭悪いと思うわ。

ひろ: 頭の悪い人が考える頭の悪い案が、与党の中で検討されているということですよね。

ホリ: サマータイムを導入しているEUでは、サマータイム廃止論も出ているみたいだけど。

ひろ: サマータイムが導入されている国は、サマータイムが始まると睡眠時間が減るってのが統計的に出ているみたいです。それで注意が散漫になるので、交通事故も増えるし、心筋梗塞も増えるそうです。


やはり、オリンピックの為に「サマータイム」を実施するなんてことは止めて、マラソンや競歩のスタート時間だけ早めてくれる方が良いと思うのですが・・・



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

助け合い



先日の台風で、御近所のシラカバも倒れてしまいました。

シラカバは根が浅いので、強風の時に倒れやすいようです。

昨日、この前を通りかかると、別荘のオーナーさんが来ていて、倒れたシラカバを処分されようとしていました。

そこで、ミシェルのお父さんが「シラカバは、また何かに使われるのですが?」と聞くと、オーナーさんは「使う予定はありません」と、どう処分すべきか少し困ったような顔をされました。

そこで、ミシェルのお父さんが「それでは、私が頂いても宜しいですか?」と聞くと、オーナーさんは「それは助かります」と、少し安心したように微笑みました。



ミシェルのお父さんは、早速、家からチェーンソーを持ってきて、倒れたシラカバを40㎝の長さに切っていきました。

長かったシラカバも、見る見る短くなっていきます



ミシェルのお母さんにも手伝ってもらい、40㎝の長さに切ったシラカバを一輪車を使って家まで運びました。



昼食後、今度は、ナタを使って40㎝の長さのシラカバを割り、薪の太さにしていきます。



薪を薪置き場に運んで、作業は完了です

下の方にある黒っぽい薪は以前に作ったもので、薄茶色のものが、今回作った薪です。(乾燥すると、色が変わります)

薪ストーブで燃やせるようになるまでは、最低でも7ヶ月間は自然乾燥させる必要があるので、今回作った薪は今年の冬には使えません。

ちなみに、薪に適した木とは、「熱量が高くて、燃焼速度が遅い」という性質を有しています。

薪に適した木をA~Dランクに分けると、Aランクは「ナラ、クヌギ、ブナ」などで、シラカバはCランク(熱量も燃焼速度も中位)になります。

薪としては、それほど適したシラカバではありませんが、困っていた御近所さんのお手伝いができたので、良しとしましょう



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

モテモテのシルフィ



今朝の散歩を終えてお家に戻ってくると、ルーク君がやって来ました。

散歩のタイミングが、少しずれたようです。

早速挨拶すると、ルーク君はシルフィに興味津々

普段は表情を現さないルーク君ですが、今朝は尻尾をブンブン振っていました



今朝もミシェルのお母さんがルーク君にオヤツをあげようとしましたが、何故か食べようとしません。

シルフィを見て、少し興奮しすぎたのかな

でも、ミシェルのお母さんに代わって、ルーク君のパパさんがオヤツをあげると、ルーク君は直ぐに食べました

シルフィは、ルーク君にもニコル君にもモテモテです



こちらは、少し前に会ったワンちゃんです。

ぬいぐるみのように可愛いトイプードルです。

とても優しそうなワンちゃんでしたが、初対面のせいか、少し恥ずかしがっているようでした



こちらは、散歩の途中で見かけたワンちゃんです。

でも、全く動く気配がありません

どうやら、置物のダルメシアンのようです。

遠くから撮影したので写真は鮮明ではないのですが、最初に見た時「あ~、美しいダルメシアンが居る!」と思ったほどのリアルさでした



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

太陽が恋しい



山梨県は、年間の日照時間の多さで日本のトップクラスにランクされており、北杜市明野町は日照時間のランキングで日本一になっています。

しかし、今年は曇りや雨の日が多いように感じられ、スカッと晴れた日が少ないように感じます。

今日も曇り空で湿度が高く、こんな日が続くと、ミシェルのお父さんは、スペイン南部の地中海に面した「コスタ・デル・ソル(太陽海岸)」が恋しくなってしまいます。

上の写真は、コスタ・デル・ソルの中心都市の「マラガ」です。

コスタ・デル・ソルの気候は温暖で、年平均気温は19度で、日照は年間300日以上もあり、誠に羨ましい限りです。

マラガはスペイン第6位の都市(人口569,002人)で、画家のパブロ・ピカソの出身地としても有名です。



コスタ・デル・ソルが国際的な観光リゾートとして知られるようになったのは1950年代のことで、以来、イギリス、ドイツ、北欧、フランスの人達にとって大変人気の高い旅行先となっています。

景色も美しいのですが、日照時間の多さが人気の理由の一つと思われます。

コスタ・デル・ソルは海岸に沿って素敵なリゾートホテルが数多くあり、歩いているだけでも気分がウキウキします

ミシェルのお父さんが歩いていた時、海釣りをしている老人に会いました。

話をすると、老人はアメリカ人で、「普段はアメリカに住んでいるが、寒い冬はマラガに住んでいる」と仰っていました。



コスタ・デル・ソルには、高級ヨットハーバーも点在しています。

中でも「プエルトバヌース」は特に有名で、ヨーロッパやアラブの大富豪達の超豪華なクルーザーが多数停泊しています。

ヨットハーバーに立ち並ぶカフェレストランで休憩しながらクルーザーの方を眺めていると、旅行で来たと思われる若い美女達の姿が目に入ります。

もしかすると、大富豪に見初められて、玉の輿に乗ることを期待しているのかもしれません



コスタ・デル・ソルの近くには、大変魅力的な「ミハス」という村があります。

村の建物は、真っ白な外壁とオレンジ色の瓦で統一されています。



2世紀に出版された書物に「古代ギリシアやポエニ人が、豊富な鉱物資源目当てに村にやって来た」と記載されているそうですから、ギリシャの白い建物と関連性があるのかもしれません。

村は山の斜面にあるので坂道が多いのですが、可愛いロバさんに乗って観光することもできます。



コスタ・デル・ソルの近くには、大変古い歴史を持つ「ロンダ」という村もあります。

近くにある「クエバ洞窟」内で壁画が見つかっており、ロンダ周辺には新石器時代から人が定住していたことが判っています。

ロンダは海抜739mの岩盤の台地の上にあり、そこからコスタ・デル・ソルを見下ろすことができます。

上の写真の右端にある「ヌエボ橋」は18世紀に造られましたが、現在ではロンダのシンボルになっています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

ベルリンの壁崩壊



上のホテルは、旧東ドイツのドレスデンにある「ウェエスティン・ベルビュー・ドレスデン」です。

ミシェルのお父さんが勤めていた鹿島建設が設計施工を担当し、1985年2月に竣工しました。

1985年と言えば、ミシェルのお父さんは鹿島建設の建築設計本部で病院や大学の設計に携わっていた頃で、ドイツは「ベルリンの壁」によって東西に分断されていました。



上のホテルは、旧東ドイツのベルリンにある「ウエスティン・グランド・ベルリン」です。

このホテルも鹿島建設が設計施工を担当し、1987年8月に竣工しました。

ミシェルのお父さんは、このホテルの建設中に当工事現場に赴任することが内定し、続いて出件予定だった第二ドレスデンホテル新築工事も担当する予定になっていました。

しかし、第二ドレスデンホテル新築工事をスウェーデンの建設会社が担当することになったこともあって、ミシェルのお父さんは内定していた東ドイツではなく、イギリス(ロンドン)に行くこととなり、1987年早々に正式赴任しました。



上の人物は、日本一の花火師と言われた佐藤勲さんです。

1985年、75歳だった佐藤さんの元に西ベルリン市から「(1987年の)ベルリン市制750年祭典で、是非花火を打ち上げてもらえないだろうか。東ベルリンの人達にも花火を楽しんでもらいたいのです」という電話が入ったそうです。

当時は、まだ日本の花火を外国で打ち上げるという例は殆ど無く、断っても不思議ではなかったのですが、佐藤さんは二つ返事で引き受けたといいます。



それから2年後の1987年、佐藤さんは西ベルリンでの会見で、「ベルリンの地上には壁はありますが、空には壁はありません。日本の花火は、どの方向から見ても同じように見えます。西のお方も、東のお方も楽しんでください」と語ったそうです。



そして、この言葉は後に話題を呼び、西ドイツの地元新聞に「空には壁はない!」という見出しで、佐藤さんの言葉がトップ記事として掲載されました。



祭典当日には、7000発もの花火が打ち上げられ、ベルリンの夜空を彩りました。

当初、観客数は80万人と予想されていましたが、西ベルリン側だけで120万人、東ベルリン側が80万人で、計200万人もの人達が日本の美しい花火に歓声をあげたといいます。



それから2年後の1989年11月9日、東西ドイツを隔てていた「ベルリンの壁」が崩壊し、再びドイツが一つの国となりました。

当時、ミシェルのお父さんはロンドンに住んでおり、テレビで「ベルリンの壁」が崩壊したことを知った時は、大変驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

佐藤さんの言葉と花火は、ベルリンの人達の心にも深く残り、「ベルリンの壁」の無意味さを感じさせたとも言われているようです。

多数の犠牲者の血で染まった「ベルリンの壁」が崩壊した理由は多々あると思われますが、理由の一つに佐藤さんの言葉と花火も関係していたとしたら、佐藤さんにとっても日本人にとっても、こんなに嬉しいことはありません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 生きた証として
ジャンル : ライフ

外がオレンジ色!



一昨日と昨日、午前4時頃に目が覚めました。

窓の方を見ると、白い障子全体がオレンジ色に染まっています

「わ~、何なんだ!」とビックリしましたが、一昨日は再び眠ってしまいました。

しかし、昨日は気になり、外に出てみました。

すると、空がオレンジ色に染まっていました。



少し目を横に移動すると、綺麗な青空も見えました。

オレンジ色の雲、綺麗な青空、シルエットのような木々。

それらのコントラストが、もの凄く美しく感じられました。

短時間で景色が刻々と変わり、恐らく、もう少し早く外に出たならば、もっと強烈なオレンジ色であったと思われます。



富士山の方を見ると、山全体が雲で覆われていました。

それでも、頂上付近の雲は、やはりオレンジ色に染まっていました。



今朝の散歩の終盤に、ニコル君と会いました。

ミシェル達の姿を見かけると、ニコル君はパパさんを引っ張るようにして駆け寄って来ました。

初めて会った頃は、身体の大きなミシェルを怖がっていたニコル君でしたが、今では大きな様変わりです

ニコル君はシルフィが気に入ったようで、盛んに抱きつこうとしますが、シルフィは、ニコル君の積極さに少しビビり気味でした



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

台風が去って



今朝の散歩に出かけた時、空を見上げると、とても珍しい雲がありました。

自然が創った芸術品といった感じがします。



台風直後に散歩した時、道路全体が、強風で落下したイガグリで覆われていました。

人間は靴を履いているからまだ良いのですが、裸足のミシェル達には大変です。

なんとかイガグリを避けながら、ユックリユックリ通り過ぎました。

このあと管理事務所の方々が清掃してくださったようで、翌日は綺麗になっていました。



別荘地の彼方此方で見かける野草です。

ミシェルのお家の庭にも咲いています。

名前は「ふしぐろせんのう(節黒仙翁)」といい、ナデシコ科センノウ属の多年草です。

可憐で綺麗なオレンジ色をしており、見ていて心が和みます。



今年は雨の日が多いせいか、色々なキノコが生えてきます。

雨も必要ですが、やはりカラッと晴れた日がいいですね



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪